【全然ワンダーじゃないウーマンに共感!】自分と重なるキャラだからこそ励まされる。

2017.08.31
映画

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

フランシス・ハ

8月も終わり、もう9月ですよ。2017年も3分の2が終わり(歳とるとすぐに1年を分数に変換する……)。もうハロウィンの話が始まっちゃってるし、なんだか年末に向けて焦らされるのが9月。

そんな気ばかり焦って落ち着かないなぁという時にオススメなのが映画フランシス・ハです! しかも上映時間はたった90分ですよ。サクッと観れちゃう。大好き、90分映画

f2

金なし、恋人なし、家なし、夢はあるけどプランなし

主人公のフランシスは27歳の見習いダンサー。ニューヨークのアパートで親友のソフィーと同居していて、当初は彼氏もいました。

しかしその彼と別れて、親友ソフィーからは別居を言い渡されてしまい、家なし恋人なしの状態に。お金もなくて、あるのは「プロのダンサーになる」という夢だけですが、本気でダンスレッスンをしている感じでもなく……。

憧れのオシャレライフ! しかしダンサーに賭ける覚悟いまだなし

その後フランシスは男性2人の部屋に転がり込むことに成功! ここはセンスのいい家具や写真が飾られていて、アート系の仲間たちも集まってくるオシャレライフの象徴のような部屋

ここでさらにフランシスのモラトリアム癖に拍車がかかります。ダンサー志望だってのに全然練習シーンがない……。

要するにフランシスは、ダンサーという夢に本気で向き合う勇気を持てずにいるのです。結果が出ちゃうのが怖いから。だからモラトリアム仲間との刹那的なオシャレライフに溺れてしまっているのです。

f3

f4-2

さすがに心境の変化が……

親友のソフィーが人生の選択をしたり、プロのダンサーと自分の実力の差を見せつけられて、少しずつ彼女の気持ちは変化していきます。そして、あることをきっかけに「地に足のついた」選択をするのです。初めての人生の選択。※本当に「地に足をつける」シーンがありますのでお見逃しなく。

目標があるならそれに向けてなんかやりゃいいのにやらなかったり、周りには調子のいいウソなんか言っちゃって変な空気にしちゃったり。フランシスを観ているとまるで自分の鏡のようで痛い……。filmarksのレビューでも「自分と重なる……」という感想が多いのもうなずけます。てことは、みんなフランシス的要素を持っているってことです。

フランシスのキャラクターはかなり痛々しいのですが、なぜか可愛らしく憎めないのは、主演のグレタ・ガーウィグの名演のおかげでしょう(本作の演技が評価され、ゴールデングローブ賞主演女優賞候補)。

『ラ・ラ・ランド』との共通点

この映画、ラ・ラ・ランドに似てると思いました。“ラ・ラ・ランド”ってのは、スクリーンの中でラララ〜♪と歌って踊りたいというドリーマーが集まるロサンゼルス(L.A.)のこと。憧れと自意識が強くてプロになる覚悟ができていない主人公たちの挑戦と失敗が描かれる映画です。

『ラ・ラ・ランド』フランシス・ハも最後には覚悟を決めて人生の決断をします。特にフランシスのささやかな(本人にとっては大きな)決断には心揺さぶられるものがあります

フランシス・ハの「ハ」の意味

「ハ」って何だろう? 珍しい苗字だなと思いながら観ていると、ラストでなぜ「ハ」なのかが明かされます。その理由がちょっとかわいいし感動もします。

この「ハ」の意味は今まで自意識が強かったフランシスが……。おっとネタバレ厳禁。

まずはちっちゃくてもいいから一歩踏み出してみようかなと思える映画だと思いますので、ぜひどうぞ!f5

【あわせて読みたい】
 【カップルで観ちゃいけない映画!?】男らしさの崩壊!危機的状況で現れる男の本性とは?
 【独身禁止の世界?】恋愛下手の男子から学ぶ!失敗ばかりする男の4つの特徴
 『世界にひとつのプレイブック』上手く生きられない男が幸せをつかむための戦略とは?
 この緊張感に耐えられるか!?『新感染 ファイナル・エクスプレス』に全世界が喝采
 史上最強のプリンセス!全世界の老若男女をとりこにする『ワンダーウーマン』の魅力をおさらい

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • shiori
    4.6
    好きなことをして生きる姿は清々しい そしてこれは良いアダムドライバー
  • 黒茶
    3.5
    28の自分には性別の差はあれど、共感してしまう部分あり…。 みんな変わっていったけど、どんな自分でもいいじゃないか! 自分なりに変わっていこう! Modern Loveが一喜一憂もがきながら走るグレタガーウィグとマッチしていた。
  • Inagaquilala
    4.1
    「フランシス・ハ」(原題Frances Ha)という奇妙なタイトルについては、最後の場面でわかる。今年のアカデミー賞で作品賞他6部門にノミネートされた作品「レディ・バード」で、初の単独監督に挑戦したグレタ・カーウィグが主演と脚本を担当した2012年の作品ということで、再観賞。監督はウェス・アンダーソンの作品にも関わっているノア・ハームバック。主演のグレタ・カーウィグが脚本にも参加しているため、彼女の自伝的側面もある。作品内で、主人公がニューヨークから故郷のサクラメントに一旦帰るが、そこはグレタ・カーウィグの出身地でもあり、「レディ・バード」はまさにその街が舞台となっている。 いわゆる「マンブルコア」と呼ばれる、日常をそのまま描写する作品の代表的作品と言われているが、のちのグレタの監督作品「レディ・バード」に通ずるものもある。ダンサーを目指す主人公が、ブルックリンで親友とルームシェアで暮らしていたが、恋人とも別れ、ダンサーとしても壁に当たる。そのうえ、親友から同居を解消するという申し出もあり、主人公は自分の居場所を探すため、衝動的にパリに弾丸旅行を敢行する。とくにドラマティックな展開はないのだが、その淡々と主人公の彷徨を追う映像は、妙に心にフィットしてくる。マンブルコアが「自然主義」と言われるのも納得できる。タイトルの謎が解ける最後の場面が妙にストンと胸に落ちるのが快い。
  • May
    3.6
    27才のフランシスが仕事に恋に頑張る話。 大きなドラマがあるわけではないけれど等身大でポジティブなフランシスに元気がもらえる映画。
「フランシス・ハ」
のレビュー(9496件)