海外メディアが絶賛!望まない結婚、許されない恋、17年の時を経て知った真実の愛…衝撃のフランス映画がついに日本公開

2017.10.03
特集

FILMAGA編集部

フィルマーくま

イタリア人作家ミレーナ・アグスのベストセラー小説「祖母の手帖」を元にし、第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品、フランスのアカデミー賞と言われるセザール賞では主要8部門にノミネートされたフランス映画愛を綴る女が10月7日(土)より公開されます。

「闘いと狂おしいまでの愛への賛美」(ELLE)や「情熱的な欲望が奏でる美しい旋律」(Le Figaro)など海外メディアでも絶賛されるほど、愛を求め生きた女性の17年間の物語。
ひと足先に鑑賞したFilmarksユーザーのレビューとともに、そのみどころをご紹介します。

愛を綴る女

 

愛とは何なのか考えてみたくなる…最後の最後まで見逃せない作品

1950年代、南仏プロヴァンス地方の小さな村で両親と妹と暮らしていたガブリエル(マリオン・コティヤール)は愛に飢え、最愛の男性との結婚を熱望していたものの、地元の教師への恋に破れて自暴自棄に。
そんな彼女を「狂っている」と疎む両親から病院に行くか結婚するか選択を迫られ、親が決めたスペイン人労働者のジョゼ(アレックス・ブレンデミュール)と結婚。
「絶対に愛さない」と誓い合うものの、妊娠、そして流産してしまうガブリエル。その原因が彼女の腎臓結石とわかり、アルプス山麓の療養所で6週間の温泉治療へ。
気が進まない治療生活だったはずが、そこでガブリエルは帰還兵のアンドレ・ソヴァージュ(ルイ・ガレル)と出会ってしまい……。

ひとりの女性の少女時代から結婚、夫がいながらの恋愛、そして出産・子育てまでの17年間を描き、そして最後にようやく真実の愛を知るというストーリー。ただ愛欲におぼれた女性を表現しているだけではない衝撃的な作品です。そして観終わったあと、「愛とは何か」自分の経験と照らし合わせながら考えてみたくなる奥深い映画でもあります。

愛を綴る女

■美しいだけのマリオン・コティヤールだけでなく、ひたすら夫の愛が素晴らしいと感じた。また切なさとチャイコフスキーが合いすぎていてさらに切なくなった。(5rilakkumaさん)
■真っ直ぐな愛情それだけを起点として生きることはどれだけ尊いことだろう。こんなにも誠実な愛を注げる人がこの世界に存在することを他人ながら幸福に思う。と同時に、そういった対象がひとりひとりに本来は用意されているものだと信じたい。(YUI-Sさん)
■悲しく、そして壮大。愛って、家族って、こころって、そんな簡単なことじゃなかった。これが愛だ、解るか?と問われた気分。(nicomaryさん)
■幻覚と幻聴か。はたまた現実だったのか。恋愛ミステリーのような映画。フランス映画の静かに流れる雰囲気に対して苦手意識はあったけれど、この作品はあっという間にストーリー展開をし、最後には驚かされる結末でした。(maru1125さん)

ヒロインの姿を見れば、信念を貫き通す勇気が湧いてくるかも!?

愛について考えさせられるだけでなく、特に女性にとっては生きづらい世の中を乗り越える力を与えてくれる作品にもなるかもしれません。
愛がないとはいえジョゼという夫がいながらも、療養所で出会ったソヴァージュに想いを捧げるガブリエル。彼と離れてしまった後も、彼女は必死に手紙を綴り続けます。
愛がなければ生きていけないと言わんばかりに、ガブリエルが想い人へ情熱的になってしまうのは、その背景に人と違うと異端児扱いされ、親から十分に愛情を注がれてこなかったことも一因としてあるのでしょう。
しかし彼女は、たとえ他人に狂気に満ちていると思われようと自分が求めている愛を手に入れるために本能の赴くまま生きる女性です。

一方、さまざまな社会的なしがらみや他人の目線を気にして、愛はもちろんほかの事柄もつい打算的な選択をしてしまう現代女性は少なくないのではないでしょうか。でも何の計算もなく、愛へ真摯に向き合うガブリエルの姿を見れば、信念を貫き通す勇気が湧いてくるかもしれません。

■愛と狂気の境目があやふや。ガブリエルを愛に生きる女と見るか、狂った女と見るか。私は、ただひたすら愛を求め続けたように思えたから、ガブリエルの正直な言動に嫌悪感は抱かなかった。(nakanipiさん)
■理性のふっとんだ様やそれに反したたまに妹との会話に見せる笑顔や、最後ジョゼを見つめる目の優しさとか、マリオン・コティヤールの凄まじい繊細な表現力を見せつけられました。(otsukamizukiさん)
■主人公・ガブリエルの激し過ぎる愛が苦しくて切ない。追い求める愛と静かに見守る愛。冒頭の場面から繋がる思いがけない結末に驚きました。(marks0701さん)

