伝説の衝撃作『愛のむきだし』が“最長版”ドラマシリーズで再編成!園子温監督も喜びをむきだし【インタビュー】

2017.08.21
インタビュー

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

園子温監督の監督23作目の作品にして、その後の監督としての評価を決定づけた代表作『愛のむきだし』が、撮影開始から10年の時を経て“最長版THE TV-SHOW”として、装い新たに登場する。編集初期段階での6時間のバージョンをベースに、全編脚本通りに再構成。未使用シーンを1時間以上復元しただけでなく、全音楽・音響までも再構築し、さらに全編4K化、高精細高解像の鮮やかな映像化を施した。各話30分のテレビ仕様で新たな命を宿した最長版について、園監督にインタビューを行った。

園子温監督

――今回、あの『愛のむきだし』の“最長版”が世に出るということで、2017年に本作が誕生したことについては、率直にどういう心境でしょうか?

実は作った当初、最初の編集は6時間くらいあって、(映画版は)いいシーンが切られてしまっているので、惜しいなとは思っていました。だからいつか、テレビなどで長いドラマ版を自由に作って、全部切らずに流せないかなとは思っていたんです。そういうことを僕が言うと、たいがい通らなかったものですが、今回アスミック・エースの要望で実現したので、すごくうれしかったです。

――“最長版”を拝見したところ、もともと『愛のむきだし』は、そもそもドラマシリーズというフォーマットが合っていたような印象も受けました。

それはたまたまのこと。映画は映画で、そもそもテンポが必要になるので、どうしてもシーンを刈込み、切らざるを得ない。ドラマシリーズの場合は映画のようなテンポは求められないので、そういう意味では新鮮に映っているかもしれないですね。テーマそのものについては、長くしたところで根本的に変わるものでもないですが、キャラクターの造形ですよね。より細かく現れていると思うので、それが長くなってよかった点でしょうね。

愛のむきだし

――具体的なキャラクターとしては、どれになるでしょう?

全員、それぞれによく描けていたと思いますが、特に安藤サクラさんのシーンはエピソードをかなり追加していると思うので、人物像が膨れ上がっているとは思いますね。昨年お亡くなりになった元AV女優の紅音ほたるさんと共演しているシーンなどが復活しています。満島ひかりさんは映画の時にあまりカットしなかった印象がありますが、エピソードやカットが増えると親しみがわく。観る人の共感をより一層誘いますよね。そんな点も、“最長版”は楽しいです。
それと、カットしたことで、ずっとじくじく思っていたセリフやシーンも多かったですね。それが今回復活したことで、救われた。僕自身が救われたってこともとても大きいですね。

愛のむきだし

――なるほど。“最長版”は作品としてだけでなく、園監督自身にとってもプラスなことが多かったという。

編集で大量にカットしていると、意外に楽しくなってきちゃうんですよ。もっと短くできないか、もっとスピード感がある編集はできないかって、テンポを上げることに夢中になり、追究してしまう。僕の中では、映画版ではそういう思いがあったので、どんどん削っちゃったんですよね。だから冷静に考えると必要なシーンもあったので、“最長版”が実現できてよかったです。

――ところで、『愛のむきだし』が世に初めて出た時は、センセーショナルなほど話題になりましたよね。園監督にとって、どういう作品になったのでしょうか?

愛のむきだし』の当時は、僕はまだまだ無名だったので、この一本で勝負を賭けようと思っていました。僕が撮った映画は全部僕にとっては特別で、『愛のむきだし』だけが特別ではないのですが、ただなんとかしてステップをもっと上がっていかなくてはという焦りはあったし、そういう時期でもあった。ただ、それは結果論なんですけどね。結果的に『愛のむきだし』以降は、いろいろと映画を撮れることになったので、そういう意味では特別ですが、出来のいい息子、悪い息子もいるので、どれが特別とは言えないですね。いい大学入ったからって、いい息子とは限らないみたいな。

――これほどの高い評価を得続けている理由は、どこにあったと分析しますか?

あらゆる映画のジャンルが、『愛のむきだし』の一本の中に入っていると思います。青春映画にホラー映画にアクション映画、ミステリー映画の要素まで。すべての要素が総合的に一本の作品に入っているので、まさに映画のるつぼ。メルトダウン化している映画なので、観客の感情を振り回し興奮させていく、そういうところがいいのかなと思っています。

愛のむきだし

――今回のインタビューを掲載する「Filmarks」は、かなりディープな映画好きが集まるアプリですが、そのユーザーに向けてメッセージをいただけますか?

