エドガー・ライト監督、期待の新作『ベイビー・ドライバー』を引っさげ来日

2017.07.31
記者会見・プレミア

FILMAGA編集部

フィルマーくま

エドガー・ライト監督

ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』などを生み出してきたヒットメーカー=エドガー・ライト監督が来日、7月31日記者会見に登壇した。

彼が来日した理由は言うまでもなく、今年度の映画賞をにぎわすであろう待望の新作『ベイビー・ドライバー』のプロモーションのためだ。

カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』とも謳われる本作。音楽とカーアクションが見事な融合をみせているが、それは『ショーン・オブ・ザ・デッド』を撮るよりも前、21歳のときから構想していたと監督は言う。「音楽とアクションの融合というのは、昔からビジョンとしては持っていたんだ。それをずっと温めていた。過去の作品ではあるシーンでのみトライしたことがあったけど、全編をとおしてというのは今回が初めてだ」。

エドガー・ライト監督

寡黙で日がな音楽を聴いているが、運転では類稀なる技術をみせる主人公“ベイビー”(アンセル・エルゴート)。彼は幼少期の事故により耳鳴りを患い、それをやわらげるため常に音楽を聴いている。その設定はどこからインスパイアされたものなのか?

監督は答える。「実は僕自身、幼少期ずっと耳鳴りがしていたんだ。家系によるもので、いまはもう治っているんだけどね。オリバー・サックス氏の著書に、人によっては耳鳴りを抑えるために1日中音楽を聴いているということが書いてあって、ハッとなったんだ」。

エドガー・ライト監督

そのほかにもベイビーと自身との共通点があると監督は語る。「音楽に対する情熱かな。僕も音楽を聴きながら運転をするのが好きだし、音楽を聴いていると集中できる。映画づくりの醍醐味は、自分が経験できないことをキャラクターに経験させることができることなんだ。銀行強盗をしたりね」。

本作は、『ザ・ドライバー』などウォルター・ヒル監督の作品をトリビュートしていることを公言している監督。ヒル監督とは6、7年の付き合いになるそうだが、『ベイビー・ドライバー』のアイディアやトリビュートであることは、緊張してなかなか告白できなかったそうだ。しかし、思い切って話したことがきっかけで、ヒル監督は終盤に声のみの出演を果たしている。

「ウォルターには、試写やプレミアを観てほしいとなんども誘ったんだけど、なかなか来てくれなくて、もしかして観たくないんじゃ…と思っていたんだ。でも彼は、『お金を払って観たいから、初日に劇場に行くよ』と言ってくれたんだ。『ベイビー・ドライバー』にお金を払うなんて(笑)! そして本当に、初日にチケットを買って、奥さんと一緒に観てくれたんだ。偶然にも撮影場所でもあるセンチュリー・シティ・モールでね」。

エドガー・ライト監督

主人公ベイビーを演じたアンセル・エルゴートについて監督は、「カリスマ性があって、同世代の俳優にはなかなか見られない"スクリーンでの自信”がある」と絶賛。「それに音楽への愛もね」。

ベイビー・ドライバー』は8月19日(土)、新宿バルト9ほか全国ロードショー。

ベイビー・ドライバー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • だーつー
    4.0
    ★★★★
  • まーや
    4.1
    'Was he slow?' たまに聴く
  • しまうま
    3.3
    超絶評判がよかったから映画館で観るつもりが観逃してた。 これはなあ〜、映画館で観るべきだったなあ〜。 オープニングが秀逸と聞いていたけど、わたし的にはおしゃクソに感じたなあ。 そのイメージを引っ張ってか、選曲もオシャレぶってるなあとか、いちいち鼻についてしまい… 後半はスピーディな展開になって急激に面白かった! けど、最後の刑期終えて出てくるシーンは要るかなあ〜。 『君の名は。』観た時も思ったけど、数年後ハッピーエンドって、観ててニヤリとはしてしまうけど、サービス過剰というか、安っぽくなってしまう気がするんだけどな。 エンドロールのあとのおまけ程度でいいんじゃないかと。。 まあ、後半面白かったのでもう一度アタマから観てみたけど、やっぱりオープニングはおしゃクソだわ。。 あんなノリノリで歩いたりするキャラじゃなかったじゃん。。笑 それにしたってリリー・ジェームズがかわいすぎる!!! 2018/1/10 Amazonビデオ
  • Cassis
    -
    音楽メインにも感じられ全体的にとてもスタイリッシュな印象を持つ作品でした。 主人公が音楽のノリに合わせ激しく運転裁きを見せるシーンは、どれも迫力があり、こちらも音楽にのってしまうくらいリズミカルなシーンに感じました。 普通にかっこいいと思いました。 注意点としては、ワイルドスピード感を期待して観に行くのはおすすめしません。 (一緒に観た連れの感想より) 音楽が好きな方には、車に特に詳しくない方にもおすすめします。
  • あんどう
    4.0
    すごいかっこよかった! 悪い奴らはとことん悪いのに映画の主役は犯罪に加担する逃走ドライバー。 殺しは嫌に見えるシーンはいくつかあったが、終盤は恐れながらも悪を成敗する姿はやっぱりかと思わせられた。 しかしアクションはごちゃごちゃしてなく、キャストも少なくわかりやすい映画でとても面白かった。
「ベイビー・ドライバー」
のレビュー(25126件)