若きクリエーターたちよ、心して聞け!クリストファー・ノーラン監督が学生の質問に回答

2017.08.24
映画

FILMAGA編集部

フィルマーくま

9月9日(土)公開の最新作『ダンケルク』をひっさげ、7年ぶりに来日を果たしたクリストファー・ノーラン監督が、YouTube Space Tokyoに降臨! 未来の映像クリエイターたちの質問に答えるスペシャルトークを繰り広げました。

クリストファー・ノーラン

現在まさに映像を学んでいる学生からは、「私たちはいま何を学ぶべきか?」という率直な質問が。それに対しノーラン監督は、「映画を学んでいる学生としてたくさんの映画を観て楽しむことが大事だ」と答えました。そして、「さらにその作品を分析してほしい。僕は大学では英文学を専攻していたけれど、とにかく映画を観るということはずっと続けていた。そして、そのフィルムメーカーたちがどのようにストーリーを描こうとしているのか、どうやって観客を引き込んでいるのか、そのメカニズムを理解しようとしていた」と明かしました。

クリストファー・ノーラン

映画を製作するにあたって重要な「予算」に関しても言及したノーラン監督。彼が初めて製作した作品は「Following」という16ミリモノクロのショートフィルムで、普段は仕事をしているアマチュアたちが集まり週末に撮影をしていたそう。その作品にはまったく予算がなかったとか。

しかし、「予算の規模に関わらず重要なことがある」とノーラン監督。「クリエイティブなプロセスの本質は、監督として常に同じ姿勢を貫くということだ。フレームの中に何を収めるか、そこにある情報がしっかりとストーリーを進めているか、一貫していることが大切だ」。

また、デジタル化著しい昨今でもフィルムで映画を撮り続けているノーラン監督だが、そのこだわりの理由についても明かしました。

「もともとセルロイドのフィルムが大好きだったんだ。デジタルを扱ったこともあるが、その映像は私自身の目を通して見ている世界と違っていた。アナログの色は非常に深みがあって、自分自身が見ている世界が再現できた。しかし、デジタルが良くないと言っているわけではなく、リアリズムを追求するのであれば、アナログなフィルムがベストだと考えているんだ。

デジタルのほうが合う映像、フィルムのほうがある映像というものがあり、両者それぞれに良さがあるから、決して競合ではなくまったく別のメディアだととらえている。

クエンティン・タランティーノ監督やスティーヴン・スピルバーグ監督もフィルムを好んで使っていて、君たち次の世代がいまと同じクオリティのフィルムを使えるよう、フィルムを選択肢のひとつとして持っていられるよう、我々が使い続ける必要があると思っている」。

映画『ダンケルク』では、“時系列”が巧みにコントロールされているが、それについては「兵士たちの気持ちを感じ取り、その場にいるような臨場感を味わってほしかった」と語ります。陸・空・海軍それぞれの視点で描かれており、彼らが抱く主観的で人間的なストーリーを描きたかったといいます。

ダンケルク

映画『ダンケルク』は9月9日(土)より全国ロードショー。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • satomi
    3.5
    ひたすら逃げる。脱出する。 多くの犠牲を払いながら。 その描き方は新鮮で、音響もあってハラハラするし、引き込まれる。 戦闘機での撃ち落とすということは敵国の人を打っていることもあったり、やはりしんどいものは否めない。 どちらに被害もない形はやはり描くことができないのが戦争だと思う。 高官が下の兵を逃して戦地に残るラストが美学のように描かれているように感じたのは、果たしてそうかと疑問に思った。 戦争に美学はないと思う。 脱出・退却を勝利と描いたことは評価したいが、その先にある戦争をしない選択をする必要がある。
  • S
    3.9
    世界史だいすき!
  • バーニー
    3.8
    故国イギリスに帰還するため船に乗るも、ドイツ兵の空爆によって沈められ、泳いで別の船に乗るも、また沈められ…命からがら逃げるイギリス兵たち。 海は静かで美しいのに、故国は見えているのに、途方もなく遠くに思える。 イギリス陸軍と、それを助けにきた空軍、民間人の三者の視点で、最小限のセリフで物語が進んでいった。 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』を観ていたので、最後は、より胸が熱くなった。
  • ちきんぬ18
    3.9
    正直想像してたより緊迫感は無かった。 戦争映画の中では比較的静かな印象って言ったら不謹慎かもしれないけど、恐らく引きのアングルが多かったのと主観がかなり抑えられてたからだと思う💦 視点を分散したことで感情移入がしづらかった反面、誰かの苦しみではなく皆の苦しみであることがとても伝わってきた。 ドーバー海峡渡るだけであれだけ苦労したんだなぁって改めて当時の過酷さを思い知らされた 凄いと思ったのはSSがほぼ登場しなかったこと( ゚Д゚)
  • RyotaFukushi
    2.5
    もったいない
「ダンケルク」
のレビュー(46486件)