愛の告白とオマージュ【知れば知るほど解らなくなる映画の話(9)】

Why So Serious ?

侍功夫

どうも、侍功夫です。

好きな芸能人の髪型や私服に憧れて、同じ髪型にしたり同じものを買ったことは、誰でも1度はあると思う。あの行為を映画製作において行うのが今回のテーマ「オマージュ」だ。

よく「パクリ」と混同されがちだが、そのあたりの違いについてはコチラを参照。つまり、作家が自作を通して他の映画へ愛の告白をしている情景が「オマージュ」になる。今回はそんな、映画に対する愛に溢れた描写を取り上げていく。

『ドッペルゲンガー』の『レイダース 失われたアーク』

新作散歩する侵略者でついに「宇宙人による侵略」をテーマに取り上げた黒沢清監督。かねてからスティーヴン・スピルバーグのファンであることを公言していたが、よもやソコでソレを!?とファンのド肝を抜いた場面だ。

om01

ドッペルゲンガー
医療関連の技術者が開発したロボットを巡る争奪戦の中、悪漢が廃屋に侵入すると階段の上から巨大なミラーボールが転がってくる。

レイダース/失われたアーク《聖櫃》
冒頭、チャチャポヤン寺院の殺人カラクリ場面へのオマージュである。

『レイダース〜〜』が公開された当時から当該場面はCMなどで繰り返し放映され、パロディでもよく引用された有名な場面ではあるが、静謐でシックなトーンの黒沢作品に突如として投入されたインパクトは絶大であった。

上記したように数多くの(主にパロディ)映画などで引用された当該シーンだがスター・ウォーズ/フォースの覚醒では、『レイダース〜〜』でインディ・ジョーンズを演じたハリソン・フォード本人が、転がりながら襲ってくる猛獣“ラスター”を前に、オリジナルと全く同じボディアクションも加えて再現したのも記憶に新しいところだろう。

スピルバーグ

日本を代表する名監督である黒沢清からも愛の告白を受けるスピルバーグ。新作では、狂ったようなサブカルチャーアイコン総出演の嵐と、マイケル・ベイの十八番を奪う大破壊のスペクタクルを見せるレディー・プレイヤー・ワン(原作)予告が解禁され、世界中のボンクラを歓喜の渦に叩き込んでいる。

そのスピルバーグの作品には、シネフィルらしい多くのオマージュが散見される。

『激突!』の『大アマゾンの半魚人』

om02

TVムービーながら、スピードとサスペンス溢れる展開で全世界にスピルバーグの名を轟かせた激突!。カーチェイスがメインになるのだが、トラック運転手の顔を写さずトラック自体を意思のあるモンスターのように見せることで意図的に「怪獣映画」として演出されている。

ラストで、トラックがくぐもった咆哮をあげながら崖から落ちていく時の“咆哮”が大アマゾンの半魚人の「半魚人」ギルマンの叫び声なのも、その証左である。

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の『キングコング』

ロスト・ワールド/ジュラシック・パークラスト。本土に連れてこられたTレックスのお母さん。子供を追いかけ、ひとしきり大暴れしたところで摩天楼のビル群と満月を背景に咆哮をあげる。これはキングコングで月を見たコングが故郷を思い、月に近づこうとエンパイアステートビルに昇る場面へのオマージュだ。

物言わぬTレックスが望郷の思いを抱いていることを表している。

『宇宙戦争』の『ゴジラ(1954)』

om03

宇宙戦争
突如現れた三本足のロボット“トライポッド”が世界各地に出現。人々は逃げ惑い、トム・クルーズ演じるレイも息子と娘を連れて、ニュージャージーから2人の母親のいるボストンへ向かう。途中、暴徒に車を奪われ、しかたなくフェリーに乗り込む。と、フェリー乗り場を見下ろす丘の上にトライポッドが出現する。

この場面、1954年の最初のゴジラで初めてその姿を現す大戸島の場面そっくりに作られている。かつてローランド・エメリッヒがリメイクGODZILLA ゴジラを作ると聞き「オリジナルへの冒涜にしかならないからやめなさい」と直接諌めたと言う伝説を持つスピルバーグによる「怪獣ってのはこう撮るんだよ!」という思いの篭った鳥肌モノの名場面だ。

ゴジラ

スピルバーグも大ファンである世界に誇る日本の大スター、ゴジラ。当然のように多くの作品からオマージュが捧げられている。

海からやって来る

om04

巨大ロボットと大怪獣が戦うパシフィック・リムでは“カイジュウ”は太平洋に開いた時空の裂け目から出てくる。そのため、必ず海の中から現れる。これはゴジラが必ず海から登場することへのオマージュだ。

破壊者として

om05

日本ではオシャレ系と紹介されることが多いレオス・カラックス監督が、東京をテーマに韓国のポン・ジュノ、フランスのミシェル・ゴンドリーと共に作ったオムニバス作品TOKYO!の一編「メルド」。ドニ・ラヴァン演じるメルド(フランス語で「クソ」)が登場し、あたるを幸い破壊の限りを尽くす。この時に鳴り響くのが伊福部昭による「ゴジラのテーマ」である。

