夏休みはコレ!「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」徹底ガイド

映画は三度のメシの次に好き

もい

世界中に熱狂的なファンを抱える、原作本も実写映画化も大人気の『ハリーポッター』。ハリーポッターの舞台はイギリスですが、映画で観たような世界を実際に体験してみたいという方は、アメリカ・フロリダに行きましょう!

フロリダといえばディズニーワールドで有名ですが、もう一つ巨大なテーマパークユニバーサル・オーランド・リゾートがあります。ここには、ハリーポッターの実写映画作品を忠実に再現した世界、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッターがあり、魔法を使えなくても魔法界へ行くことが出来るんです!

ただ日本からフロリダまでは16時間ほど。「さすがにちょっと遠い...もう少し気軽に体験したい」という方に朗報です。とっくに話題になってはいますが、昨年大阪ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)にも魔法界への扉が現れたのです。

より身近になった魔法界、夏休みを生かしてぜひ飛び込んでみましょう!その時に事前知識として、やはり全8作品を観ていただきたいのですが、ここではその中でも特に覚えておいたほうがいいキーワードなど、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッターの見どころと合わせてご紹介します。

harry02

まずはホグワーツ魔法学校への入学の準備をしよう

harry03

さぁ、皆さんも魔法学校に入学するにあたり、ぜひ形から入ってみましょう。1作目『賢者の石』では、ハリーも入学準備のために、イギリスにある魔法使い・魔女だけが住んでいるホグズミード村へ行きます。USJにももちろんありますよ!

ハリー・ポッターと賢者の石

ホグワーツ特急が無くちゃ話は始まらない!

ホグズミード村へ入ると、ホグワーツ特急が出迎えてくれます。1作目から登場するこのホグワーツ特急は、ハリーたちがホグワーツへ行くための手段であり、イギリスのキングズ・クロス駅9と3/4番線から発車します。3/4ってなんだその中途半端な…?そう、その中途半端なところにあるただのをすりぬけると、マグルには見えないホームが。そこから乗ることができます。

harry04

マントに杖、全身なりきりアイテムが豊富に揃います

harry06

せっかく魔法界へ入ったのだから、まずはそのマグルらしい格好をどうにかしなければ。ふくろう小屋奥のお店ダービシュ・アンド・バングズでは魔法用具専門店として制服や小物などホグワーツでの必需品を販売。

夏にマントはちょっと暑いかな?という方は、なりきりタオルなども販売されています。さらにこのお店では、3作目の『アズカバンの囚人』に登場した怪物的な怪物の本のお取り扱いも。かなり凶暴です!噛みつかれないように気をつけてください。

アズカバン

オリバンダーに選んでもらえたアナタは超ラッキー!

さて、格好は決まりましたが、何か足りない。必需品であるを忘れてはいけません!先ほどのお店のお向かいにあるオリバンダーの店に行きましょう。

店主オリバンダーが作る杖が山ほど並ぶこのお店で、なんと運が良ければオリバンダー本人に自分に合った杖を選んでもらえることも。彼から指名されれば初の魔法体験ができます。ピタリと合った杖が見つかれば涙が出るほど感動することでしょう。

harry07

サッカーでもない野球でもない、魔法界オリジナル大人気スポーツ

制服も杖も手に入れ万端。ですが、もし運動神経バツグンな方は入学後にクィディッチ選手なんかも目指してみるのはいかがでしょうか?クィディッチとは、箒に乗って空を飛びながら、クアッフルと呼ばれるボールを投げて、相手ゴールに入れ得点をかせぐという球技です。

選手はサッカーのようにポジションが決まっています。その中でもシーカーに選ばれた選手は、ひたすら金色で飛び回るスニッチという特別なボールを探し、それを捕まえることができれば、試合終了となります。シーカーを目指すには、箒も奮発してスペシャルな物を揃えてみては?

harry08

魔法界の料理って、どんなもの?

たくさんのお店をまわっていたら、少しお腹が空いてきたなぁ。ハリーポッター全作を通して、美味しそうな料理も見所の一つです。オリバンダーの店の手前にある三本の箒に行きましょう。

harry09

ここではイギリス料理のフィッシュ・アンド・チップスやパイ、まるごとトウモロコシやお肉など様々な料理を実際に味わうことができます。おすすめの場所は外のテラス。ホグワーツ城を見ながら食べるとさらに美味しい!お天気が良ければぜひ試してみてください。

harry10

又、6作目『謎のプリンス』では、ハーマイオニーが魔法界名物バタービールを飲むシーンがあります。バタービールといっても、アルコールが入っているわけではありません。甘くて人間界では味わったことのないシュワシュワした、子供も大好きな飲み物です。飲むときはハーマイオニーのように泡をヒゲにして写真を撮りましょう。

harry11

謎のプリンス

トイレにあの子が!怖楽しい仕掛け

バタービールをたくさん飲んだら、ちょっとトイレに行きたくなりました。そんな時は、少し先にあるトイレにぜひ立ち寄ってください。嘆きのマートルの気配を感じることができます。嘆きのマートルとは2作目『秘密の部屋』や4作目『炎のゴブレット』などで登場するゴーストで、かつてレイブンクロー生でしたが、悲劇ながらゴーストになることに。その気配にチビる前にさっさとトイレを済ませましょう。

秘密の部屋

生徒になりきったら、ホグワーツ城に潜入しよう

今までに体験したことのない感覚!保証します!

