『民生ボーイと狂わせガール』で恋に溺れる愚かな男を演じる妻夫木聡が目撃した愚かな人間たち

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

g1

現在公開中の妻夫木聡主演映画奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール恋に溺れる男の愚かさをポップに描いた映画ですが、同じく妻夫木聡主演で人間の愚かさを乾いたタッチで描いたのが愚行録

今年2月に公開されましたが、もうDVD出てるんですね、早い。

DVDのいいところは観終わった後にすぐに観返すことができる点ですね。今作も頭から観返すと、ラストと冒頭の妻妻夫木聡の行動がリンクしてくるし、些細な仕草や表情が実は「衝撃のラスト!」への伏線になっていたことにも気づけますよ。

未解決の一家惨殺事件を追う妻夫木聡

妻夫木聡が演じるのは未解決の一家惨殺事件を追う記者です。同僚や上司は「忘れられた事件をなんで今頃……」と呆れていますが、妻夫木聡「時間が経ったからこそ出てくる証言もあるはず」関係者への取材を開始します。彼にはこの事件を追う本当の理由があるのですが、それはラストまでわかりません。

殺害されたのは絵に描いたような幸せな家族で近隣の住民にも感じが良かったのですが、関係者への再取材によってこの家族の「真相」が暴かれていきます。

g3

関係者が語る愚行の数々

関係者の証言により害者夫婦の過去の行動が明かされていきますが、同時に関係者たちのクズっぷりも露呈されます。こんな証言を誇らしげにのうのうと語る姿こそが愚行そのものではないかと思えてきます。

特に、臼田あさ美の証言が面白いです。有名私立大学には内部生と外部生で格差があるようで、その辺りでの女性同士のマウンティングが壮絶ですし、その奥に日本の階級社会の歪みが見えてきます。

g2

証言の積み重ねによって被害家族と関係者たちの本性を描くストーリー展開がすごく上手いです。社会構造の歪みが生んだ闇と、その闇が引き起こした猟奇的な犯行の真相が次第に暴かれていきます。

臼田あさ美を筆頭にみんなのびのびと「クズ人間」を演じているのも楽しいです。特に松本若菜の演技が素晴らしくて僕に権力があったら彼女に助演女優賞を差し上げたいです!

また、わざわざポーランドからカメラマンを呼んで撮影しただけあって、引き締まった黒と淡色での色構成や、幾何学的で大胆な構図がカッコイイんですよ。

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』』と併せて、ぜひ愚行録ご覧ください!

g4

【あわせて読みたい】
 映画を彩る狂わせガールたち!魔性の女の魅力にハマる
 大ヒット間違いなし!『散歩する侵略者』黒沢清監督のあの“ダークファンタジー”を復習しようよ!
 【カップルで観ちゃいけない映画!?】男らしさの崩壊!危機的状況で現れる男の本性とは?
 ダニエル・ラドクリフ、最新“主演作”で死体を熱演!?愛おしくてたまらない大傑作『スイス・アーミー・マン』
 貸し切り映画館気分が味わえる!シネフィルのためのオンラインサービスって知ってる?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • yuri
    3.5
    重い 想像以上に重いテーマだった けど、これを観た自分を肯定する気もある。 殺害された家族の夫婦の生前についてのストーリーは、男と女の生物的な生理的な嫌なもんをパッケージした人物像で、 日本は格差社会ではなく階級社会なんですよ を、誰が観てもそうそうと頷けるものに仕上がってたように思う。 割と多くの日本人が、この手のタイプの人に一度は遭遇したことがあるのでは。 と、核となる事件を取り巻く描写がありつつの、それを追う記者の抱えるものが、まあ重い。 これって妻夫木くんと満島ひかりでなければここまで奥行きのある感じにならなかったかも。ただ重いだけの映画って悲惨でしょ。 次はライトめの鑑賞を控えているので、それが救いかも。 雨の日とか気分が落ちてる時に観るべきではないです。
  • minami
    -
    難しい?
  • ピッペンx
    3.8
    人の嫌な所がリアルに出てて面白かった。 小出恵介の役がぶっ飛び過ぎてて、愚行が過ぎる所があるかな?と思っだけど。 満島ひかりかわいい。 妻夫木はどの映画でも毎回イケメンなのに、それが嫌味にならないのすごい。
  • みぃ猫
    3.7
    貫井徳郎さん原作の小説。原作既読。 原作を読んでから鑑賞したので、結末をわかっていたにも拘らず救いようのない後味の悪さに顔をしかめて鑑賞してしまう程キャストの演技が素晴らしかった👏👏👏 特に満島ひかりさんと妻夫木聡さんの心に闇を抱えてる感はセリフが無くとも立ち居振る舞いでその思い雰囲気を醸し出していました。 また、話が進むにつれ2人が抱えている闇が明らかになるのですが、2人の共通の秘密が明らかになった瞬間、観ている側の私たちはドッと疲労感に似た重いものがのしかかって来ます。 メンタルが元気な時の鑑賞をオススメします。
  • 松瀬研祐
    3.8
    原作を先に読んでから映画を観た。原作に関しては、とても後味の悪い作品だという印象だった。映画は、冒頭のバスのシーンの画からとても引き込まれた。バスの中でのわずかなやりとりで主人公の心性を表現しているように思えた。その後もいろいろな場面で画に引き込まれる。きれいというには不謹慎な物語が進行していくが、強い印象を残す画がいくつもある。 主人公の妻夫木さんがとある女性を手にかける場面の引きの画が、印象深い。 映画『渇き』もそうだったし、なんなら『ジョゼと虎と魚たち』もそうかもしれないが、妻夫木聡さんは、どこか他人に対してドライに、自分本位に振る舞う役を演じるとなんだかとても印象的な気がする
「愚行録」
のレビュー(14196件)