カラックス監督の今のところ最新作であるホーリー・モーターズでも、「メルド」が登場し、伊福部サウンドをまたもや鳴り響かせている。

大スター!

om07

最近は豪放らい落さを持ち味にヤクザ俳優としても活躍する吉川晃司。彼のデビュー曲「モニカ」発表とほぼ同時に公開された映画がすかんぴんウォークだ。劇中、吉川演じる民川裕司は東京湾から泳いで(しかもバタフライ)芝浦から上陸すると走って新橋、銀座を通って皇居の手前で左折しバスに乗って国会議事堂あたりを通って六本木の喫茶店バイト求人に駆け込む。

このルート俯瞰して見ると「U」の字を描く不自然な遠回りをしていることがわかる。実はこれ、1954年のオリジナルゴジラの東京上陸ルートなのである。

大のゴジラファンでも知られる大森一樹監督が東宝製作である本作に吉川晃司へ「ゴジラのような大物になるんだぞ!」という思いを込めた場面なのだ。

照れるし恥ずかしいしクドいとめんどくさいのがオマージュ

最初に「オマージュ」を「好きな芸能人と同じ髪型や同じ服を着る行為の映画版」と評したが、例えばその格好を好きな芸能人本人に見られるのは恥ずかしいのではないだろうか?

なので、本人にバッタリ会っても(もしくは誰かに指摘されても)恥ずかしさが軽減されるよう自分なりに少しアレンジしたりエッセンスとして取り入れるなどすると思う。

映画も同様で、上記したいくつかの例はそれぞれ「かなり上級なオマージュ」と言えるだろう。センス良く、まったく同じにはせず、それでもギリギリ好意は伝わる、そんな名場面ばかりだ。

逆に、愛が強すぎて観ていて恥ずかしくなってくるようなオマージュも存在する。ブライアン・デ・パルマ作品に登場するヒッチコックへのストーカー並のオマージュの数々。

また、クエンティン・タランティーノのオタク趣味のコレクションをゴッソリ見せられたようなジャンル作品の羅列などがその代表だろう。

オマージュとは、上手な愛の告白同様に上品でささやかながら強い愛を感じさせるようなものこそ「上手なオマージュ」と言えるだろう。しかし、デ・パルマやタランティーノのような不器用で一方的な情熱をグリグリと押し付ける情景も、その潔さには感嘆せざるを得ない。

