エドガー・ライト監督、期待の新作『ベイビー・ドライバー』を引っさげ来日

2017.07.31
記者会見・プレミア

Filmarks編集部

フィルマーくま

エドガー・ライト監督

ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』などを生み出してきたヒットメーカー=エドガー・ライト監督が来日、7月31日記者会見に登壇した。

彼が来日した理由は言うまでもなく、今年度の映画賞をにぎわすであろう待望の新作『ベイビー・ドライバー』のプロモーションのためだ。

カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』とも謳われる本作。音楽とカーアクションが見事な融合をみせているが、それは『ショーン・オブ・ザ・デッド』を撮るよりも前、21歳のときから構想していたと監督は言う。「音楽とアクションの融合というのは、昔からビジョンとしては持っていたんだ。それをずっと温めていた。過去の作品ではあるシーンでのみトライしたことがあったけど、全編をとおしてというのは今回が初めてだ」。

エドガー・ライト監督

寡黙で日がな音楽を聴いているが、運転では類稀なる技術をみせる主人公“ベイビー”(アンセル・エルゴート)。彼は幼少期の事故により耳鳴りを患い、それをやわらげるため常に音楽を聴いている。その設定はどこからインスパイアされたものなのか?

監督は答える。「実は僕自身、幼少期ずっと耳鳴りがしていたんだ。家系によるもので、いまはもう治っているんだけどね。オリバー・サックス氏の著書に、人によっては耳鳴りを抑えるために1日中音楽を聴いているということが書いてあって、ハッとなったんだ」。

エドガー・ライト監督

そのほかにもベイビーと自身との共通点があると監督は語る。「音楽に対する情熱かな。僕も音楽を聴きながら運転をするのが好きだし、音楽を聴いていると集中できる。映画づくりの醍醐味は、自分が経験できないことをキャラクターに経験させることができることなんだ。銀行強盗をしたりね」。

本作は、『ザ・ドライバー』などウォルター・ヒル監督の作品をトリビュートしていることを公言している監督。ヒル監督とは6、7年の付き合いになるそうだが、『ベイビー・ドライバー』のアイディアやトリビュートであることは、緊張してなかなか告白できなかったそうだ。しかし、思い切って話したことがきっかけで、ヒル監督は終盤に声のみの出演を果たしている。

「ウォルターには、試写やプレミアを観てほしいとなんども誘ったんだけど、なかなか来てくれなくて、もしかして観たくないんじゃ…と思っていたんだ。でも彼は、『お金を払って観たいから、初日に劇場に行くよ』と言ってくれたんだ。『ベイビー・ドライバー』にお金を払うなんて(笑)! そして本当に、初日にチケットを買って、奥さんと一緒に観てくれたんだ。偶然にも撮影場所でもあるセンチュリー・シティ・モールでね」。

エドガー・ライト監督

主人公ベイビーを演じたアンセル・エルゴートについて監督は、「カリスマ性があって、同世代の俳優にはなかなか見られない"スクリーンでの自信”がある」と絶賛。「それに音楽への愛もね」。

ベイビー・ドライバー』は8月19日(土)、新宿バルト9ほか全国ロードショー。

ベイビー・ドライバー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • リョウ
    4.0
    舞浜で観た!展開がめっっちゃしつこい!!またお前??とかエンドロール…じゃないのねーみたいな。ストーリーは気にしてなかったから別にいいけど。 思い出した!キック・アスだ!キック・アス!キック・アスっぽさあったわ。はい。 音楽含め演出はアゲだった。全然ララランドじゃない。ウェーイ!ってノリが心にあればめちゃ楽しめる。GOTGに似てるって言われた方がしっくりくる(もういってる人いたね)。後半になると過激さ増してきてアドレナリンどっぷどぷ出てきました。楽しかったです。あとみーんな可愛い。登場人物の可愛さにニヤニヤし続けた。終わり!
  • ワン
    4.0
    天才的なドライバーテクニックを買われ組織の逃がし屋を務める青年の話。 幼い頃の事故が原因で耳鳴りが止まず、常にイヤホンで音楽を聞いている通称“ベイビー”。 天才的なテクニックだと感じたのは最初だけだったけど、主人公の独特の設定のお陰で飽きずに楽しめました。 COOLというよりBABYだった。
  • たつかわ
    4.6
    俺たちに明日はあった 本作の売り文句として「ララランド」のカーチェース版とあるが、 「ガーディアンオブギャラクシー」のカーチェース版だと思います。 既存の曲を選曲して、歌詞と心象描写がリンクする構造になっているし 主人公のバックグランドも似ているからです。 とても残念なのが「ガーディアン~」とは違い、歌詞字幕が表示されないので、 完全に理解できないところが正直なところです。英語圏の人が羨ましい。 本作で一曲目にかかるジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの 「ベルボトムス」を聞いて、カーチェイス映画の制作を考えるようになった監督。 他の曲も含めて選曲のセンスがタランティーノぽさがあり、 理由はオランダ出身のバンドの曲が2曲入っていて、 タランティーノのレザボアドックスで有名になった「リトルグリーンバック」は オランダ出身のグループの曲だからです。 全部で150台(日本車含む)1台1台に役割を持たせたカーチェイスは もちろん面白いのだが、前半に主人公がコーヒーを持って歩きながら ゆったりした長回しで映っているシーンは何回でも観ていたいし、 後半の足で走っている姿も素晴らしい。 さらに銃声のリズムと「テキーラ」という曲のビートに合わせた 銃撃戦、「ボニー&クライド」を挟んだ二転三転した展開で 最後まで飽きることはない。 過去のエドガーライト作品は、元ネタがわからないと面白くないという 物もあるが、本作に関してはとても間口の広い、どなたが見ても面白い作品です。 おススメです。
  • あべべ
    4.5
    カーチェイスと音楽の融合っていままでなかったんですね。 最初の6分で引き込まれました。YouTubeにアップされてるので繰り返し見てます。 ベイビーの気持ちが素直に音楽にでてきて笑顔になる。
  • yuta
    4.0
    元々、観る気では無かったのですが評判がすこぶる良いので気になって鑑賞してきました。 結果としては、とっても楽しめました。まず、主人公の設定(耳鳴りを止めるために音楽をいつも聴いている)が独特で面白かったです。 他のキャラも全員個性的で魅力的でした。特にジョンハムのダンディ激渋おじさんが、かっこよかったです。他にもアンセルの甘い顔とリリーのキュートさも、良かったです。カーチェイスもキメキメで、エモーショナルでした。 内容もシンプルですが、練られた脚本でテンポが良く、上映時間があっという間に過ぎていました。 でも、特に良かったのは音です。 この映画の肝は音楽で、全編にわたって音楽が流れていました。しかも映像の音とリンクしたり、混同するシーンはお洒落で、画期的でもありました。エドガーライトの音楽に対するリスペクトや情熱を感じました。アーティストのジェイミーフォックス演じるバッツが唯一音楽に対して否定的なのも面白かったです。 後、レッチリのフリーが出演していて驚きました。
「ベイビー・ドライバー」
のレビュー(2184件)