【監督リモート登壇 試写会】夢と恐怖がシンクロするタイムリープサイコホラー『ラストナイト・イン・ソーホー』

ラストナイト・イン・ソーホー』試写会へご招待します!

魅惑的で恐ろしい、60年代ロンドンへようこそ。

『ベイビー・ドライバー』エドガー・ライト監督最新作。そして、『ジョジョ・ラビット』のトーマシン・マッケンジーと、『クイーンズ・ギャンビット』のアニャ・テイラー=ジョイが競演する、タイムリープ・サイコ・ホラー。ロンドンのソーホーで異なる時代を生きる2人が出会った時、“夢”と“恐怖”がシンクロする。

ファッションデザイナーを夢見るエロイーズは、ロンドンのソーホー地区へ上京。新居で眠りにつくと、夢の中で60年代のソーホーにいた。そこで歌手を夢見るサンディに出会い、身体も感覚も彼女とシンクロしていく。憧れの60年代ロンドンへのタイムリープを繰り返すのだがある日、サンディが殺されるの目撃してしまう─。

Filmarksユーザー150名様をご招待!

■日時:2021年11月29日(月)18:30 開場/19:00 開映
■監督リモート登壇:エドガー・ライト監督
■上映時間:118分
■会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内

【応募資格】
・Filmarksユーザーで当日ご参加いただける方
・対象作品をClip!(観たい)している方
・試写会参加日から2日以内に対象作品のレビューを投稿していただける方

【応募方法】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください

【当選発表】
・応募締め切り後当選者へのメールをもってかえさせていただきます

応募締め切り:2021年11月21日(日)23:59までのご応募分有効

【各キャリアより提供予定の新料金プランをご検討されている方へ】
新料金プランでは、キャリアメールをご利用いただくことができなくなります。
Filmarksにキャリアメールアドレスを登録されている方で新料金プランへの変更を検討されている場合は、事前にWebメールなどキャリアメール以外のメールアドレスに登録をご変更ください。詳しくはこちらから。

【新型コロナウイルスに伴うご注意点】
・新型コロナウィルスの感染状況により、試写会内容を変更・中止させて頂く可能性があります。予めご了承ください。
・試写会当日、会場内入口にて手指の消毒・検温をお願いしております。時間に余裕を持ってご来場ください。
・体温が37.5℃以上の場合は、誠に申し訳ございませんがご入場をお断りさせていただきます。
・移動中、入館時はマスクの着用をお願いいたします。
・会場入口設置のアルコール消毒液をご利用ください。
・試写会当日を含む2週間以内に参加者とその同居者に発熱や咳等の症状がある場合は試写会のご参加をお断りさせていただきます。
・試写会場で行われる検査等で入場をお断りさせていただくことがございます。
・試写会場にて感染予防等を目的に施行されるルールにはご協力ください
・試写会場へはなるべく公共交通機関を利用せずにお越しください。公共交通機関を利用する場合は混雑を避けてお越しください。
・試写会や試写参加を目的とした移動中などで新型コロナを含む疾病に感染した場合、弊社は責任を負いません。

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とする場合がございます
・同一人物が複数アカウントを使っての応募はできかねます、応募を無効とする場合がございます
・試写会場までの交通費はご本人様ご自身でご負担ください
・開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております
・会場内でのご飲食、写真撮影、録音、録画はお断りします
・お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方) その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認ください
・当選通知のメールが迷惑フォルダに入らないよう、キーワード「@filmarks.com」を含むアドレスの受信設定を推奨します。設定方法はお使いのサービスサポートにてご確認ください

◆『ラストナイト・イン・ソーホー』information

あらすじ:ファッションデザイナーを夢見るエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)は、ロンドンのソーホーにあるデザイン専門学校に入学する。しかし同級生たちとの寮生活に馴染めず、街の片隅で一人暮らしを始めることに。新居のアパートで眠りにつくと、夢の中で60年代のソーホーにいた。そこで歌手を夢見る魅惑的なサンディ(アニャ・テイラー=ジョイ)に出会うと、身体も感覚も彼女とシンクロしていく。夢の中の体験が現実にも影響を与え、充実した毎日を送れるようになったエロイーズは、タイムリープを繰り返すようになる。だがある日、夢の中でサンディが殺されるところを目撃してしまう。さらに現実では謎の亡霊が現れ、徐々に精神を蝕まれるエロイーズ。果たして、殺人鬼は一体誰なのか、そして亡霊の目的とは-!?

