【全然ワンダーじゃないウーマンに共感!】自分と重なるキャラだからこそ励まされる。

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

フランシス・ハ

8月も終わり、もう9月ですよ。2017年も3分の2が終わり(歳とるとすぐに1年を分数に変換する……)。もうハロウィンの話が始まっちゃってるし、なんだか年末に向けて焦らされるのが9月。

そんな気ばかり焦って落ち着かないなぁという時にオススメなのが映画フランシス・ハです! しかも上映時間はたった90分ですよ。サクッと観れちゃう。大好き、90分映画

f2

金なし、恋人なし、家なし、夢はあるけどプランなし

主人公のフランシスは27歳の見習いダンサー。ニューヨークのアパートで親友のソフィーと同居していて、当初は彼氏もいました。

しかしその彼と別れて、親友ソフィーからは別居を言い渡されてしまい、家なし恋人なしの状態に。お金もなくて、あるのは「プロのダンサーになる」という夢だけですが、本気でダンスレッスンをしている感じでもなく……。

憧れのオシャレライフ! しかしダンサーに賭ける覚悟いまだなし

その後フランシスは男性2人の部屋に転がり込むことに成功! ここはセンスのいい家具や写真が飾られていて、アート系の仲間たちも集まってくるオシャレライフの象徴のような部屋

ここでさらにフランシスのモラトリアム癖に拍車がかかります。ダンサー志望だってのに全然練習シーンがない……。

要するにフランシスは、ダンサーという夢に本気で向き合う勇気を持てずにいるのです。結果が出ちゃうのが怖いから。だからモラトリアム仲間との刹那的なオシャレライフに溺れてしまっているのです。

f3

f4-2

さすがに心境の変化が……

親友のソフィーが人生の選択をしたり、プロのダンサーと自分の実力の差を見せつけられて、少しずつ彼女の気持ちは変化していきます。そして、あることをきっかけに「地に足のついた」選択をするのです。初めての人生の選択。※本当に「地に足をつける」シーンがありますのでお見逃しなく。

目標があるならそれに向けてなんかやりゃいいのにやらなかったり、周りには調子のいいウソなんか言っちゃって変な空気にしちゃったり。フランシスを観ているとまるで自分の鏡のようで痛い……。filmarksのレビューでも「自分と重なる……」という感想が多いのもうなずけます。てことは、みんなフランシス的要素を持っているってことです。

フランシスのキャラクターはかなり痛々しいのですが、なぜか可愛らしく憎めないのは、主演のグレタ・ガーウィグの名演のおかげでしょう(本作の演技が評価され、ゴールデングローブ賞主演女優賞候補)。

『ラ・ラ・ランド』との共通点

この映画、ラ・ラ・ランドに似てると思いました。“ラ・ラ・ランド”ってのは、スクリーンの中でラララ〜♪と歌って踊りたいというドリーマーが集まるロサンゼルス(L.A.)のこと。憧れと自意識が強くてプロになる覚悟ができていない主人公たちの挑戦と失敗が描かれる映画です。

『ラ・ラ・ランド』フランシス・ハも最後には覚悟を決めて人生の決断をします。特にフランシスのささやかな(本人にとっては大きな)決断には心揺さぶられるものがあります

フランシス・ハの「ハ」の意味

「ハ」って何だろう? 珍しい苗字だなと思いながら観ていると、ラストでなぜ「ハ」なのかが明かされます。その理由がちょっとかわいいし感動もします。

この「ハ」の意味は今まで自意識が強かったフランシスが……。おっとネタバレ厳禁。

まずはちっちゃくてもいいから一歩踏み出してみようかなと思える映画だと思いますので、ぜひどうぞ!f5

【あわせて読みたい】
 【カップルで観ちゃいけない映画!?】男らしさの崩壊!危機的状況で現れる男の本性とは?
 【独身禁止の世界?】恋愛下手の男子から学ぶ!失敗ばかりする男の4つの特徴
 『世界にひとつのプレイブック』上手く生きられない男が幸せをつかむための戦略とは?
 この緊張感に耐えられるか!?『新感染 ファイナル・エクスプレス』に全世界が喝采
 史上最強のプリンセス!全世界の老若男女をとりこにする『ワンダーウーマン』の魅力をおさらい

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • わらびもち
    4.0
    観客に押し付けすぎない表現がグット 主人公の愛くるしさが好き。
  • m
    3.5
    日本版のポスターには「ちょっとビターな等身大ニューヨークライフ」って書いてあったけど、ニューヨークの事はあまり出てこなくて、ひたすらフランシスの周りの人間関係に重きが置かれてたな フランシスに申し訳ないけど、こんな風にはなりたくないって思った。ダンサーでは無いけど、「手に職」的な、不安定な職を目指してる者として、こうはなりたくないって思った。全編モノクロだったけど、スマホを使ってたりするところ、思ったより違和感なかったな でもどんな家に住んでるのか、色を通して見てみたかった グレタガーウィグは絶対に性格が良さそうってどの映画観ても思ってる
  • tama
    5.0
    とても好き。 オープニングの駆け足ぶつ切りカットも好きだし、子どもみたいな友情のテンションも好きだし、フランシスの明るさアホさも絶妙なバランスで好き。 なかなか現実は厳しいけど、少しずつ大人になる事を知って受け入れて、それはそれで楽しくやっていけるし、逆に昔からの夢と少し距離を置いたら、違う道がふと開けたり。力まずシンプルに伝えてくれる映画でした。 あと特別な瞬間の話がとても穏やか。話し方も子どもみたいで可愛かった。 あとモノクロ合いますね、なんだか新鮮で作品に良く馴染む。 友との間に生まれる愛の話。 恋愛の何やかんや(男女、女女、男男同士の恋愛すべて)が無くて良かった。フランシスが非モテで良かった。 フランシスの着てた革ジャンが欲しい。
  • みふかた
    3.7
    白黒が良い味出してる。
  • yu8cinemaあなたと映画
    4.0
    『フランシス・ハ』(原題:Frances Ha) Netflixで現在公開中の一押し! . 今毎日何かに追われ、あるかわからない不安にストレスを感じている方にこそ観て欲しい。 「ふらふらしたっていいじゃん!」 ほろ苦くも前向きになれる「明日がんばろ!」ってなれる映画です。 . . 主人公のフランシスはニューヨークでプロダンサーを目指して夢見るもなかなかうまくいかず、生活も四苦八苦。 大親友と一緒にルームシェアをしながらなんとか暮らすも、親友は彼氏と暮らすと出てってしまう。 昔みたいにずっとバカばかりやってられないのかな。。。 . 周りはどんどん大人になって落ち着いていくのに一人浮いてしまうフランシスは、やることなすことすべてがちぐはぐ。 けれどもめげないし、落ち込んでも一瞬で元どおり。 反省はするけど、すぐ忘れちゃう。 不器用ながらも前向きな彼女の姿が観ていて不思議とほんわかする。 彼氏に振られたり、仕事も上手くいかなかったり、何も考えず旅に出たり、急に実家に帰ったり。 ニューヨークの田舎町から出てきた27歳の等身大の人間模様を描いたどこかくすぐったいけど共感できるキュートな映画です! . 最後に不思議なタイトルの意味もわかるけれど、彼女らしいなと笑っちゃう。 モノクロ映像なのがまたおしゃれで、音楽も最高! ぜひご覧ください!
「フランシス・ハ」
のレビュー(13745件)