繊細で複雑なキャラクターを演じきった実力派俳優たちのおかげで奥深い作品に

激情的であり、所作の一つひとつに官能的な雰囲気をまとうヒロイン・ガブリエルを演じたのは、『エディット・ピアフ〜愛の賛歌』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したマリオン・コティヤール。
そして、高い感受性と儚さゆえに魅力を放つ帰還兵アンドレ・ソヴァージュは、フランス映画界で絶大な人気のあるルイ・ガレルが、情熱的なガブリエルとは逆に静かに彼女を見守る夫・ジョゼをヨーロッパ映画界で近年頭角を現しているアレックス・ブレンデミュールが演じました。

どのキャラクターも繊細で複雑な感情を持つ難役。でも実力ある主要キャストのおかげで、喜怒哀楽や緩急に満ちた物語がさらに趣深いものになっています。
ちなみに監督は、『愛と哀しみのボレロ』などで女優として活躍したニコール・ガルシア。役者としての経験があった彼女だったからこそ、ここまで演技に魅せられる作品ができあがったのだとも考えられます。

愛を綴る女

■マリオン・コティヤールの演技に引き込まれました。フランス映画が苦手な方でも嫌いじゃない内容だと思う。ファッションと音楽が個人的にはとても好みでした。(acconeさん)
■全編を通してガブリエルの湧き上がる愛と怒りの心の動きに引き込まれました。マリオン・コティヤールが素晴らしかったです。(ariitakuさん)

ラベンダー畑に穏やかでさわやかな海…プロヴァンス地方の絶景や劇中曲にも注目!

南仏のプロヴァンス地方が舞台のこの作品。自然あふれる絶景ばかりで、畑一面に広がるラベンダーの鮮やかな紫色や、穏やかで透明度の高いさわやかな海など、映し出された景色を楽しむのもおすすめ。
ほかにも劇中で流れるチャイコフスキー<四季>の「舟歌」も必聴です。その味わいある楽曲を堪能するだけでなく、ガブリエルとソヴァージュをつなぐキーとなる曲なので、物語をさらに深く読み解きたいのであれば、この音楽が流れるシーンをお見逃しなく。

愛を綴る女

■細やかで繊細な映像、音、すてきな風景。いつもあまり好んで観ないフランス映画だけど、なかなかよかったです。(norimakihawaiさん)
■久し振りに観たフランス映画。一筋縄ではないストーリーライン。でも好きだな、こんな感じ。陰影が綺麗でそこも良かった。こういう映画こそ映画館に足を運んで欲しいと思った。(sara12moonさん)
■全編を通じて映し出される情感たっぷりの風景や音楽も美しかったです。とても良い作品でした。(riot009さん)

◆映画『愛を綴る女』 information

愛を綴る女

あらすじ:南仏の小さな村に暮らす若く美しいガブリエル。最愛の男性との結婚を熱望しながらも、地元の教師との一方的な恋に破れ、不本意ながら両親の決めた正直者で情の深いスペイン人労働者ジョゼの妻となる。「あなたを絶対愛さない」「俺も愛していない」。そう誓いあったにもかかわらず、日々、近づいては離れる官能的な夫婦の営み。そんなとき、流産の原因が腎臓結石と診断され、アルプスの山麓の療養所で温泉治療することになる。そこで、インドシナ戦争で負傷した「帰還兵」アンドレ・ソヴァージュと運命的な出逢いを果たす。それは彼女が綴る清冽な愛の物語の始まりとなるのだった――。

上映時間:120分

10月7日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!

公式サイト:http://aiotsuzuru.com/
配給:アルバトロス・フィルム
(C)(2016) Les Productions du Trésor – Studiocanal – France 3 Cinéma – Lunanime – Pauline’s Angel – My Unity Production

