やっちゃいけないことをやる人が少なくなったので、せめて自分くらいはー『蠱毒ミートボールマシン』西村喜廣監督【インタビュー】

2017.08.19
インタビュー

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

 

孤独でしがない中年男が最強の戦士ネクロボーグと化して戦いの渦に身を投じてゆくバイオレンス・スプラッター『MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン-』。2005年に公開され、国内外で高い評価を獲得した同作から10数年。謎の生物に操られたヒトとマシンの複合体、ネクロボーグが死闘を演じる世界観はそのまま受け継ぎながら、より過激に生まれ変わったバイオレンス・スプラッターが、今夏公開の『蠱毒(こどく) ミートボールマシン』だ。

本作は、ワールドプレミア上映だった「サウス・バイ・サウスウエスト2017」を皮切りに、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭をはじめ、多くの国際映画祭での上映が決定している話題作で、それもそのはず、熱烈なファンが多い西村喜廣の監督作なのだ。前作で特撮・造型を手がけた氏が満を持して自分でメガホンを握った最新作に込めた熱い思いとは!? そして地元・浅草、東京スカイツリーでロケを敢行した撮影の驚愕の裏話とは――。

西村喜廣

――本作は、東京スカイツリーで有名になった押上と浅草近辺でロケを行っていて、下町が舞台の作品になっていますね。

僕は浅草生まれで、ずっと浅草なんです。吉原神社でやっているお化け大会の審査委員長もやっています。予算がなかったので近所で撮ることにしました、ご近所ムービーですね。押上近辺と浅草は吉原でロケしましたが、よく観ると一般のお客さんも映っていますよ(笑)。

――え!?

お客さん。スタッフに「大丈夫ですか?」と言われましたが、お客さんだからいいかなと(笑)。ロケ地に関しては何が一番重要かを考えた時に、この作品は造型とアクションが大切なわけなんですね。であれば住み慣れている台東区や墨田区で撮ったほうが、僕が自由に撮れると思ったから。それと吉原の青年部と元々知り合いなので、大変なことは全部彼らが仕切ってくれたので、自由に撮影できましたね。

蠱毒

――今回は監督として作品に参加していますが、特殊造型だけの時に比べて、自分の表現が存分に追求できそうですね。

特殊造型の仕事はお金になるのですが、「死体の肩しか見えていない」「何にも見えていない」ということがあります。そういう不満は、下請けの業者としてはあります(笑)。そのフラストレーションがたまって、自分の映画になりますね。それが今回で言うと、『蠱毒 ミートボールマシン』。自分の頭の中のイメージがあるから、無駄のない造型を実現していますよ。

――本作は夏休み真っ只中の公開ということで、西村監督のファンだけでなく、幅広い層の映画ファンにアピールしたいですよね。

最近は、マンガ原作映画に行っちゃいがちですよね。特にハードな作品をすすめたいわけじゃないですが、ほかのものも観ればいいのに、とは思います。真面目な話、1980年代はスプラッター映画ブームで、すごく多くのお客さんも観に行っていた。その後、宮崎勤事件などが起こって、メディアが誇張してスプラッターに対して疑問を提案していましたよね。親もスプラッターを子どもたちに見せない状況を作ってしまって、それがいまだに続いている。それって、本当に悲しいことだと思うんですよね。

蠱毒

――とてもよくない状況ですよね。子どもたちに隠してしまうと、何が悪いかわからないまま育ってしまうので、かえってよくないという。

映画は映画、現実は現実じゃないですか。その境目を教えないから、観客として本当に楽しめなくなってしまった。津波を出すと、「無理、無理!」ってなりますよね。映画だよ、これって。小説と一緒なんですよ。津波で怖がらすだけじゃなくて、フィクションである映画の中での津波の意味を伝えたいわけですから。そこがわかっていない時代になっていますよね。

蠱毒

――最近ではテレビがつまらなくなっていると言われますが、映画くらいは面白いままでいてほしいですよね。

何でもかんでも自主規制なんですよね。アニメーションならいいのか、原作があればいいのか、そういう話になっちゃう。しかも、オリジナルストーリーの映画を撮ることも大変じゃないですか。だから、そういうことをちゃんと実践していかないと、オリジナルがなくなってしまいますよ。海外に行くと、オリジナルが観たいって皆が思っていますよ。ただ、問題もあって、スプラッターやホラーはオリジナルがあるんだけど、つまらない作品も多い。

