エドガー・ライト監督、期待の新作『ベイビー・ドライバー』を引っさげ来日

Filmarks公式

フィルマーくま

エドガー・ライト監督

ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』などを生み出してきたヒットメーカー=エドガー・ライト監督が来日、7月31日記者会見に登壇した。

彼が来日した理由は言うまでもなく、今年度の映画賞をにぎわすであろう待望の新作『ベイビー・ドライバー』のプロモーションのためだ。

カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』とも謳われる本作。音楽とカーアクションが見事な融合をみせているが、それは『ショーン・オブ・ザ・デッド』を撮るよりも前、21歳のときから構想していたと監督は言う。「音楽とアクションの融合というのは、昔からビジョンとしては持っていたんだ。それをずっと温めていた。過去の作品ではあるシーンでのみトライしたことがあったけど、全編をとおしてというのは今回が初めてだ」。

エドガー・ライト監督

寡黙で日がな音楽を聴いているが、運転では類稀なる技術をみせる主人公“ベイビー”(アンセル・エルゴート)。彼は幼少期の事故により耳鳴りを患い、それをやわらげるため常に音楽を聴いている。その設定はどこからインスパイアされたものなのか?

監督は答える。「実は僕自身、幼少期ずっと耳鳴りがしていたんだ。家系によるもので、いまはもう治っているんだけどね。オリバー・サックス氏の著書に、人によっては耳鳴りを抑えるために1日中音楽を聴いているということが書いてあって、ハッとなったんだ」。

エドガー・ライト監督

そのほかにもベイビーと自身との共通点があると監督は語る。「音楽に対する情熱かな。僕も音楽を聴きながら運転をするのが好きだし、音楽を聴いていると集中できる。映画づくりの醍醐味は、自分が経験できないことをキャラクターに経験させることができることなんだ。銀行強盗をしたりね」。

本作は、『ザ・ドライバー』などウォルター・ヒル監督の作品をトリビュートしていることを公言している監督。ヒル監督とは6、7年の付き合いになるそうだが、『ベイビー・ドライバー』のアイディアやトリビュートであることは、緊張してなかなか告白できなかったそうだ。しかし、思い切って話したことがきっかけで、ヒル監督は終盤に声のみの出演を果たしている。

「ウォルターには、試写やプレミアを観てほしいとなんども誘ったんだけど、なかなか来てくれなくて、もしかして観たくないんじゃ…と思っていたんだ。でも彼は、『お金を払って観たいから、初日に劇場に行くよ』と言ってくれたんだ。『ベイビー・ドライバー』にお金を払うなんて(笑)! そして本当に、初日にチケットを買って、奥さんと一緒に観てくれたんだ。偶然にも撮影場所でもあるセンチュリー・シティ・モールでね」。

エドガー・ライト監督

主人公ベイビーを演じたアンセル・エルゴートについて監督は、「カリスマ性があって、同世代の俳優にはなかなか見られない"スクリーンでの自信”がある」と絶賛。「それに音楽への愛もね」。

ベイビー・ドライバー』は8月19日(土)、新宿バルト9ほか全国ロードショー。

ベイビー・ドライバー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 餅かもしれない
    3.0
    残念ながらあまり覚えていない。
  • ともかたん
    4.8
    リズムすぐとる
  • yukito
    4.0
    ド派手なカーアクションでスタート DRIVE Drive drive Run!? drive drivE DRIVE って感じです。 主人公のバックグラウンド描写は薄いですが、 出てくるキャラクター達の性格と関係性は短時間で色濃くでてて楽しめます。 肝心のドライビングテクはその派手さと画角に思わず唸ってしまいました。音楽も相まって、MVをたくさん見てるような気持ちに… 最終的なまとめ方もまぁそうだよねとなるけど、単作なら綺麗かなと。一点言うなら、「いや、ちょっとは老けろや!?」くらいです(見れば伝わるはず!) キャストは少ないのに美男美女揃いで思わず検索するレベルです 後、個人的に良かった楽しみ方としてイヤホン及びヘッドホンを付けての鑑賞。映画への没入感・共感がすごいです! 2時間足らずに集約されたカーアクションムービーとしては秀逸、何も考えず興奮したいならオススメ
  • akiho
    4.3
    最初から最後までハラハラして一定のテンションを保ってみれた、面白かった!デボラ可愛い
  • Manami
    4.7
    ララランド版カーチェイス。 音楽がひたすら良い。 みて。 キングスマンが好きな人は、好きになれるはず。
「ベイビー・ドライバー」
のレビュー(76293件)