若きクリエーターたちよ、心して聞け!クリストファー・ノーラン監督が学生の質問に回答

Filmarks公式

フィルマーくま

9月9日(土)公開の最新作『ダンケルク』をひっさげ、7年ぶりに来日を果たしたクリストファー・ノーラン監督が、YouTube Space Tokyoに降臨! 未来の映像クリエイターたちの質問に答えるスペシャルトークを繰り広げました。

クリストファー・ノーラン

現在まさに映像を学んでいる学生からは、「私たちはいま何を学ぶべきか?」という率直な質問が。それに対しノーラン監督は、「映画を学んでいる学生としてたくさんの映画を観て楽しむことが大事だ」と答えました。そして、「さらにその作品を分析してほしい。僕は大学では英文学を専攻していたけれど、とにかく映画を観るということはずっと続けていた。そして、そのフィルムメーカーたちがどのようにストーリーを描こうとしているのか、どうやって観客を引き込んでいるのか、そのメカニズムを理解しようとしていた」と明かしました。

クリストファー・ノーラン

映画を製作するにあたって重要な「予算」に関しても言及したノーラン監督。彼が初めて製作した作品は「Following」という16ミリモノクロのショートフィルムで、普段は仕事をしているアマチュアたちが集まり週末に撮影をしていたそう。その作品にはまったく予算がなかったとか。

しかし、「予算の規模に関わらず重要なことがある」とノーラン監督。「クリエイティブなプロセスの本質は、監督として常に同じ姿勢を貫くということだ。フレームの中に何を収めるか、そこにある情報がしっかりとストーリーを進めているか、一貫していることが大切だ」。

また、デジタル化著しい昨今でもフィルムで映画を撮り続けているノーラン監督だが、そのこだわりの理由についても明かしました。

「もともとセルロイドのフィルムが大好きだったんだ。デジタルを扱ったこともあるが、その映像は私自身の目を通して見ている世界と違っていた。アナログの色は非常に深みがあって、自分自身が見ている世界が再現できた。しかし、デジタルが良くないと言っているわけではなく、リアリズムを追求するのであれば、アナログなフィルムがベストだと考えているんだ。

デジタルのほうが合う映像、フィルムのほうがある映像というものがあり、両者それぞれに良さがあるから、決して競合ではなくまったく別のメディアだととらえている。

クエンティン・タランティーノ監督やスティーヴン・スピルバーグ監督もフィルムを好んで使っていて、君たち次の世代がいまと同じクオリティのフィルムを使えるよう、フィルムを選択肢のひとつとして持っていられるよう、我々が使い続ける必要があると思っている」。

映画『ダンケルク』では、“時系列”が巧みにコントロールされているが、それについては「兵士たちの気持ちを感じ取り、その場にいるような臨場感を味わってほしかった」と語ります。陸・空・海軍それぞれの視点で描かれており、彼らが抱く主観的で人間的なストーリーを描きたかったといいます。

ダンケルク

映画『ダンケルク』は9月9日(土)より全国ロードショー。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • yuki
    3.3
    記録
  • せんたー
    3.4
    2019.12.09/137
  • べーかつ
    3.6
    緊迫感が凄い。見ると疲れる。戦勝国の映画ではあるけれど、やはり戦争はしたくないと思わされる。
  • 4.3
    「撤退」を描いた戦争映画。 とにかくセリフが少ない。主人公も開始数十分一言しか喋らない。故にキャラクターの掘り下げみたいなのはないです。それでも主人公達の危機にはハラハラします。 この映画は3視点かつ時系列を操作して進行していきます。それでセリフや説明が少ないので注意を凝らさないと理解が追いつかないかも。 やっぱり映像が凄い。とにかく凄い。引き込まれます。これほとんどCG不使用?バケモノじゃん
  • ケタミン
    2.0
    公開時、複数の知人が絶賛していた。 なるほど、サスペンスフルな戦争映画としてよくできてると思う。臨場感はもちろんのこと、戦闘における恐怖と疑心暗鬼、同胞愛がバランスよく詰め込まれ、飽きさせない。劇的な演出を排した淡々とした描写がリアリティを生むことを心得てるのも現代的。最初はわかりづらい構成も、理解するとドツボにはまる。おみごと。 だが最後は結局、平和より勝利、命より誇りが大事、という結論。戦勝国の思考回路だなあ。敗けたことがない人たちの世界観。その世界観には敗者が存在しない。同胞愛はあっても人間愛は微塵もない。そんな狭い思考回路で戦場の閉塞感を描けば必然、自分に酔うしかない。でも自己陶酔はダサいってわかってるから、ヒーローなきヒロイズムという趣向でそこをすり抜けてみせた。そこはうまかった。そうしてできたのがこの、戦争の怖さ・絶望感を装った戦争賛美の右翼的映画。演出がうまいだけに、その欺瞞性が際立っていた。 続けて塚本晋也の『野火』を観たので、なおさらそう思ったのかもしれない。
「ダンケルク」
のレビュー(60836件)