オリジナル作品で成功した英国出身の鬼才エドガー・ライト、ハリウッドの「今」語る【インタビュー】

2017.08.17
インタビュー

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

銀行強盗をして逃げるというシンプルなオープニングを、疾走感あふれるカーチェイスと軽快なBGMで魅せ、冒頭から「間違いなく面白い作品だろう」と確信させてくれる映画『ベイビー・ドライバー』。メガホンを取ったのは、イギリスが生んだ鬼才エドガー・ライトだ。ライト監督自身、大の映画好き&マニアであることを告白しており、様々な名画のオマージュやこだわりが作品内に点在する愛あふれる切り口も、映画ファンの熱い支持を受けている。その才能は、クエンティン・タランティーノギレルモ・デル・トロといった才気溢れる監督陣も認めるほど。すでに公開された全米では大ヒットを記録しており、待望の日本公開が待たれるなか、ライト監督が来日、本作の見どころをFilmarks読者に向けて語ってもらった。

エドガー・ライト

エドガー・ライト

エドガー・ライト監督、期待の新作『ベイビー・ドライバー』を引っさげ来日

――アクションと音楽の融合が完璧な映画です。どのように全体のトーンを決めていかれたんですか?

監督の仕事というのは、撮影の日々の中でトーンというものをコントロールすること、現場できちっと保っていくことじゃないかなと思っています。アクションのリアリティー、音楽のチョイス、キャラクターがどんなリアクションをするのか、役者の演技の大小まで、世界観とトーンのコントロールは監督がやるべきことです。とは言っても、僕の場合は本能的な部分がすごく大きくて、撮影する前から「こういう映画になるだろう」と作品のあるべき姿が見えているんです。想像したものに仕上がっていきました。

ベイビー・ドライバー

――見どころのひとつ、カーアクションではほぼCGなしで撮ったそうで、脱帽しました。

ベイビー・ドライバー』でなるべく物理的にアクションをやったのは、やっぱりリアリズムに寄与するからなんです。作るほうも、観るほうも、実際にリアルでやっているほうがワクワクしますしね。もしも観客がVFXに対して理解度が全くなかったり、CGに全然詳しくないとしても、映像がリアルかどうかっていうのは観ていて分かるものなんです。だから、本当にやっていると、やっぱりリアルなものとして観客に伝わるという利点があります。それから、僕自身、カーチェイスを作るのに、実際の道路で撮らないで全部デジタルでやるのは、なんか奇妙な感じがしたんですよね。実際にやりたかったっていうのもあったんだけれど。

ベイビー・ドライバー

――今のお話もそうですし、コメディやスリラーなど様々なジャンルをミックスしたり、名作映画のオマージュを織り込んでいたりして、常に観客を楽しませる視点がありますよね。監督のスタイルを作った原点はどこにあるんでしょうか?

原点って「これです」と答えるのに、すごい難しい質問ではあるんですよね。僕はもちろん映画や音楽が大好き。さらに、文学や、いろいろなアートへの愛情、それからやっぱりその人の人生経験というものがプラスされて、人の感性が作られていったり、磨かれていくと思うんです。様々なものを見ているし、インスピレーションも受けるんだけれど、確かに自分というフィルターを通して、吸収しているわけで。そういったことを考えると、自分の手掛けた作品、そして特に『ベイビー・ドライバー』に関しては、いろいろな自分の愛するものや、パッションをひとつにしている作品なのかもしれないね。

ベイビー・ドライバー

――劇中、主人公ベイビーと、お相手デボラの恋愛パートもすごく素敵で、中でもコインラインドリーの色彩の豊かさが気分を盛り上げます。ああした演出のヒントはどこから得ているんですか?

ベイビーがデボラといるとき、世界観がより色彩のあるものになるのが、すごく面白いんじゃないかと思ったんです。デボラが勤務しているダイナーというロケーションは、もともと色彩がある場所でもあるし、そういうことも意識していたんです。コインランドリーのシーンのことは、それぞれ回っている洗濯物の色が違うところを言っているんだよね?

ベイビー・ドライバー

――そうです!

