日本未公開作品がもりだくさん!注目のアジア映画も観られる話題の“オンライン映画館”って?

デジタルスクリーン

都内の一部でしか上映されることがないようなミニシアター系のインディペンデント最新映画や、日本初公開の映画、今話題になっている映画に注目している映画好きの方にオススメのオンライン上の映画館デジタルスクリーン

現在上映されている作品の中から、注目の映画や特集上映をピックアップ!

デジタルスクリーンだけで期間限定で公開しているいまここでしか観られない映画をぜひお楽しみください!

【あわせて読みたい】

【映画好き必見!】最新ミニシアター作品をオンライン上で鑑賞できるサービスとは?

ナチスドイツに引き裂かれた父と息子の絆を描いた感動作【日本未公開作品】

戦場のブラックボード

デジタルスクリーン
(C)Nord-Ouest Films

1939年、ドイツ。ベルギー人である父子、ハンスとマックスはナチスドイツから逃れようとフランスに引っ越すが、ハンスは不法滞在とされて地元警察に逮捕され、マックスはフランスの農村に住む女性教師に引き取られる。偶然から脱獄に成功したハンスは息子マックスとの再会を目指すが……。巨匠エンニオ・モリコーネの楽曲が響く名作! デジタルスクリーンだけで期間限定公開中!

鑑賞はこちら

まもなく上映終了! 韓国映画史を塗り替えた最高のエンタテインメント!

LUCK-KEY/ラッキー

デジタルスクリーン
(C)2016 SHOWBOX AND YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

日本アカデミー賞を始め、名だたる映画賞を受賞した内田けんじ監督・脚本の映画『鍵泥棒のメソッド』を元に韓国映画らしいエクストリームなテイストを加え大胆にアレンジした伝説の殺し屋と売れない貧乏役者ジェソン。偶然居合わせた銭湯でジェソンがロッカーの鍵をすり替えたことで2人の立場は入れ替わる。しかしそのことがとんでもない事態を招くことに……! 9月29日(金)まで上映。

鑑賞はこちら

超豪華キャストでお送りする香港発の本格サスペンス

愛・作戦

デジタルスクリーン
(C)MATV

倦怠期を迎えた彼女のアチンとの仲を一新すべく、看護士のアユイは彼女とヨーロッパ旅行へ出かけようとする。しかし、駐車場に停めておいた愛車が盗まれ2人は大喧嘩、そのまま別れてしまう。まもなく、アユイは盗まれた愛車を発見し、喜んでアチンに電話をするが、車内には麻薬の運び屋・シンの一味が潜んでいた。彼らに拉致されたアユイの運命は……。9月29日(金)より公開。

鑑賞はこちら

2大イケメンスター共演の刑事アクション映画!

プレイボーイ・コップス

デジタルスクリーン
(C)MATV

香港の刑事・マイケルは親の金を派手に使って事件を解決している。同僚達からは嫌われ、付けられたあだ名が“プレイボーイ・コップ”。そこへ大陸からリン刑事がやってくる。彼の目的は殺された兄の事件の調査。マイケルは彼に協力するが、父親が破産してしまい金に頼らず実力で事件を解決しなければならなくなる。そんな彼らの前に大きな困難が待ち受ける……。9月29日(金)より公開。

鑑賞はこちら

守るべきは自分か、仲間か!?

東京闇虫パンドラ

デジタルスクリーン
(C)2015「東京闇虫パンドラ」製作委員会

ネットカフェを寝床にしている家出少女の結衣は、仲間たちと援交デリヘル嬢をして生活費を得ていた。ある事情から大金を稼がなければならない結衣だったが、仲間が客に暴力を振るわれたことから自分たちだけで仕事を仕切ることの限界を悟る。そんな折、仲間の紹介でヤクザの鯖田と知り合った結衣は、鯖田の後ろ盾を得てさらに稼いでいくが……。10月4日(水)より公開。 

鑑賞はこちら

香港映画スクリーン

徹底的にエンタテインメントを追求し、世界中から高い評価を得ている香港映画が遂に「デジタルスクリーン」に登場! ブリジット・リン、ジェット・リー、チョウ・ユンファといった豪華キャストの作品、アクション、コメディ、恋愛映画など続々公開します! ぜひお楽しみに!

オンライン映画館「デジタルスクリーン」とは?

デジタルスクリーン2

デジタルスクリーンは、インディペンデント作品を中心に、最近では映画館で上映される機会が少なくなった地域・内容の作品を、オンライン上映として早期に期間限定でご覧いただける、まったく新しいコンセプトのサービスです。

すでに映画館で上映している新作映画や国内初公開作品、過去に劇場公開された名作などのリバイバル上映など、年間100作品以上を上映予定! あなたの好きな場所、好きな時間に映画館にアクセスして気になる映画をチェックできます。 会員登録は無料! まったく新しいタイプの映画館デジタルスクリーンで、ぜひ映画の世界に浸ってください!

公式サイト:https://digitalscreen.jp/
提供:デジタルスクリーン
(C) DIGITAL SCREEN. All Rights Reserved.

※記事中でご紹介した鑑賞・特集ページのリンク先は、現在PCのみで閲覧可能です

【あわせて読みたい】

【デジタルスクリーン×Filmarks】オンライン映画館だけで観られる作品を一挙ご紹介!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • imurin4
    4.2
    安心感ある作品だったな。 何も考えずにみてられた。役者さんみんな良かった!
  • マコティヌス
    4.1
    おもれえなあ
  • leiene1991
    4
    結構前に観て書いたつもりだったけど、原作となる「鍵泥棒のメソッド」を観たタイミングで思い出しながら書いていきます。 これはもうユ・ヘジンの映画といっても過言ではない。 コミカルでユーモアたっぷりな役所は勿論いいし、「レッスル」なんかそうでしたけどキリッとした顔は時々カッコよくて、コメディが似合うけど幅広い役作りができて、いい意味でスター然としてないので作品に大衆性をもたらしてくれる稀有な俳優さんだと思います。 今回そのユ・ヘジンが冒頭演じるのが殺し屋で、もうこのキャスティングが決まった時点で勝ちじゃないですか イメージとかけ離れた役とのギャップに加えて、元々殺し屋だった男がアルバイトする事になった飲食店で魅せる繊細な料理の腕前とのギャップとか最高です あとオリジナルではあまり描かれてなかったけど、主人公が俳優として成功していく様子も観てて楽しい このあたりオリジナルを踏襲しながら上手く脚色しててさすがだなっていう感じ。 ユ・ヘジン好きには堪らない1本。
  • チョンマル
    4.5
    めちゃめちゃ笑って面白かった。ユヘジンがおじさんだし、ブスだし。なんだけどどんどん好きになっちゃう。 韓国映画にありがちな後味の悪さ一切無しの娯楽映画。オススメ❗
  • 遥かなる想い
    2.5
    2016年韓国映画。イ・ゲビョク監督。 ユ・ヘジン、チョ・ユニ、イム・ジヨン、イ・ジュン。 伝説の殺し屋が、銭湯で頭を打ったことにより、 記憶を失い、貧乏役者と入れ替わりになってしまう コメディ映画。 楽に楽しめるのが、心地よい。
LUCK-KEY/ラッキー
のレビュー(2248件)