西村喜廣

三池(崇史)監督が、日本を代表する大作映画の監督になっちゃいましたよね。それはそれで素晴らしいと思うのですが、それも大きいと思いますね。下の世代が育っていないことも問題かもしれない。やっちゃいけないことをやる人が少なくなってしまったんで、せめて自分くらいは、みたいな思いはあります(笑)。(取材・文:鴇田崇)

蠱毒 ミートボールマシン』は8月19日(土)よりロードショー。

蠱毒
(C)2017 キングレコード

【あわせて読みたい】
 かわいい顔して男前!『スパイダーマン ホームカミング』トム・ホランドに直撃!【インタビュー】
 「これはマーベルでいう、最初のキャプテン・アメリカ」 『スレイブメン』井口昇監督インタビュー
 2〜3か所目をつむれば楽しめる(笑) 清水崇監督&門脇麦『こどもつかい』【インタビュー】
 何気ない日常が、最も美しい。ジム・ジャームッシュ監督最新作『パターソン』に絶賛の声
 史上最強のプリンセス!全世界の老若男女をとりこにする『ワンダーウーマン』の魅力をおさらい

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • たーぼーん
    -
    まあ、面白かった、、、
  • 超空間コベ
    4.0
    「あるよ」って言ってみろ…!☆ (笑) 要次ファンが待ち望んだ、要次ファンのための作品である。BoBA!ボバ・イエ! 西村監督、ありがとう! 田中要次、映画初主演…?そうか、『エクスタシー・ドライバー』はビデオ作品扱いなのか。 コレについても色々と語りたい所があるんだけど。 ガン細胞の作用で寄生生物による支配を免れた野田勇次(田中)が、愛する女性を救うため、自らの意思を持つネクロボーグとして凄絶なバトルロワイヤルを駆け抜けていく。 なるほど、F藤子とか仮面ライダー竜騎とかの世界でしたね。☆ 前半の、冴えない中年男描写では、いつもの(?)要次を楽しめる。 ネクロボーグと化してからは、ひたすら怒涛の鮮血バトル。カッコイイぞ! 前作の諏訪さんと戦って欲しかったなぁ…。(笑) 島津さん隊長率いる武闘派警察隊が魅せる、キレッキレの肉弾戦がアツい。 「ドライブしよおぜぇ…!」のクルマネクロも素晴らしい。 …まぁた、子供にあんなコトしちゃって…。憎たらしいガキ描写は、問題視を上手く躱そうという狙いだな? 斎藤くんはもうどんな役で出るか判っていたので、落ち着いて観られた。 まぁともかく、今年は来るぜ?“白線女子”のムーヴメントが…!♪ 基本パンフは買わないんだけど、 「これが「ネクロボーグ」だ!!」 って、仮面ライダー怪人大百科みたいなノリで紹介されてちゃあ、 「男なら買え!」と言われてるようなもんだよコレ。☆
  • ブタブタ
    5.0
    オープニング。 予告でおなじみのラッラッラララ〜ラ〜ラ〜ラ〜♪ラッラッラララ〜ッラ〜ラ〜ラ〜♪ の唄にのって画面いっぱいに現れる「壷」 毒蛙・蠍・毒蜘蛛・蜈蚣・毛虫、毒をもった生物が次から次へと壷の中に放り込まれ蓋が閉じられる。 《蟲毒》を映像で見せたこの冒頭で傑作と確信。 このオープニングはBlu-rayが出たら何回も見たいです。   《蟲毒》とは古代から伝わる呪法で、毒をもった大量の生物を壷に入れ閉じ込めると、やがて食い合い殺し合いが始まり小さな壷の中に地獄が現出する。 その地獄を制した最後の一匹はもはやただの虫けらではなく怨念の塊り、強力な呪力をもった化生(ばけもの)妖(あやかし)の類いであり呪いの憑代として使役される。   西村監督の『東京残酷警察』(映画祭でホドロフスキー監督に東京残酷のBlu-ray買ったぞ!と西村監督は言われたらしいです)は「バロウズとギーガーが地獄で激突したような~」とチラシに書いてありましたが、より更にパワーアップした『蟲毒ミートボールマシン』はまさに映像・表層は肉体と機械が融合したHRギーガーのバイオメカニクスの世界、そして物語の内部構造はWSバロウズのカットアップ三部作で書かれた様な宇宙からの侵略と宇宙人による搾取を描いており、寄生生命体が後進惑星の未開生命体(地球の人間)にとりついて、それを自分たちの利益や娯楽のために好き勝手に操り殺し合わせ家畜の様に搾取し吸い上げる。 