ジュリアン・ムーア、女優魂爆発!俳優の持つパワーに圧倒される『アリスのままで』

映画が好きなただのBar主人

店主

俳優の存在・演技力だけで映画そのものの魅力が決まる作品があります。この『アリスのままで』もそんな作品のひとつ。

近年数多くの作品に出演し、年々映画界でその存在感を増していくジュリアン・ムーアが遂にアカデミー主演女優賞を獲得したことでも話題の一本です。

アリスのままでポスター画像

© 2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

病気と闘う女性を描いた感動作!だけでは終わらない本作

コロンビア大学で言語学の教鞭を取り、キャリアも家庭も順風満帆な人生を送る50歳のアリス。しかし日々の生活の中で記憶が抜け落ちることに違和感を覚え、病院に通うもアリスは若年性アルツハイマーと診断されてしまいます。

戸惑いながらアリス本人もその事実を受け入れ、日々を暮らしていくのですが、次第に記憶が保てなくなりやがて人格までも崩壊していくように・・・

というのが大まかなストーリー。病気と闘う女性の姿と家族愛に感動するヒューマンドラマ・・・ と観る前はそんな印象を持つ方が多いと思います。勿論それは間違ってはいませんが、この『アリスのままで』はただそれだけで片付けれる映画ではなかったのです。

別の角度で観ればある意味ホラー?

本作ではアリスのアルツハイマー病が進行していく過程を淡々と描いております。様々な困難に直面しつつも家族のサポートを受け、病気と向き合いながら日々を闘っていく姿が胸を打ちます。

アルツハイマー病患者が集まるシンポジウムにて、アリスがアルツハイマー患者としてスピーチをする感動的なシーンが中盤にあります。感動作として終わらせるならここがハイライトとなり映画のラストシーンになるでしょう(ここで終わっても素晴らしい作品には違いありませんが)。

still alice

© 2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

だが『アリスのままで』はここで終わらないのです。

このスピーチの後アリスの病状は悪化し、どんどん物事は忘れ人格も変わり果て、家族もそれぞれのエゴが強くなっていく現実をこれでもかと観客は見せつけられます。ここでは奇跡なんて起きません。

アリスがトイレの場所を忘れてしまい尿を漏らすシーンでは館内がどよめいた程(悲鳴をあげた人も)。観ようによってはホラー映画よりもゾッとしてしまいます。

本作のタイトル「アリスのままで」とはよく言ったもの(原題は「Still Alice」)。アリスがまもとな会話が出来ない状態にまでなって物語は終了します。そのラストシーンで「Still Alice」と大きくタイトルバックが出現しますが、考えようによっては強烈にブラックではないでしょうか。

監督を務めたリチャード・グラツァーは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の合併症で本作公開後に亡くなっており、もしかしたら別の病気ながら監督自身の心情も映画に投影されているのかもしれません。

本作の最大の魅力はジュリアン・ムーアの演技

この映画最大の魅力はジュリアン・ムーアの演技に他なりません。アルツハイマー病が進行していく初老の女性という難しい役柄を自然体で見事に演じ切っており、彼女はまさに「アリス」そのものでした。熱演という言葉を通り越して憑依しているといっても過言ではありません。

still alice

© 2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

元々ジュリアン・ムーアは長い下積みから這い上がってきた遅咲きの苦労人。オスカーを受賞した今、ハリウッドを代表する女優として誰もが認める存在でしょう。男優では50歳を過ぎても主役は張れますが、女優は50歳を過ぎるとなかなか主役は張れないのが現実(メリル・ストリープぐらいではないでしょうか)。

だがジュリアン・ムーアは50歳を過ぎても女優として堂々と主役を張れる力量をこの映画で示しています。ジュリアン・ムーア以外の女優がアリスを演じていたら、それこそ“普通”の映画になっていたかも。彼女の力強い演技だけで本作を観る価値は十分過ぎる程あります。

