ジュリアン・ムーア、女優魂爆発!俳優の持つパワーに圧倒される『アリスのままで』

映画が好きなただのBar主人

店主

俳優の存在・演技力だけで映画そのものの魅力が決まる作品があります。この『アリスのままで』もそんな作品のひとつ。

近年数多くの作品に出演し、年々映画界でその存在感を増していくジュリアン・ムーアが遂にアカデミー主演女優賞を獲得したことでも話題の一本です。

アリスのままでポスター画像

© 2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

病気と闘う女性を描いた感動作!だけでは終わらない本作

コロンビア大学で言語学の教鞭を取り、キャリアも家庭も順風満帆な人生を送る50歳のアリス。しかし日々の生活の中で記憶が抜け落ちることに違和感を覚え、病院に通うもアリスは若年性アルツハイマーと診断されてしまいます。

戸惑いながらアリス本人もその事実を受け入れ、日々を暮らしていくのですが、次第に記憶が保てなくなりやがて人格までも崩壊していくように・・・

というのが大まかなストーリー。病気と闘う女性の姿と家族愛に感動するヒューマンドラマ・・・ と観る前はそんな印象を持つ方が多いと思います。勿論それは間違ってはいませんが、この『アリスのままで』はただそれだけで片付けれる映画ではなかったのです。

別の角度で観ればある意味ホラー?

本作ではアリスのアルツハイマー病が進行していく過程を淡々と描いております。様々な困難に直面しつつも家族のサポートを受け、病気と向き合いながら日々を闘っていく姿が胸を打ちます。

アルツハイマー病患者が集まるシンポジウムにて、アリスがアルツハイマー患者としてスピーチをする感動的なシーンが中盤にあります。感動作として終わらせるならここがハイライトとなり映画のラストシーンになるでしょう(ここで終わっても素晴らしい作品には違いありませんが)。

still alice

© 2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

だが『アリスのままで』はここで終わらないのです。

このスピーチの後アリスの病状は悪化し、どんどん物事は忘れ人格も変わり果て、家族もそれぞれのエゴが強くなっていく現実をこれでもかと観客は見せつけられます。ここでは奇跡なんて起きません。

アリスがトイレの場所を忘れてしまい尿を漏らすシーンでは館内がどよめいた程(悲鳴をあげた人も)。観ようによってはホラー映画よりもゾッとしてしまいます。

本作のタイトル「アリスのままで」とはよく言ったもの(原題は「Still Alice」)。アリスがまもとな会話が出来ない状態にまでなって物語は終了します。そのラストシーンで「Still Alice」と大きくタイトルバックが出現しますが、考えようによっては強烈にブラックではないでしょうか。

監督を務めたリチャード・グラツァーは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の合併症で本作公開後に亡くなっており、もしかしたら別の病気ながら監督自身の心情も映画に投影されているのかもしれません。

本作の最大の魅力はジュリアン・ムーアの演技

この映画最大の魅力はジュリアン・ムーアの演技に他なりません。アルツハイマー病が進行していく初老の女性という難しい役柄を自然体で見事に演じ切っており、彼女はまさに「アリス」そのものでした。熱演という言葉を通り越して憑依しているといっても過言ではありません。

still alice

© 2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

元々ジュリアン・ムーアは長い下積みから這い上がってきた遅咲きの苦労人。オスカーを受賞した今、ハリウッドを代表する女優として誰もが認める存在でしょう。男優では50歳を過ぎても主役は張れますが、女優は50歳を過ぎるとなかなか主役は張れないのが現実(メリル・ストリープぐらいではないでしょうか)。

だがジュリアン・ムーアは50歳を過ぎても女優として堂々と主役を張れる力量をこの映画で示しています。ジュリアン・ムーア以外の女優がアリスを演じていたら、それこそ“普通”の映画になっていたかも。彼女の力強い演技だけで本作を観る価値は十分過ぎる程あります。

無駄な装飾のない真摯な演出と演技が観る者を魅了する

ただ泣きたい! 感動したい! という方にはお勧め出来ないかもしれません。観る人によって評価は分かれると思いますが、確実に観た者の心に残る作品となるでしょう。それはジュリアン・ムーアの演技があってこそですが、無駄のない丁寧な演出がそれを引き立て、見事なまでに格調高い作品に仕上げております。

ヒューマン・ドラマ好き、もしくは俳優の素晴らしい演技を堪能したい方に是非とも観て欲しい本作。特に女性ならジュリアン・ムーアの演技に感銘を受けるのではないでしょうか(男の筆者でも感銘を受けました)。

一人の俳優の力だけでここまで映画は素晴らしくなるのかと、改めて感嘆させられました。ジュリアン・ムーアの女優魂、ここにあり! 