【あわせて読みたい】
 知れば知るほど解らなくなる映画の話(8)〜メタファーってなに?〜
 知れば知るほど解らなくなる映画の話(5)~「ホラー映画を観る」ということ~
 【ネタバレ注意】『バットマンvsスーパーマン』解らないアレやコレ教えます!
 Filmarks期待度No.1!ノーランがノーランを超えた究極の映像体験『ダンケルク』
 『散歩する侵略者』が描く“未知の”侵略…大切な人が侵略者に体を奪われた、そのとき妻はー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • OCHANG
    3.7
    毎度のタイトルから想像できる展開を逸脱するパターン。もう一人の自分に振り回されるコメディ。役所広司がヤサグレてる役演じるヤツは大体良い。ユースケ・サンタマリアにマヌケな役やらせるというキャスティングの妙。後半の追いかけっこ展開はシュール。登場人物大体不死身。柄本明の退場は斜め上。
  • あな
    3.0
    思ってたよりもコミカルな雰囲気。黒沢監督のホラー作品といえば、妙な不気味さが特徴的で、今作にもそれはあるのだが、他の作品に比べたらやや薄口な印象を受ける。 今作、話の筋が結構独特なだけに、展開が読みずらいところがあって、そこがある意味での新鮮さを感じ、意外と楽しめた。役所広司さん、ユースケ・サンタマリアさん、矢作博美さん等々の役者さんたちも、それぞれいい演技をしていた。やはり黒沢作品には、役所広司さんがよく合う! 前半の、自分のドッペルゲンガーと出会うまでの展開は、観賞前の作品の印象のそのままの恐怖展開で、それはそれで面白かったのだが、中盤からのハチャメチャ展開も結構好きだ。ドッペルゲンガーと鉢合わせたら、それで終わりかと思っていたら、結構喋るし、役に立つ!なんじゃこりゃ!と狐に化かされた気分になった。ロードムービー的なシーンもあったりして、ホラーとは別の角度から楽しむことができた。
  • マヒロ
    4.0
    人工人体を研究する研究者・ハヤサキ(役所広司)は、周囲の期待の大きさに反してスランプに陥っており、精神的に追い詰められていた。そんなある日、自分にそっくりな男が突然目の前に現れる…というお話。 映画始まってしばらくはいかにも黒沢清映画という感じの不穏な雰囲気に満ち満ちていて、風で揺れるカーテンと人気のない部屋の底冷えするような不気味さは流石といった感じの恐ろしさ。題材的にもこのままホラー一直線なのか…と思っていると、ヘンテコなタイトルシークエンスを皮切りに、徐々におかしなことになっていく。 まぁ、役所広司が同じ画面に二人出てくる絵面からして既に面白いのは面白いんだけど、この映画はサスペンス・ホラーの皮を被ったコメディなのだった。 内に秘めた暴力性が顕在化した役所と、それに翻弄される役所と、ドッペルゲンガーのお話としては非常に分かりやすいんだけど、そこに妙にシュールなギャグと黒沢印の無機質な暴力が加わり、笑っていいんだか悪いんだかというものすごく変な空間が形成されている。 暴力描写に関しては最早セルフパロディみたいになっていて、全くカットを割らずに画面内で巻き起こる暴力に最初はやっぱりウワッとなるものの、今作はその描写がやたらと多くて、次第にレンチとかトンカチでベチベチ殴ってるのが面白くなってくる。それはそれでアンビバレントな感じで怖いっちゃ怖いが。 後半は役所開発の人工人体の奪い合いになっていくんだけど、ここからはもうスラップスティックコメディの域に達していて、ごく軽いノリで人が死に、かと思ったらさっき死んだように見えた奴がしれっと舞い戻ってきたり、とにかくめちゃくちゃになっていく。ここら辺…というか全体的に妙なノリが続くので、乗り切れない人にとってはかなり退屈な時間になりそうだなというのは自分で観てても思ったんだけど、個人的には割とハマってしまった。 ただ、監督自身もこの映画をどうするのか決めあぐねていた感があって、ラスト突然雰囲気が変わって"良い話"になってくるのも、オチが思いつかないからとりあえず…という感じがした。そのテキトーなのもまたこの映画っぽさがあって面白いんだけどね。 (2019.33)
  • 片腕マシンボーイ
    1.8
    「スペル」に続き2作連続ホラーかと思って借りたのにホラーじゃなくてガッカリしたヤツ!スンスン しかも「スペル」みたいに凶悪なババアみたいな鉄板ネタも出てこないから笑えもしないし… そっくりさんと性格は真反対やから喧嘩なんよ!って話 マシンボーイってば黒沢清の映画で初めて観たんが「Seventh Code」やねん、あれめちゃ好きや!あっちゃんがめちゃカッコ良くて大好きや! でさ、黒沢清の新作「旅の終わり世界のはじまり」はさ、「Seventh Code」同様にあっちゃん主演でさ、「Seventh Code」がオールロシアロケやったんに対してオールウズベキスタンロケやろ? え…続編なん?あの衝撃のラストから続編できたん?なってめちゃワクワクしてん、いや、多分続編ではないんやけど、それでも楽しみやわ、ぺろぺろ でもさ、「Seventh Code」以外に観た黒沢映画はどれもあんまり面白くなくてさ(「散歩する侵略者」の真宙くんと祐里ちゃんのぺろかわ宇宙人コンビの活躍だけはめちゃ好きやが、ぺろぺろ)、本作も期待せずに、ホラーのメジャー作品塗りつぶす作戦の一環や!と義務感から観たんやけどさ… 想像を遥かに超える退屈さに3日掛かりやったわ、ってか2日連続で仕事終わって帰ってから観たら15分くらいで落ちたから、3日目は朝早く起きて仕事行く前に観た、まぢ努力 これは…多分、黒沢監督的にはギャグなんよな?え、本気? とりあえずマシンボーイの琴線やチン線には掠りすらせず、特に後半のグダグダ珍道中に関してはな、はよ終わらんかなぁ…、ずっと思いながら観てたよなぁ あの珍道中ってばちゃんと脚本あるんかな?展開が雑過ぎてその場の思いつきでやってるとしか… 他には…フレーム遊びが本作の最大の魅力かなぁ、あとは役所広司と役所広司のイチャイチャと、ロボットのバタバタくらいしか見どころ無し! とりあえず「旅の終わり世界のはじまり」は観る気まんまんやけども、このホラーのメジャー作品塗りつぶすシリーズでは黒沢監督作品スルーしても良いかな? それともオススメある?黒沢清ファンって結構いるんよな… あ!日朝にレビューアップする時よくする関係ない話して良い? 「スーパー戦隊 最強バトル」終わったな!4話目最終話にしてようやくルカちゃんが大活躍でマシンボーイはキュンキュンしたぞぉ!マーベラスを踏んづけるヤツとか!「お仕置きしてやる!」とか!ルカちゃんまぢキュン!ぺろぺろ、マーベラス羨ましいが過ぎる!これで鞭のルカちゃんだけちゃうくて、飴のアイムちゃんいたら最高やったんやけどなぁ んでさ、来週からの「騎士竜戦隊リュウソウジャー」なんやけどさ、今日ながれた予告に威吹鬼でてなかった?ビックリした!威吹鬼活躍するなら俄然楽しみ!唯一の女の子メンバー可愛ければ良いけど…
  • kirio
    2.9
    やっぱり、唐突なカッティングと間が怖い黒沢清作品。
「ドッペルゲンガー」
のレビュー(1220件)