無駄な装飾のない真摯な演出と演技が観る者を魅了する

ただ泣きたい! 感動したい! という方にはお勧め出来ないかもしれません。観る人によって評価は分かれると思いますが、確実に観た者の心に残る作品となるでしょう。それはジュリアン・ムーアの演技があってこそですが、無駄のない丁寧な演出がそれを引き立て、見事なまでに格調高い作品に仕上げております。

ヒューマン・ドラマ好き、もしくは俳優の素晴らしい演技を堪能したい方に是非とも観て欲しい本作。特に女性ならジュリアン・ムーアの演技に感銘を受けるのではないでしょうか(男の筆者でも感銘を受けました)。

一人の俳優の力だけでここまで映画は素晴らしくなるのかと、改めて感嘆させられました。ジュリアン・ムーアの女優魂、ここにあり! 

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • QP
    3.5
    『癌ならよかった』どちらも辛いわな 家族性アルツハイマー、初めて知ったけどこれまた辛いな 序盤にTWDのゲイブリエルおったww
  • じゃりん小鍋
    5
    この検査はしたくない
  • とりもも
    3.8
    言語学教授のアリスが若年性アルツハイマーにおかされる。治療薬は無く記憶力を何とか止めようと努力するものの、病状は無常にも進んでゆく。かつてのアリスが病状が進んでいるアリスの為に残したメッセージ。実行しようとするアリスを複雑な気持ちで見つめるしかない。ホッとしたような、そうで無いような。自分だったら、と考えずにはいられない。
  • あちゃん
    3.7
    言語学者のアリスは 医者の旦那と3人の子供に囲まれ 幸せに過ごしてした 50歳にして単語が出て来なくなり 道を忘れる症状が出始め 若年性アルツハイマーと診断される ‎𓂃 𓈒𓏸 言語学者が言葉を忘れていく 今まで自分が培って来た知識が無くなる 知識人だったアリスにとっては なんとも耐え難い苦痛だろう この設定が主人公の病気との葛藤を よりリアルに表している しかも家族性で 遺伝した際の発症率は100% 自分の娘にも遺伝していた (ここもう少し取り上げて欲しかった) 少しずつ少しずつ無くなっていく 知識も記憶も思い出も アリスの「癌だったら良かった」というセリフに 私は頭を鈍器で殴られるくらいの衝撃を受けた 忘れることのほうが辛い…そうだよね わたしも癌の方がいいな 忘れると言うことは忘れられる側にも 辛く悲しい思いをさせてしまうから。 それを察知してか症状が悪化する前に アリスが未来のアリスに向けて撮った動画は とても考えさせられた。 記憶が無くなった状態で取るべき行動なのか否か 全て忘れても愛だけは忘れることなく アリスの中に刻み込まれていた 私だったら最後に残る記憶はなんだろうな…
  • 千年女優
    4
    言語学の分野で活躍するコロンビア大学の教授で、愛する医師の夫と各々の道を進む三人の子供と50歳の誕生日を祝ったばかりのアリス・ハウランド。順風満帆な人生のはずが若年性アルツハイマー病を宣告されて戸惑う彼女が日々記憶が薄れていく恐怖と対峙する様を、それぞれに異なる反応を見せる家族の様子と共に描いたドラマ映画です。 神経科学者のリサ・ジェノヴァがハーバード大学医学部在職中に自費出版して300万部近く発行されたベストセラー小説をALSを患うリチャード・グラツァーが闘病中に映画化した2014年公開の作品で、アレック・ボールドウィンやクリステン・スチュワートに囲まれて熱演を見せたジュリアン・ムーアがアカデミー賞主演女優賞を獲得しました。 専門家が執筆した小説が原作だけあって、単にこの病気を題材としたドラマティックなストーリーとはしておらず、遺伝性と言われる認知症の発症前検査と発症後の命の行方という、状況によってはほとんどタブーとも言っていい二つの要素を、前者は家族の、後者は主人公の選択として描きます。様々な形で認知症の「今」を綴った一作です。
アリスのままで
のレビュー(16835件)