日本未公開はあまりにも惜しいケヴィン・ベーコン主演映画『レールズ&タイズ』

世界が最後の日でも私は映画を観ている。

山下真冬

山下真冬です。長らく映画まみれ。こよなく映画を愛する東京OLです。
「映画はとても個人的なものだ」を胸奥に、低予算映画を中心に紹介してゆくつもりです。

かつてケヴィン・ベーコンを有名にしたのは青春映画『フットルース』の踊る高校生役だった。

ケヴィン・ベーコンは、『激流』(94)、『告発』(95)、『スリーパーズ』(96)などに代表されるように、 今や深刻かつ癖のある役どころを難なくこなす実力派俳優であるがゆえ、最近では2016年に公開された『ブラック・スキャンダル』(15)においても、また2017年に日本で公開された『パトリオット・デイ』(16)においてもFBI局員という離れ業。毎年FBI。役者として信頼されている証拠とも言えますね。哀愁漂う近頃のケヴィン・ベーコンは、渋い味わいでとても素敵です。

しかし、かつてケヴィン・ベーコンを有名にしたのは、青春映画『フットルース』(84)です。映画が大当たりし、主題歌も爆発的にヒットする。『フットルース』はその典型とも言える映画でした。今から30年以上も前に公開された『フットルース』は当時、主演の高校生役を演じたケヴィン・ベーコンを世界的に有名にしました。2011年にはリメイク版も製作され、舞台化もされましたので、ケニー・ロギンスが歌う「フットルース」を聴いたことがある人は大勢いると思います。

フットルース

1978年の映画デヴュー以来、数多くの映画に出演してきたケヴィン・ベーコンですが、彼の出演映画は、100%までとはいきませんが、7割~8割は観てきました。その中で作品的に好きな映画は、断然、ジェームズ・ワン監督の 『狼の死刑宣告』(07)と、今回紹介する『レールズ&タイズ』(07)です。

 『ビューティー・ショップ』(05)をご覧になった方はご承知でしょうが、ケヴィン・ベーコンにはコメディがしっくりこない。きっと観客の多くも人間の内に秘めた凶暴さをケヴィン・ベーコンが今度はどう演じてくれるのかに期待してしまっているのかも知れません。『COP CAR コップ・カー』(15)も正にそんな映画でした。そう考えると、『フットルース』から、数十年かけて、様々なキャラクターを演じ、役者として今の立場を確立したケヴィン・ベーコンには敬服してしまいます。

本作はクリント・イーストウッドの愛娘アリソン・イーストウッド初監督作品

レールズ&タイズ

『レールズ&タイズ』の監督は、あのクリント・イーストウッドの愛娘の一人であり、女優経験もある、アリソン・ イーストウッド。その上、音楽はこれまたクリント・イーストウッドの愛息のカイル・イーストウッドです。

『レールズ&タイズ』は、2007年製作の日本未公開作品で、邦題は原題の『RAILS & TIES』をカタカナにしただけの地味なものですが、実は物すごく深読みの余地を持ったタイトルなのです。

決して愉快な作品ではありませんが、映画のない日常は想像すら出来ないわたしが、2009年中に鑑賞した295本の映画の中で、最も好きな映画の中の1本です。

本作のストーリーと登場人物

愛し合いながらも、過酷な現実に向かい合うことで、むしろぎくしゃくしてしまう一組の夫婦。それがケヴィン・ベーコン演じる列車運転士のトムとマーシャ・ゲイ・ハーデン演じる看護師のミーガンです。

妻のミーガンは、あらゆる事柄の中でも女性が心から想像したくないことに直面しています。乳癌です。子供に恵まれず、夫婦二人で長らく暮らしてきたトムはそのことを認められずにいます。
 
働いている方がマシという状況下でトムが運転していた列車の前に、線路で立ち往生している一台の車。その車中には母と息子。まだ27歳の若い母親は、ほぼ寝たきり。11歳の息子デビーは家事までこなしながら、そんな母に寄り添い生活しています。きっとそれは久し振りの母と息子の外出。そこにトムの列車が車めがけて突っ込んでくる。

前方の障害物に気がついた運転士のトムは、ここで急ブレーキをかければ列車は脱線しかねない、そう判断したわけですね。しかしそのことで母を失うことになったデビーは、列車の運転士トムを恨み、なぜあの時ブレーキをかけてくれなかったのかと里親の元を逃げ出してまでトムのもとを訪ねてくるわけです。
 
デビーの登場によって夫婦が初めて経験する子供がいる空間。それはデビーにとっても、まるで父と母が揃ったような初めての体験。ぎこちなさの中にたえまない母性と培われてゆく父性をみたとき、胸が締め付けられるようでした。

デビーを演じる当時子役のマイルズ・ヘイザーは抱きしめたくなるほど可愛いくて、こぼれ落ちる大粒の涙は忘れがたいのですが、その子役に全く喰われないケヴィン・ベーコンとマーシャ・ゲイ・ハーデンの凄み。俳優として長らく活躍することの稀有さをこの作品を通して見せつけられました。
 
登場人物は決して多くはありませんが、無駄のない台詞、それぞれの眼差しが語ることの深さ、 思い知らされる男女の差、人生の皮肉さ。重いドラマとは言えるものの、泣かせましょう的な湿っぽい演出がなされていないところは、流石に乾いた映画を得意とする父親譲りを感じさせる映画です。