上映時間:118分
公開日:12月10日(金)ロードショー
配給:パルコ/ユニバーサル映画
公式サイト:https://lnis.jp/
(C)2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Toshiki
    3.4
    2021/11/26
  • コータロー
    4.3
    アニャ姉さんはどうしてこんなに浮世離れしたキャラクターが似合うのか、映像の面白さ、パブ大好き
  • enypowa
    3.9
    エドガー・ライト監督のインスタをフォローしていることもあり、結構前から楽しみにしていた「ラストナイト・イン・ソーホー」。公開は12月だけど、ひとあしお先に東京国際映画祭で観てきましたー。 ネタバレしちゃうから内容には触れずに感想を言うと、ある意味エドガー・ライト版「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」とでも言いましょうか。タランティーノが古き良き時代のハリウッド映画なら、こちらは60年代のイギリスにおけるショービジネスの光と闇を当時のファッションや音楽満載で描いたタイムリープサイコホラー。キャスティングのこだわりからも監督の愛が詰まった映画と言うのがよく分かる。 Netflixの「クィーンズ・ギャンビット」では個性的な顔だなーと思っていたアニャ・テイラー=ジョイがブロンドになったら、めちゃくちゃ可愛くてびっくり!でも、トーマシン・マッケンジーの恐怖の顔芸に比べると影は薄かったかも。 「ベイビー・ドライバー」の時もだけど、今回もオープニングタイトルがいい感じ。出だしからワクワクさせるのが上手いなーって思う。 ソーホーと言えば、こじゃれたカフェでベトナム料理食べたなー。あれ何年前だっけ…またロンドンに行きたいなー
  • MDVL
    -
    傑作!
  • TAKA
    3.7
    エドガー・ライトのセンスに酔いしれる 【マリグナント】本年公開ホラー映画No.1と声を大にあげた自分にとって、最近この作品の絶賛評を目にするのは非常に嬉しくて、海外ではそれほど騒がれていないのに何故日本でこれだけ盛り上がっているのかやや不思議ではあるのですが・・・ そして本年最後の期待大のホラー作品がこの作品。【ホットファズ】【ベイビードライブ】の大ファンである自分にとってエドガー・ライトがアニャ嬢を撮るっていうことだけで公開前から期待値MAX。さてどれだけ【マリグナント】に近づけるか!!!😉😊 監督の美的センス、音楽センス爆発のCool な作品でした。 現代に生きるデザイナー志望の女の子マッケンジーが夜毎60年代に生きる歌手志望のアニャ嬢に同化していくという話しで、60年代の美術、ファッション、音楽、そしてそれらの中で妖艶に生きるアニャ嬢が キラキラ輝いていて、その絵を見ているだけで多幸感に包まれます! アニャ嬢とマッケンジーが鏡を境に対をなす絵など監督のセンスが爆発していて、 前半1時間殆ど何も起きないのにもかかわらず退屈せず画面に魅入ってしまっていました。 ホラー映画としての見所は ライト監督がジャッロ映画をリスペクトしてるだろうと思われるシーンの数々例えば 大型ナイフ や血糊の色彩 などニンマリする事間違いなし🤣 ただホラーやミステリーとして見るとやや凡庸でそれほど怖い描写もなくストーリーもありがちです。よってアニャ嬢とマッケンジー嬢の可愛さと美しさそして60年代ファッションをホラーでラッピングした長編MV って思って鑑賞してください (笑
ラストナイト・イン・ソーホー
のレビュー(346件)