あれは面白いんじゃないかと思ってやってみたことではあったんだけれども、映画の中でミュージカル的要素があるとすれば、あのシーンが一番、色濃いんじゃないかなと思うんです。『シェルブールの雨傘』とか、ジャック・ドゥミとか、ジーン・ケリーとか、MGMの作ったミュージカルとか……、いわゆるミュージカル映画らしいシーンに仕上がっているんじゃないかと思うし、そういうことをするのであれば、この作品の中でロマンティックな部分でやるのがいいのかなあと。

ベイビー・ドライバー

――カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』とも評されていますよね。ライト監督にとって、映画と映画音楽の関係とは、どのようなものになりますか?

映画と音楽が、共にすごくうまい形で作用している作品が、僕は大好きなんです。ただ、そのやり方はいろいろあると思っていて。例えば、素晴らしいモーション、スコアがある場合もあれば、まったくその音楽を使っていないという作品もあるし、今回の作品のように既存曲とスコアを一緒に使っている場合もあるわけですよね。『ベイビー・ドライバー』において、すごくいいなと思っているのは、全部その物語の中で理由があって、ちゃんと物語と合致した形で曲が存在していることなんです。つまり、関係なく曲が流れているわけじゃない、ということ。やっていてすごく、面白いところでした。

ベイビー・ドライバー

――近年のハリウッドでは、ベストセラーやフランチャイズ系の物語が多く、『ベイビー・ドライバー』のような完全オリジナル作品は貴重だと思います。オリジナル作品を作る意義、重要性をどう思っていますか?

オリジナル作品がすごく重要だという気持ちは、今も昔も全然変わっていません。シリーズものと同じくらい、オリジナルのアイデアは映画として存在するべきだと思っています。ハリウッドのスタジオがシリーズにかける時間を、新しい作品にも同じくらいかけることができれば、もっと多様性のある映画界になるはずなんですよね。

ベイビー・ドライバー

――そして、今『ベイビー・ドライバー』が興行的にも内容的にも高い評価を得ていることは非常にうれしいことですよね。

オリジナルものを作って、どういうふうに受け止められるかは正直わかりませんでした。特に、プレス(映画記者)の方は、オリジナルのアイデアでちょっと上手くいかないと、「いやー、観客はやっぱりオリジナルのアイデアなんて観たくないんだよ」って書かれちゃうので……。オリジナル作品であることのプレッシャーは、すごく大きかった。

その分、夏のシリーズ大作の中にありながらも、オリジナルのアイデアである『ベイビー・ドライバー』が非常に興収を上げていて、評判も非常にいいっていうことは、それだけ成功しているということで、すごくうれしくもあります。もし自分の作品ではないとしても、オリジナル作品がこれだけ頑張っているっていうことが、僕はすごくうれしく思っていたと思う。それだけオリジナル作品の存在は、重要なことです。

ベイビー・ドライバー

――ライト監督は元々英国出身で、現在はロスに拠点を移されていて、ふたつの国のカルチャーから刺激を受けていると思うんですが、ロスにはどのようなよさがありますか?

都市によってアート、映画、写真、コメディ、音楽など、強みがいろいろありますよね。やっぱりニューヨークやロンドンだと、劇場のお芝居がとても強い都市です。そう思うと、ロスはお芝居は強くないんだけれども、実は映画以外にも面白い場所があって、音楽とコメディがすごく成功して、活き活きとしているシーンがあるんです。街ごとにオプションは変わってくるんだなあ、という認識です。

エドガー・ライト

――コメディもなんですね。ロスで生活していて、コメディセンスも磨かれたな、的瞬間はありますか?

そうでもないかな(笑)? どちらかと言うと、やっぱり旅をすることで、より違ったユーモアに触れて、そのことによって自分のセンスというものが幅広くなる、という感じに近いかもしれません。今はインターネットやTwitterがあるよね。それらのすごくよいところでもあり、強みだと思うのは、例えばイギリスから離れて暮らしていても、現地で起きていることが、人のちょっとユーモラスなツイートを見るだけでフォローすることができること。僕自身が好きなのは、いろいろなことをたくさん知っていること、常にたくさんの情報に触れているっていうことなんです。(取材・文:赤山恭子/撮影:市川沙希)