最初の『愛のむきだし』はそうとう前に観られていると思うので、今回の“最長版”は新鮮な気持ちで楽しめると思います。映像も高精細、高解像化して、驚くほどに鮮やかになった。新作を観るような気分で観てほしいですね。

あと『愛のむきだし』の前の作品で埋もれてしまっていますけど、『紀子の食卓』っていう吉高由里子さんの映画作品があります。当時小規模に公開されて不遇の作品ではありますが、僕はある意味で『愛のむきだし』以前に全力で頑張っている作品だと思っていて、『紀子の食卓』がなければ『愛のむきだし』はなかったと思うくらい、僕の中ではひとつのステップになっている作品なんです。『紀子の食卓』を撮った時に、自分が女性を描くほうが得意だって気づいたんですよ。それを初めて知った上で、その思いとともに『愛のむきだし』に突入していきました。ぜひ合わせて観てほしい作品ですね。(取材・文・撮影:鴇田崇)

園子温監督

「愛のむきだし 最長版 THE TV-SHOW」は8月23日(水)より、TSUTAYAにてリリース開始。

愛のむきだし

【あわせて読みたい】
 やっちゃいけないことをやる人が少なくなったので、せめて自分くらいはー『蠱毒ミートボールマシン』西村喜廣監督【インタビュー】
 かわいい顔して男前!『スパイダーマン ホームカミング』トム・ホランドに直撃!【インタビュー】
 「これはマーベルでいう、最初のキャプテン・アメリカ」 『スレイブメン』井口昇監督インタビュー
 誰もがぶつかり、乗り越えたあの青春。こんな時代だからこそ「声」に力をこめて『きみの声をとどけたい』
 気品溢れる変態ムービー!知性と理性に訴えかける衝撃作『エル ELLE』を体験せよ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Taul
    5.0
    『愛のむきだし』 前半喜劇、後半悲劇、なんでもありの変態と純愛の園子温の世界の爆発。1時間以上たってタ イトルがでる展開は強烈 。満島ひかりの天才性を再認識。
  • 5.0
    いままでにない映画体験だった…!四時間!色んな話が詰まっていて全然見離せなかった…面白かった…! ユウを取り巻く環境はずーっと変化していって、様々な「愛」が彼を翻弄していく。主要キャラ全員頭おかしいし「愛」のせいで曲がってしまっている。でも、みんな楽しそう。笑ってる顔がきれい。長い上映時間なだけ、エピソードが深掘りされていて良い。 キャストもみんな魅力的だった。西島くんの演技は真に迫っていて感動した。すごい。AAAとか関係ない、手放しに評価したい。あと笑顔かわいいね。 満島ひかりちゃんの前評判は散々見かけていたのだけれど、流石でした。彼女だけじゃないけどドスの利いた声の怖さ…。 安藤サクラは角度によって可愛かったりブスだったりするな。絶妙に気持ち悪い演技が最高。(笑) ・最初の無邪気な顔したユウくんがかわいくてかわいくて。 ・スタイリッシュ盗撮楽しそう。 ・友達が終始いいやつで癒される。 ・ベストパンチラ写真の見せあいのくだり大好き「これが俺の…ウルトラストレートロイヤルフラーッシュ!!」 ・血の描写の仕方が不思議 最高に好きな映画だった。ずーっと観たかっただけに嬉しい…! 夜中に皆で観たんだけど、所々ツッコミつつ、四時間あっという間でした。
  • 魚とハンバーグ
    5.0
    ダイナミックな盗撮。 満島ひかりかわいい。 出てくる父親みんなクズすぎる。 友達のヤンキーがめっちゃいい奴だった。 4時間もあるしよくわからん部分も多いけど、それを感じさせないくらい面白かった。 満島ひかりに「お兄ちゃん」って呼ばれたい。 みんな「愛」を求めていたのか。
  • かずあき
    5.0
    四時間ほんとに眼が離せない。一瞬一瞬のシーンが面白くて四時間という長さを感じさせなかった。 前半部分のコメディチックなところも後半の新興宗教のサイコな恐ろしさもとても楽しんで観ることができた。役者の演技が皆上手かった気がする。個人的にコイケ役のブスの癖に妖艶でエロい演技が好きだった。腹立つ顔してるくせにキスシーンはとてもえっちだったなあ
  • Unco丸
    3.0
    エンターテイメントにしたい気持ちはわかるが、どうにもわざとらしさが強い。 やりたいことを詰め込んだように思う。 それが悪いとは言わない、現に評価の高い映画となっている。 しかし、狂気は孕むもので、出てきてしまえば人を選ぶ。 安っぽい、子供じみたといった印象を、私は感じた。 愛の掲げ方にケチをつけようとは思わない。これはこれで確立されていると思った。 満島ひかりのファンなので、考慮した。
「愛のむきだし」
のレビュー(21776件)