暑いし雨だし動きたくない…でも大丈夫!自宅で夏休みを満喫できる秀作映画4選

デジタルスクリーン

夏休みも残すところあとわずか!

都内の一部でしか上映されることがないようなミニシアター系のインディペンデント最新映画やいま話題になっている映画に注目している映画好きの方にオススメの、オンライン上の映画館で観られるデジタルスクリーン

今回は、そんなデジタルスクリーンで現在上映されている作品の中から、夏休みをテーマにした注目の映画や特集上映をピックアップ!

「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」に連動して、一部作品を期間限定でオンライン上映する【カリコレオンライン2017】も引き続き好評上映中です! シネマカリテに足を運べなかったみなさんは、ぜひオンラインでカリコレ2017をお楽しみください!

【あわせて読みたい】

【映画好き必見!】最新ミニシアター作品をオンライン上で鑑賞できるサービスとは?

日本未公開だった良質なミニシアター系映画も上映!

消えた少年と空白の時間 惨劇は加速する―【カリコレオンライン2017】

ボーイ・ミッシング/消えた少年

ボーイ・ミッシング

(C)2015 Rodar y Rodar Cine, S.L. - Kidnapped A.I.E.

高名な弁護士であるパトリシアの息子ビクトルが負傷した状態で警察に保護される。ビクトルは通学途中で何者かに拉致され、自力で逃げ出したのだ。前科者のチャーリーが容疑者として逮捕されるが、事件当日のアリバイを主張し、証拠不十分で釈放されてしまう。その夜からパトリシアとビクトルの身の回りでは不審な出来事が次々と起こりはじめる。

伝説のカルト青春ホラー!! これが全ての始まりだった【カリコレオンライン2017】

ファンタズム

ファンタズム

(C) 1978 Starway International, Inc.

ただならぬ雰囲気漂う霊園。マイクは兄ジョディが参列している葬儀を小高い丘から見ていた。参列者が去ったあと、彼は異様に背の高い男が、軽々と棺を持ち上げ消え去るのを目撃する。そのことをジョディに話すが取り合ってくれない。そこでマイクは、霊園に侵入し真実を確かめようとするのだが……。
2016年に公開されたシリーズ最終章『ファンタズムV ザ・ファイナル』もいよいよ本日8月23日より公開!!

ファンタズムV ザ・ファイナル

(C) 2016 Silver Sphere Corporation,All Rights Reserved.

夏の終り、ぼくの人生には1色だけが残った―【カリコレオンライン2017】

キッズ・イン・ラブ

キッズ・イン・ラブ

(C) Kids In Love Limited 2016. All rights reserved

大学入学をひかえた夏休み。ジャックの予定といえば、親が勝手に決めたインターンシップがあるくらい。いつも「人生にはもっと“何か”があってもいいはず!」と口にしながらも自ら行動はせず、冴えない日々を過ごしていた。しかし、そんなある日、美しいイブリンと出会ったことで、ジャックの人生は一変して輝きだす―

豪華キャスト共演で贈る極上のヒストリカル・サスペンス!

偽りの忠誠 ナチスが愛した女

パラメータ

(C) 2016 Egoli Tossell Film

ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世の動向を監視するため、皇帝の屋敷へと送られてきたドイツ軍将校ブラント大尉。そこで彼は、メイドとして働くミステリアスな美女ミーケと出会い、ひと目で心を奪われる。しかし、ミーケの正体は英国政府の密命を受け屋敷に潜入したスパイだった。ナチス政権下、イギリスの女スパイとドイツ軍将校による許されぬ恋と、陰謀の応酬!

海外音楽フェスの決定版!【夏フェススクリーン】第1弾~第3弾

夏フェス
(C) Stingray Digital Media Group.

海外の音楽フェスをもっと身近に楽しんでほしい!という思いから、様々なアーティストのライブを集め好評をいただいている【夏フェススクリーン】!!
今年のFUJI ROCKに出演したメジャー・レイザーやルーカス・グラハムも登場! 第1弾~第3弾まで合わせて30組以上のアーティストの貴重なライヴをお楽しみいただけます!

【ホラー映画特集】開催中!!

ホラー

映画の一大ジャンルとして挙げられるホラー映画!! ホラー映画の歴史は映画の歴史!と言えるほど深いものです。
デジタルスクリーンでは、世界中のホラー映画ファンを熱狂させた伝説のカルトホラーから日本初公開ホラー作品まで、今ここでしか観られない様々なホラー映画を公開中!!
まだまだ残暑厳しいこの季節。ぜひこの機会にスリリングなホラー映画をご堪能ください!!

オンライン映画館「デジタルスクリーン」とは?

デジタルスクリーン2

デジタルスクリーンは、インディペンデント作品を中心に、最近では映画館で上映される機会が少なくなった地域・内容の作品を、オンライン上映として早期に期間限定でご覧いただける、まったく新しいコンセプトのサービスです。

すでに映画館で上映している新作映画や国内初公開作品、過去に劇場公開された名作などのリバイバル上映など、年間100作品以上を上映予定! あなたの好きな場所、好きな時間に映画館にアクセスして気になる映画をチェックできます。 会員登録は無料! まったく新しいタイプの映画館デジタルスクリーンで、ぜひ映画の世界に浸ってください!

公式サイト:https://digitalscreen.jp/
提供:デジタルスクリーン
(C) DIGITAL SCREEN. All Rights Reserved.