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ジニョク
    4.7
    最近観たラブストーリーの中では個人的に断トツ1位!!! あくまでも個人的に、しかも女性視点です◡̈❁ ちょこっとあらすじ☆ 両親の決めた相手と望まない結婚をしたガブリエル(マリオン・コティヤール) 夫はスペイン人労働者のジョゼ(アレックス・ブレンデミュール) 「あなたを絶対に愛さない」といきなり戦線布告なガブリエル。 そんなガブリエルが腎臓結石の療養所で本物の愛に出会ってしまう。。。 旦那さんのジョゼ氏がなんとも憐れでやるせない! 結婚前からガブリエルに淡い恋心を抱いていたし強く出れないのは分かるけど 無口なこのジョゼ氏に同情しちゃいます。 ガブリエル! なんて女だ! となるところなんだけど、そこはマリオン・コティヤールが演じてるわけだから贔屓目に見ちゃうんだよね〜。 そしてまた彼女に感情移入しちゃうんです。 ↑ここ、女性視点です。 男性側からしたら憤慨するかもです。 恋に落ちた時の喜び。 共に生きて行きたいと願うも叶わぬ想い。 現実に引き戻されたその後も彼を想い恋い焦がれる切ない気持ち。 手紙を書いて返事を待つ間の待ちきれない思い!(今はLINEやメールだけど) 分かります!分かります!分かります!笑 ここで憐れなジョゼ氏のことは吹っ飛んでしまいまして、ガブリエルと共に私の感情も切ない度マックス! フランス映画っていーなぁ〜! こうゆうの観ると改めて思います。 美しい街並み、物憂いようなあの独特な雰囲気、そして愛の国! それにこの映画、音楽がめちゃくちゃ良いんです! チャイコフスキーの “舟歌” 有名だし知ってる曲ではあったけど更に好きになりました♪ マリオン・コティヤールの裸体も美しい! ルイ・ガレルとのベッドシーンは官能的です! いーなぁー(*´∀`*) 一瞬の激しい愛と永遠の寛容な深い愛。 ラストも秀逸〜♥︎︎∗︎*゚ これ、昨夜観たやつです。 レビュー書きながらまたもや寝てしまい、すでに明け方。。 今日はお仕事お休みして『グッバイ・ゴダール』観てきます☆ あっ、またルイ・ガレルだ!
  • susumutakeda
    3.5
    人生のタイム感は人それぞれ違えど、人生の中でどれだけの時間を費やしたと思ってしまう。切ない・空しい、それでも妻に死んでほしくなかったと言える亭主に共鳴も感動もできない。 でも昔はどこでもあった結婚観だったんだろな。
  • Nちゃん
    3.8
    フランス南部の小さな村に暮らす若くて美しいガブリエル。 彼女は最愛の人との理想の結婚を思い描きながら、両親の決めた正直者で情の深いスペイン人労働者のジョゼと不本意な結婚生活を送っていた。 ジョゼはガブリエルに献身的に接するが、ガブリエルは「あなたを絶対に愛さない」と強く誓うのだった。 ある日、持病である腎臓結石の治療のためアルプスの山麓にある療養所で治療に送られたガブリエルは、そこでインドシナ戦争で負傷した帰還兵アンドレと運命的な出会いを果たす。 「妄想の恋」と「現実の恋」 女性なら誰しも運命の王子様に出会えるもんだと思っているし、そんな人と出会って幸せになりたいと思ってる。 ガブリエルはその想いが人一倍強く、いつか自分もそうなると思っていたのに妄想癖の強いガブリエルを見兼ねた母親は強引に村の労働者ジョゼと結婚させたせいでその夢を見られなくなってしまった。 そんなとき持病の治療先で出会った帰還兵アンドレと出会い、一瞬にして恋をする。 だが幸せな日々は続かなく、体調を崩したアンドレはリオンの病院へ。 実はこのときアンドレはリオンの病院で亡くなっていたのだ。 ここからはガブリエルの妄想で、アンドレが施設に帰ってきていると知り慌てて駆けつける。ガブリエルとアンドレは深く愛し合い、ガブリエルの退院後も手紙を送り合い、いつの日かまた会えるようにと約束するのだった。 ガブリエルは退院後も何通も手紙を送るが一切返事が返ってこず、ガブリエルは妊娠する。もちろんアンドレの子供だと思って。後にジョゼとの子供と知る。 子供が生まれて10年経ってもアンドレのことが忘れられず、いつも頭の隅に彼の存在があった。ある日家族でリオンを訪れた際に、アンドレの住む住所を見つけ、慌てて彼の住むアパートへ訪れる。 しかしそこにはアンドレの姿はなく、あの日リオンの病院で亡くなっていたことを知るのであった。 いつまでも夢を見ていたガブリエルを支え、何があってもガブリエルの味方でそばにいたジョゼがいたからこそ、こんな生活を続けてこれたわけで。 運命の王子様を待つのもいいけど、身近なところに自分を愛してくれる人がいることにもう少し早く気づいてほしかったな。 ジョゼは本当のことを全て知っていたのにガブリエルに打ち明けなかったのはガブリエルに「生きてて欲しかった」からで、そこもジョゼの優しさと愛があるからこその行動。 それに身を持って痛感し、ジョゼの愛に気が付けたガブリエルにはこれから本当の愛を知り、ジョゼを心から愛せるだろう。 ガブリエルを演じたマリオンコティヤールの官能を楽しめると買いてあるが、エロいという意味ではなく、官能を取り入れた純愛映画と言えるだろう。
  • SHO
    3.5
    美人 こんな展開になるとは思わなかった
  • naoko
    -
    なんともなんともなんとも ただの官能的だけの内容だと思ったら全然違くてよかった チャイコフスキーはやっぱり素敵な曲ばかり
「愛を綴る女」
のレビュー(506件)