『ベイビー・ドライバー』は8月19日(土)より、新宿バルト9 他全国ロードショー。

ベイビー・ドライバー

【あわせて読みたい】
 エドガー・ライト監督、期待の新作『ベイビー・ドライバー』を引っさげ来日
 【夏休みに観たい映画はコレ!】8月上映 映画期待度ランキングTOP20
 かわいい顔して男前!『スパイダーマン ホームカミング』トム・ホランドに直撃!【インタビュー】
 何気ない日常が、最も美しい。ジム・ジャームッシュ監督最新作『パターソン』に絶賛の声
 史上最強のプリンセス!全世界の老若男女をとりこにする『ワンダーウーマン』の魅力をおさらい

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • faster
    3.6
    面白い、大衆受け良し
  • shorin
    -
    ヘッドホンで観せてくれ…!
  • 八鍬
    4.0
    何も変わらない日常を踊らせる 『ボニー&クライド』+『バニシング・ポイント』型ブラン・ニュー・ムービー炸裂‼︎‼︎ 「バイバイ・ベイビー!」 毎日がサヨナラ。そして 辿り着いたら いつも雨降り。 「ヘイ・ベイビー! 俺は今を愛してる!」 高速でブッ飛び続ける「今」に繋がれた ロードムービー・プリズナーの孤独は続く。ますます その強度を研ぎ澄ますエドガー・ライト。『ベイビー・ドライバー』は2017年唯一のデット・エンドムービーだ。 エドガー・ライト最高!ロックンロール最高‼︎ もはやクリシェでしかないと思っている輩もいるだろうから 敢えて何度でも何度でも言ってやる。エドガー・ライト最高!『ベイビー・ドライバー』最高‼︎ いや 実際の話 エドガー・ライトの存在というのが いかに貴重で 破格だという事実に 本当に皆 気づいているのだろうか? 世界中見渡しても こんな映画監督は本当にいないんだぜ? 映画とロックンロール・ミュージックのことを何も知らないTUTAYAのレンタルコーナーでウロウロしてる奴らが言ってるのとは わけが違うんだ 俺が言ってるのは。つい最近 マシュー・ヴォーンやデヴィッド・リーチが登場するまで このエドガー・ライトにしかスプラスティック・アクションはできなかったと言っても構わない。それ きちんと映画歴史の教科書に書いといた方がいいと思う。聞いてるか “松本”? “庵野”? そう どこか全体的にポスト・アポカリプス風モードが強かった『ワールズ・エンド』のロジカルな発展形として 最新作『ベイビー・ドライバー』では『スカーフェイス』とまでは言わずとも どこか『ヒート』や『カリートの道』のアル・パチーノの93〜96年頃の持つフィーリングを感じさせるシーンが格段に増えた。初期のジャストなゾンビから 未だ着実な深化を見せるエドガー・ライト。今作は 明らかに そうしたエドガー監督の新たな深化を告げるのに十分な内容だ。そう あのラストと言ったら!その素晴らしさを端的に証明していたのは ニューシネマ的な終わり方が これまでのエドガー監督一辺倒な感じとは 確かに違っていたという点だ。そう 『タクシードライバー』でトラヴィスが好き勝手に暴れまくる あの感じ。それが『ベイビー・ドライバー』の大半のシーンで巻き起こる。映画館ですべての観客が一丸になるのではなく 好き勝手に騒ぐ 映画の祝祭空間。大勢の人間がひとつの映画を見る姿で 俺的な理想は70〜80年代のグラインドハウスなのだが 今 メジャー映画監督でこれをやれるのは エドガー・ライトとロブ・ゾンビぐらいのものだろう。それがどれだけ凄いことか覚えおいた方がいい。 『ベイビー・ドライバー』があれば もう『アメリカン・グラフィティ』とかいらないじゃんか。おら 聞いてるか 世界? バイバイ 世界!
  • KanaTakagi
    4.0
    おもわずサントラ買った!
  • grace
    3.5
    爆音映画祭にて鑑賞。奏でるようなカメラワーク、そして圧倒的なほどに音楽がかっこいい、ミックステープなんて作っちゃうのも最高。これが彼の人と繋がる方法なのだろうな。あまりカーチェイスものと縁のない私も十分世界に入り込めた。あとなんてったって非情なはずの世界に温もりを感じる登場人物の個性。
「ベイビー・ドライバー」
のレビュー(22291件)