本作のタイトル『RAILS & TIES』のRAILS は、線路やレールという意味だけでなく、物事や人々を運ぶための道筋のことでもであり、TIESは、縦横する列車と心が結んだ縁。そしてそれらは、背負った哀しみをほどくものでもあったわけですね。観終わってみれば、まさしくこの映画は、『レールズ&タイズ』。まるでどんよりとした雲の隙間から、透き通るような空が見えたような、寂しさと人恋しさが詰まった温かい映画です。上映時間約1時間40分。このざわめきある静かな余韻を是非。

【あわせて読みたい】
 【リアリティを追求した★4.0の感動作】犯人逮捕までの緊迫した102時間を描く《奇跡の実話》が誕生!
 男も惚れる男!ブラッド・ピットが演じた「同性にモテるキャラクター」ベスト3
 なぜか目が離せない…名だたる監督たちから寵愛される俳優アダム・ドライバーの魅力
 全米初登場No.1大ヒット!米映画レビューサイト99%大絶賛!映画の常識をくつがえすサプライズ・スリラー『ゲット・アウト』
 下劣、ゲス、クズ…共感度0%、不快度100%のラブストーリー『彼女がその名を知らない鳥たち』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 3.4
    ピアノ 妻の病に目を背けていた鉄道技師のトム 不慮の事故で出会った少年と交流するうち、次第に夫婦の絆が再生されていく アリソン・イーストウッドの初監督作品 夫婦、家族の在り方について 病気は辛いけど現実を受け入れないと 色んなが要素ある作品でした 雰囲気 終始重たい感じだった 役者の演技が良かったです
  • naonyan
    4.0
    始まった時点から奥さんの余命がいくばくもないのがわかっていて、出だしからとても暗い。そして事故。重ね重ね暗い。ずっと泣いてる感じ。悲しみがすこしづつ変化してラストへ向かう。話の行方は大方わかっているけれどとても良い映画。ケビン・ベーコンも、奥さん役の女優さんも、子役の男の子も、すごく良い。監督はクリント・イーストウッドの娘さん。やっぱり良い。
  • がい
    3.8
    2018年の締めはベーコンで いやいやいやいやこんなベーコンがあったとは 結果 泣く 大晦日に大いに泣く そして一足早いお年玉→プレゼント場面でベーコンの頭をかく仕草&「ん〜〜ん♡」という字幕にならない台詞←ベーコン最高。 追記!!!少年役のマイルズ・ハイザーくんって「LOVE,サイモン」のあのカワイイ男の子役!!!←伝われ→うゎゎゎゎゎいい具合に成長してる!!!←大晦日の収穫
  • つるみん
    4.0
    マーク数から考えると久々に隠れた名作を発見。 監督は本作が初監督作となるイーストウッドの娘アリソン・イーストウッド。そしてもちろん音楽は兄のカイル・イーストウッド。才能の血が受け継がれている事を証明する一作となったに違いない。 この映画を簡潔に言うと〝疑似家族〟の感動物語といったところか。その1つ1つの描き方が非常に繊細で、登場人物の心情の変化を徐々に描いていくのだが、その持っていき方(構成)が上手すぎる。クリント・イーストウッド同様、1つのセリフも無駄にしない、画を丁寧に見せる几帳面さ。手抜きが一切無いと素人目からでも分かる映画だったからこそ、心に響くものは大きかった。 主演はケビン・ベーコン。もちろん彼の演技は文句なし。ただ今回はその妻役であるマーシャ・ゲイ・ハーデンが素晴らしい。余命僅かのガン患者を演じるのだが、後半になるにつれ身体の苦しさが伝わってくる。自分が後悔なく生きれたか?と問いただした時によぎる子供を作れなかった事。最期の願いではないが、後悔なくこの世を去りたいという思いがダイレクトに伝わってくる、母性感じる素晴らしい演技。思い出しただけで泣きそうになるが、本当に彼女の演技は凄かった。 そして子役のマイルズ・ハイザー。彼も良い演技をしていた。自分を責めてしまう、あのシーンは見ていて胸が苦しくなる。 悲劇の重なりが思わぬ形で光を灯す、この物語は暗い雰囲気というより優しく温かい映画であって人の生と死を大切に描いている傑作。日本では2年越しのDVDスルーだったらしい……
  • なお
    4.5
    初鑑賞だけど、とても好きな映画です。 トムが運転する列車が線路内に侵入した車に衝突。親子が乗車していたが母親は即死、息子は助かるが、息子はどう生きていくのか… 仕事一筋で不器用な夫が妻の為に徐々に変化していくのを演じるのがケヴィン・ベーコン、末期ガンに侵された妻役にマーシャ・ゲイ・ハーデン、この女優さんがとても良かった。言葉がなくても全身から優しさが滲みでてます。 久しぶりに何回も涙しました。 これ泣きそうかもではなく、気がつくと涙してる映画。この感覚が観終わってもすごく心地良かった。 本作は、日本では未公開とは残念。 ケヴィン・ベーコンも良かったし、おすすめの一本です。
「レールズ&タイズ」
のレビュー(188件)