※記事中でご紹介した鑑賞・特集ページのリンク先は、現在PCのみで閲覧可能です

【あわせて読みたい】

【デジタルスクリーン×Filmarks】オンライン映画館だけで観られる作品を一挙ご紹介!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • RIO
    3
    大したことではない事から とんでもない事になっていく お母さんのシャウトは待ってました あれが無いと終われないですね 奥底から震えてて ちょっと気持ち良かったです
  • おーとり
    3.2
    なるほどなぁ… 「ロスト・ボディ」のパウロ監督の脚本作品。 良作の多いパウロ監督ですが本作は…かなり普通な感じでしたかね。 原題の「SECUESTRO」は「拉致」という意味らしいですがこちらだと色々と作品に合った題名となります。 「ボーイ・ミッシング」では冒頭だけの意味になってしまいます。 それだけで終わらないのは作り的に表に出していて、本作はそこからが本番となりますし… もう少し後味の良い終わり方をしていればもう少し点数を上げられたのになぁ。 サスペンス映画をお求めの方には安心しておススメできる一本だと思います。 (パウロ監督ファンならもちろん!)
  • アキラナウェイ
    2.8
    「インビジブル・ゲスト 悪魔の証明」、「ロスト・ボディ」等の監督で知られるオリオル・パウロ脚本によるスパニッシュ・スリラー。 なら面白いんでしょ?と思ったら、いつまで待っても面白さのビッグウェーブは来ずに終了。 ある日、女性弁護士パトリシアの息子ビクトルが負傷した状態で保護される。彼は通学途中に何者かによって拐われ、自力で脱出したと言う。彼の証言に基づき作成されたモンタージュ写真から、1人の男が容疑者として逮捕されるが—— 。 頭から血を流し、ふらふらと足元もおぼつかない少年。開始数分のこの雰囲気までは面白くなりそうな予感。 しかしだ。 誘拐された彼の華麗なる脱出劇を期待したけど、全っ然そんな展開にならない。 ビクトルに何が起きたのか?? この隠された真相というのが、思ったより大した事ない。 このビクトルなる少年。 耳が聞こえず、手話で母親と会話をするんだけど、その設定も全く生かされていない。母親の弁護士という設定も生かされていない。 あーダメだわ。 ちょっとネタバレぶちかまして色々書くので、鑑賞予定の方はここら辺でadiós amigo。 誘拐事件の真相は、いじめを苦にしたビクトルによる自作自演。つまり誘拐犯など始めから存在しない。なのに、彼が警察署でたまたま見かけた写真により、勝手に容疑者に仕立て上げられたお気の毒な男が1人。 弁護士の母は、息子の自作自演だなんて知りもしないから、容疑者を脅せと元夫に依頼。元夫に雇われたアブナイ奴らが容疑者を殺してしまう(実は生きていた)。元夫は、妻に対して「お前が悪いんやぞ」と死体の処理を命じ、その代償にお金を要求。しかもビクトルをまた誘拐…というお話。 我が子にも関わらず、危険な目に巻き込む父親の行動が全く理解出来ない。 自作自演って何や。 容疑者の男は冤罪やないか。 いじめられていたのは同情するが、容疑者の男からすれば迷惑以外の何物でもないビクトルの行動に、全くもって賛同出来ない。 少年の嘘からはじまるストーリーは後味も悪く、作品の面白さ自体が行方不明。 余談ですが。 昨日は娘の公立高校合格発表日。 第一志望、合格しました。 普段、子供達の学校行事には不参加の僕に入学説明会同行という大役が。上履きが必要だって言うんで、仕事の合間に無印良品まで携帯スリッパを買いに走ったにょ。多分使う機会はこの先なさそう。上履き。
  • まめだいふく
    3
     ジャケットにでかでかと書き連ねてある文言から『プリズナーズ』のような映画かと思っていたけど全然違った。  が、これはこれで『プリズナーズ』とはまた違った ‶もう後には引けない感” を嫌というほど堪能できた。  道を踏み外してしまった母親。元の道に戻ろうと選んだ道は、更に誤った道。あがけばあがくほど、底の見えない沼にどんどんはまっていくような感じ。  これ、一体誰が悪いんだろう。やっぱりきっかけを作ったあいつらかなぁ。  いやーな気持ちのまま終わるかなと思ったけど、ラストはちょっとホッとした。まだ救いがあった。  ……からのあの叫び。気持ちはわかるが、笑ってしまったよ。
  • N
    5
    久しぶりに出会えた、どタイプの映画!!! ラストの手前まで、とにかくチャーリーが気の毒でならない。。しかし良かった。奥さん、良かったね。 そして闇とはいえ、犬をあんな風に扱う賭博なんて実際にあるの??惨すぎる。。本当にあるのならそこにいる人間は心の底から軽蔑する。 そして子供ほど残酷で、酷いことを思いつくもんだなぁ。トラウマになりそうなイジメの描写。我が子がもしもこんな経験をしていたら、、と思うと倒れそうだ。まだ子供いないけど、、笑 ああ、母親はどうか軽い刑であってほしい。 シングルマザーで立派な仕事と家を持ち、息子を全力で守り、嘘を微笑みで包んでくれる優しいママなだけ。(チャーリーに対しては酷すぎるが、そこが問題ww)
ボーイ・ミッシング/消えた少年
のレビュー(955件)