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ぼのぼのが
    3.2
    ジュリアン・ムーアの演技力が凄かった
  • ざきを
    5
    若年性アルツハイマー病にかかり、自分が自分でなくなっていく悔しさ。でもその悔しさも忘れていき、最後は悔しいとかいう感情を感じなくなってしまう。アリスが悔しさを忘れていくのと反比例するかのように家族や周りの悔しさが募っていく。「なんで彼女が?」「なんかもっとやってあげられることがあったんじゃないか?」って。 その気持ちが、その過程が無駄なく織り込まれている。観ていて辛いけど、アルツハイマーは85歳以上の4人に1人はなる病気。長生きできる世の中になったから生まれる長寿病。この事実は知っておくべきです。 私の祖母はかれこれ1年近く入院している。ことの発端は「認知症」。今までできていたことが急にできなくなって、できない自分を恥じて、感情が曇っていってしまった。それからなかなか話もできないようになって。今では寝たきり。お喋り好きの祖母だった。学校帰り炬燵に座って一緒に宿題して、勉強して、お話ししてくれる祖母が大好きだった。小学校の先生だった祖母は色んなことを教えてくれた。親がいない日には激甘のスクランブルエッグを作ってくれた。その私の大好きな祖母は今は、もう私の名前を呼びもしないし、名前を呼んでも顔もむけてくれない。「後悔先に立たず」と言う言葉があるように、「あのときもっと目を見てお話ししていたら」って思うことがいっぱい。人生ってかけがえのない時間ばかりなんですよね。もう一度祖母と話せるのなら、私はなんだってする。そして「おばあちゃん、ありがとう」って一言を伝えたい。
  • ねこまるキャット
    3.7
    若年性アルツハイマーの主人公が記憶を失っていく過程を描いた映画。 見ていてとても辛い気持ちになりますが、一度は見ておくべき作品でした。 大学教授の主人公。長年積み上げてきた知識を生徒に与える立場でありながら、脳細胞が死んでいく恐怖、積み上げてきたものが崩壊していく絶望。 癌なら良かったと嘆き、自分が自分じゃなくなっていき、その感情すらもなくなっていく。 もし自分が主人公の立場だったら、なんて考えるだけで、辛さに押し潰されそうになる。 「50回目のファーストキス」のような作風でも辛いのに、こちらの作品はリアルに描く分、楽しむという事が出来ない。 とにかく辛い。 人生なんて良い思い出作って死んでいくのが目的なのに、生き続ける事でそれが消えていき、家族性で遺伝していくなんて、残酷すぎる。 「私の頭の中の消しゴム」とかは映画として感動して、泣きましたが、こちらの作品は感動というか、本当に辛いです。 辛いって何回言ってんだろ。 自分の中では「火垂るの墓」とか「はだしのゲン」とかと同じ類になるかもしれません。 でも一度は見ておいた方がいいかと思うので、見た事ない方がいたら是非🐈 辛い。
  • notcinefil
    4.2
    ロヒプノール大量に飲めるように仕込んでたけど、ロヒプノールいつ処方してもらったんだろう?10年前に北米行く時にハルシオンもロヒプノールも(アメリカでデートレイプドラッグで悪用されまくったから)持ち込み禁止で睡眠障害の私は偉く難儀したのでiPhoneを使ってる時代ならまともな医者からは違法だから処方されないはずなんだ… 多分そこは瑣末な話なので大部分の人は気にならないだろうし別に気にしなくてもいいんだけど、もしかしたら似たような状況にいる人が模倣しないようにあえて今簡単に手に入らない薬をあそこで使ったのかな? これ「リア王」なんだって思った。家族の中に理解者がいない末娘が家族から浮き始めたリア王に寄り添うように、彼女もまた母親を助けに来て寄り添ってる。彼女だけが。 健在な時の母親まあまあ毒親だったじゃん、自分の生き方押し付けてコントロールしようとして。子供達のうち兄は優秀だしマザコンぽいし何も反抗する要素がなくて姉はミニママで同じように末娘に彼女たちの望む生き方を押し付けて親の言う通りにしないお前が悪いと取り締まる。比較的末娘の味方として仲裁に入る父親もエリート一家のエリート構成員なので「落ちこぼれ」扱いされてる彼女を理解してるつもりでも真に寄り添えてない。 そんな孤独と一人で戦ってきた彼女の立場に突然母も落とされる。この家族は「弱さ」を許さない「弱さ」があって、自分たちがスーパーエリートだからそんなことにすら気づいてない。特に姉の「弱さ」の扱い方は本当に酷い。「若年性アルツハイマー病」という釣書だけでそう接するべきだと判断して実際の母の状態に寄り添えてない。弱いから現実を見据えることができない。あれが世間一般の「いい人」、「いい人と思われたい人」。でも本当に「いい人」で「強く優しい人」なのは末娘。彼女の美徳は家族の誰にも評価されてない、その恩恵を最大限に被ってる母はもう評価する能力持ってないからね。 あの状態の母に対しては今度は逆に末娘がコントロールしていくらでも彼女が母から受けてきたように高圧的に振る舞うことができるんだけど、彼女はそうしない。彼女は母からの愛を長い時間をかけてやっと初めて手にしている。彼女が欲しかったものをこの状態になってやっと母は受け渡すことができている。 私、毒親がこうなってはっちゃける子供のことよくわかんなかったんだけど、そこまでして親の愛を欲するほど希望なんか持ってないんだけど、やるなら支配し返す復讐だろうし、そんな復讐するのも馬鹿馬鹿しいから距離取って見捨てるだけだと思うんだけど、優しい人は切り捨てずに最後に愛を与えてもらうワンチャンにかけるんだ、となんとなくではあるけど初めて腑に落ちた気がした。 家族性アルツハイマーの遺伝子陽性の姉、絶対腹の中では母親のこと恨んでるからね。ああいう「いい人」つくづく苦手だわ。
  • Madoka
    5
    めちゃ泣いた
アリスのままで
のレビュー(14844件)