無慈悲で残酷かつ不条理な何の救いもない、それ故に麻薬で完全にハイになったか如くの快楽世界。 バロウズの小説は具体的なストーリーや風景・舞台をもたず、個別の意味だけを抽質しバラバラにして並べていく、断片的な描写と光景と情報のみでひたすら何かが戦っていたり死んでいたり(話し始めると長くなるので略)実験小説で、『蠱毒ミート~』は映画である以上映像があり具体的に何が起きてるかはちゃんと分かりますが根底の部分ではバロウズ作品の訳分からなさと共通する部分が多くて(個人の感想)「血糊を4トン使った」と監督が豪語するように後半はもう画面が真っ赤っ赤。 デレク・ジャーマン監督の『Blue』は画面がずっと深いクラインブルーでしたが『蟲毒ミートボールマシン』はどぎつい赤ペンキをぶちまけた様な血飛沫のクリムゾンレッドの画面が中盤以降延々と続きます。   同じく「蟲毒」をテーマにした作品としては『仮面ライダー竜騎』以来? あれも異形の物・怪物たちのバトルロワイアルを描いていました。 最後に愛する人のもとに行くのも『竜騎』の仮面ライダーナイトみたいでした。 大量のフリークスによる倫理観を無視した残虐バトルは異能バトルの原典『甲賀忍法帖』も彷彿とさせます。     サンリオSF文庫版・WSバロウズ『ノヴァ急報』の解説文は翻訳者・山形浩生氏によると全然間違ってるらしいですが↓   「ノヴァ(超新星)の爆発は天変地異をもたらすといわれている。地球の内紛を扇動するため他の銀河系から、ヴィールス的寄生物、破壊的な昆虫、悪霊などがやってきた。そして人間の肉体に侵入し、精神を操り、崩壊をもたらす……つまりノヴァを創出するのだ。こうしてノヴァ警察は、犯罪者と同じ心性をもって人間と自然を根本から切り離し、解決できない矛盾や政治の悪化を招き、全地球的爆発を策謀している。バロウズは、ヒロイック・ファンタジーに抜きがたい物語性を排し、黙視録的シュルレアリスムというべき断片的エピソードのカタログを作りあげた。本書は『裸のランチ』『柔かい機械』『爆発した切符』とともに四部作をなすバロウズの代表作であり、サド、ジョイス、ロートレアモンの文脈のなかで反SFの先鋒を突進し、SFのSFを切り拓いたものである」 個人的にこの解説文は大好きで『ノヴァ急報』のデタラメ解説文が偶然にも、「宇宙からの寄生生物」「人間の肉体に入り精神を操る」「ファンタジーには抜き難い物語性を廃し」「断片的エピソードのカタログ」など、『蠱毒ミート~』の作品世界をズバリ解説してる様に感じるのは気のせいでしょうか。 倒した相手の寄生宿主を潰して煙を吸うドラッグ描写も『ジャンキー』ですし。 宇宙から巨大な硝子瓶が降ってきて外部と隔絶されてからの、スカイツリー周辺地域一帯で始まる地獄絵図は、ひたすら血飛沫の雨あられとエログロナンセンスなスプラッターアクション。 個人的にはヒロイン・カオルのストーカー男が変身する「クルマネクロ」がその異常性といい造形・強さ・デザイン共にブッチギリでお気に入りです。 それと勇次(田中要次)が朝見てたTVに映ってた謎の番組に出てる剣士(坂口拓)はザンバラ髪に白装束のスタイル、あれは「明日死能」ですよね?? なのでこの作品は 『明日死能シリーズ第三弾』でもある!! スケジュールの都合かも知れませんが出来れば坂口拓さん、本編に出て欲しかったです。 武闘警察隊の面々も特に何故か鉄椅子を持ったジャッキー隊員と、鉄杭みたいなトンファーの武器のデザインがかっこよかったです。 前作『ミートボールマシン』の主役は今やすっかり売れっ子の高橋一生さんでしたけど高橋さんがもう「こっち側(笑)」に来る事はないでしょう。 そしていくら売れようが依然として「こっち側(笑)」の斎藤工さんにはボンクラ映画ファンとしては本当に頭が下がります。
  • -
    2017.9.30鑑賞。
  • なるせ
    -
    疲れすぎた状態で観たせいか記憶曖昧なんですが、後半ずっと画面が血塗れていたような気が… 血の量が凄くてラストにハッとさせられる見せ場てんこ盛りアナーキームービー。
「蠱毒 ミートボールマシン」
のレビュー(70件)