さぁ、ホグワーツ城に入りますよ!USJではオープン2年目に3D化されたアトラクション、ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーです。

harry102

ちなみに入るまでにものすごい時間がかかる…普通なら疲れちゃいますよね。でもこのアトラクションの中に入ったら、ホグズミード村以上に不思議なものがたくさんあり、待ち時間中も楽しませてくれます。

しゃべる、動く肖像画?

暗い中を進むと、たくさんの肖像画が現れます。ただの絵だからといって、油断しないように!魔法界の写真や新聞、絵画などは変わっていて、魔法によってその額の中で人物や風景などが動いています。もちろんここにも魔法が。恐れずよく耳を澄ましてみてください。

harry13

「グリフィンド〜ル!」と言われたい

そうそう、入学するときには、自分がどの組になるかが重要ですよね!ハリーは『賢者の石』で組分け帽子によって、晴れてグリフィンドールへ入ることができます。ロンとハーマイオニーもグリフィンドールに組分けされます。私もかぶってみたかったのですが、高い所に厳重に保管されていて届きませんでした。

harry14

何かと呼び出される校長室

作中でハリーはガーゴイル像によって固く守られている校長室へと度々訪れることになります。

harry15

この校長室では4作目『炎のゴブレット』や8作目『死の秘宝 PART2』など、ハリーが過去を知る手段として、憂いの篩(ふるい)が登場します。ヴォルデモート卿との対決にはとても重要なアイテムの一つですが、中は暗いので皆さんは見つけることができるでしょうか。

harry16

この後は、ハリーたちの指示に従って、いよいよ冒険へ出発です。旅の途中では、『炎のゴブレット』などで登場した恐ろしい吸魂鬼(ディメンター)が襲いかかってきます。幸せの感情を吸い取られる前に逃げ切れるのでしょうか?!

炎のゴブレット

他にもたくさん!楽しいスポット

小さいお子様も安心!憧れのヒッポグリフに乗れるアトラクション

ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーはちょっと怖めかな?正直私はビビリなので、1回目に体験した時、ほとんど目を開けてられませんでした。でもそれだけハリーポッターの世界が再現されている素晴らしいアトラクションなのです。

もし小さなお子様がいらっしゃる方で、ちょっと心配だな~と思うなら、『アズカバンの囚人』に登場するヒッポグリフという生物をモチーフにしたアトラクションフライト・オブ・ザ•ヒッポグリフで爽快感を味わいましょう。

harry17

魔法界からのお土産に大興奮!

せっかく魔法界に行ったことを、家族や友人、会社の同僚などに伝えたいですよね!それなら、ホグズミード村にあるゾンコのいたずら専門店ハニーデュークスは必見です。作中と同様に店内には、使うとお母さんに怒られそうなイタズラおもちゃや、美味しそうなお菓子がたくさん!その中でも絶対味わってほしいのは百味ビーンズ

harry18

中身はただのジェリービーンズ…ではありません!百味ビーンズは百味というだけあって、様々な味のビーンズが入っています。皆さんで食べると盛り上がること間違いなしです。

細部までに至る再現度!是非作品をチェックしよう

まだまだ紹介しきれないのですが、作品を観たら主要人物や唱える魔法の言葉、奇妙な生物や建物を見ておくと、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッターの入り口を入った時に味わったことのない感動で胸がいっぱいになります。

実はまだ全作観れていないという方はもちろん、既に全作観たことがある方も時間があれば是非改めてチェックしてみてください。映画の中の世界をここまで体験できることはなかなかありません。

今後のUSJに期待!フロリダではもう始まっている…

これだけすごいものを作ってしまったUSJには、今後も期待大です。すでにフロリダのユニバーサルオーランドリゾートで導入されている新要素を一部紹介します。

なんと、先ほど紹介しましたホグワーツ特急ですが、飾ってあるだけかと思いきや、実際に走らせちゃいました!ユニバーサルオーランドリゾート内の、ユニバーサル・スタジオ・フロリダアイランズ・オブ・アドベンチャーを行き来できます。9と3/4番線を再現し、柱から入る仕掛けもあるとか。その他、グリンゴッツ銀行の中に入れるスリリングなアトラクション、夜の闇横丁夜の騎士バスフォトロケーションなどまさに1日では見きれません。

繰り返しになりますが、先日、2年目ということでUSJではハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーが3D化されるなど、進化は止まりません。ということは…日本にやってくる日も近いかも!?まずはこの夏、ハリーポッターシリーズを全作品チェックして、その上で映画の中の世界を実際に楽しんでみてくださいね!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 通りすがりのポップコーン
    5.0
    私の青春。アズカバンの時に初めて映画館で見てから、親に頼んでDVDを借りて賢者の石から見返した。本と照らし合わせて見るともっとハマる。ただのファンタジー映画じゃない。まじ人生。まだみんな無邪気。可愛い。
  • いながき
    4.2
    私の中の、魔法使いとか魔女のイメージを作った映画 家に手紙が届かないかなとかすごい妄想した! 地味に伏線とかもあって面白い。ただ、真相がわかったときのインパクトは個人的にはあまりなかったかも。 小道具とか、お城とか、魔法とか、なんか世界観にワクワクドキドキした!
  • まあむ
    4.0
    記録
  • Saku
    3.0
    意外とちゃんと見たことなかったハリーポッターをいちから鑑賞。 第1作目。吹き替え鑑賞。 賢者の石に関しては何度となく観ていたので展開が分かりつつも楽しめた。 吹き替えも含めて役者が幼くて可愛かった。 魔法学校っていつ見てもかっこいいなと思う。
「ハリー・ポッターと賢者の石」
のレビュー(134875件)