戦争は子どもの目にどう映るのか。『リトル・ボーイ 小さなボクと戦争』

世界が最後の日でも私は映画を観ている。

山下真冬

反戦映画に少年ありき

「死者のみが戦争の終わりを見てきた」

ブラックホークダウン』(01)では冒頭に、『戦場カメラマン』(09)では最後に引用されるプラトンの言葉です。

反戦映画は数えられないほど存在していますが、父親と少年と言えば、古くはヴィットリオ・デ・シーカ監督の名作 『自転車泥棒』(48)があります。子供の目を通して語られる戦争は、様々な不条理さを浮き彫りにし、あらためて戦争の不毛さ、残酷さを大人たちに突きつけるものです。

自転車泥棒

私自身、積極的に戦争映画を観ているとは言い難く、何故ゆえ腰が引けているのかといえば、心の痛みに加え、戦闘シーンに対する恐怖です。特にリアルさを追求した近年のVFX技術による戦闘シーンをスクリーンという大画面で観るのは、本当に怖い。

それでも今年6月にメル・ギブソン監督の『ハクソー・リッジ』が日本で公開され、続いて7月にはクリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』が公開されましたので両作品観てきましたし、軍兵士40万人という『ダンケルク』とは対照的な、ほぼ一人芝居ともいえる『ザ・ウォール』も観てきました。結果、視覚と並んで大型スクリーンにつきものの大音響による迫力ある音の怖さも十分思い知らされました。

戦争映画の役割のひとつが過去を忘れるなということであるなら、戦闘シーンがない作品でも十分に価値ある映画になりうるわけで、結局のところ、心に刺さる反戦映画は戦闘シーンの有無に関わらず、覚悟がいるということを思い知ったわけですが、そんなわたしがここ10年以内のアメリカ製作の反戦映画にあって、特に女性にお勧めするならば、ポール・ハギス監督の『告発のとき』(07)と女性監督キンバリー・ピアースの『ストップ・ロス/戦火の逃亡者』(08)、そして今回ご紹介する『リトル・ボーイ 小さなボクと戦争』(14)です。

本作のストーリーと登場人物

この作品は戦地が舞台ではなく、戦地にいる、愛する人を待つ人々のお話しです。1977年にメキシコで誕生したアレハンドロ・ゴメス・モンテヴェルデ監督による、上映時間106分のとある家族の物語。

時は第二次世界大戦下。カリフォルニア州にある小さな漁村。長男に代わって、戦地に赴くことになった父親とその父を相棒と慕う8歳の息子ペッパー。町の誰よりも背が低いことから、リトル・ボーイとからかわれていたペッパーは、「愛する者が戻る」ことを信じ、何とかして父親を戦場から呼び戻そうと、司祭から受け取った古くから伝わる願いが叶うというリストを手に必死で奔走するというストーリーです。

リトル・ボーイ

そのリストとは、「飢えた人に食べ物を」「家なき人に屋根を」「囚人を励ませ」「裸者に衣服を」「病人を見舞え」「死者の埋葬を」そして司祭が自ら書き加えた「ハシモトに親切を」の全部で7つ。ハシモトはある日、ペッパーが住む町に移り住んでくる日本人男性です。当然、周囲の影響もあってペッパーもハシモトを敵視しています。

その日本人ハシモト役を演じるのは、ケイリー=ヒロユキ・タガワ。東京生まれですが、5歳でアメリカに移住して、現在はハワイ在住。アメリカ国籍を取得している日系アメリカ人二世の俳優です。長いキャリア。控えめな演技の中に重厚感がありました。

この映画を通して、私たち日本人が当時アメリカからどう思われていたのか、それがシンプルにわかりやすく描かれているからこそ、複雑な気持ちになるのは避けられません。どちらにも正義があって、誤解があって、偏見がある。それは戦争の宿命ですが、敵意むき出しの米国を目の当たりにすれば、不愉快さがないと言えば嘘になります。

それでも敵国同志のはざまにあって、まだ難しいことは理解が出来ないペッパーだからこそ持ち得た感情と決断、見えないものを信じる気持ち。純粋でひたむきなペッパーが、自分を取り巻く白人社会の中で、父親不在以来、味方と確信し、勇気を与えてくれるのがハシモトであるということは、この映画の要と言えると思います。

主人公のリトル・ボーイことペッパーを演じる、可愛いとしか言いようがないジェイコブ・サルバーティは2003年生まれで撮影当時は10歳ぐらい。そして母親役が何と言ってもエミリー・ワトソンですからものすごい安定感。エミリー・ワトソンが映画の中で場違いなことなどありえないので、安心して鑑賞ができました。彼女は本当に眉間のしわが似合いますね。

その他、司祭役にトム・ウィルキンソン、近所の悪ガキの父親であり、医師役にはケヴィン・ジェームズ、奇術師役にベン・チャップリンと何気にキャストが豪華。そしてどうしても最後に伝えたいのが、父親ジェームズを演じたマイケル・ラパポートです。彼は映画好きの方なら、「あっ見たことがある」という俳優ですが、ただ何に出ていたのかすぐに思い出せない。そんな彼が出番は少ないながらも、最後まで鑑賞し終われば、主演の一人として、存在感を残せていたのが、個人的にはとても嬉しかったです。

日本人が鑑賞することを全く前提にしていない作品ゆえに、日本人として観て良かったと思えた映画。要所要所の台詞に味があって、現実とおとぎ話のバランスがシリアスな内容に魔法を効かせていました。そこは脚本に携わったアレハンドロ・ゴメス・モンテヴェルデ監督がアメリカ人でなかったことが要因かも知れないですね。わたしはこのラストで良かったと思います。

歩み寄ることの大切さ、迷いがあってこそ人は価値ある選択が出来るということ、リトル・ボーイ、ペッパーは優しくそう教えてくれます。

【あわせて読みたい】
 日本未公開はあまりにも惜しいケヴィン・ベーコン主演映画『レールズ&タイズ』
 “涙活”映画で泣けない人でも泣ける“号泣活”映画9本!
 あなたが『この世界の片隅に』を観なくてはいけない5つの理由
 【★4.0の青春映画】『キングス・オブ・サマー』をオンライン上で観れるのはココだけ
 原作ファンも高評価!今彼と元彼の間で揺れる 青春から一歩先、等身大の恋愛映画『南瓜とマヨネーズ』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 一路
    3.9
    主人公ペッパーは小柄な体型のため、周りから「リトルボーイ」と呼ばれている。でも彼は誰よりも純粋な心の持ち主で、大きな力を秘めている。最初は仕方なしに付き合っていた日本人のハシモトとは、ハシモトのウィットに敬服し、自然と本当の友だちになっていく。
  • JUN
    3.5
    奇跡≠偶然。信じる力が奇跡を起こす。特に子供は純粋だけあってその力が強いと感じさせられる。 お父さんを思うリトルボーイことペッパーと、それ温かく見守る家族や街の人が微笑ましい。 夕陽や緑が生える田舎風景が美しく、そこにお洒落な服装のリトルボーイがマッチ。 ただ、広島に投下された原爆の光景をあそこまで生々しく映像化する必要もなかった気が。
  • のぶ
    -
    #リトル・ボーイ小さなボクと戦争 父も母も、兄もハシモトも、息子を日本軍に殺され彼を襲うもう一人の父も、ペッパー少年も皆、それぞれ傷ついていく。アメリカでは第2次世界大戦の事を「良い戦争」というそうだが、そんなもの本当にはないのだ。明るい色調だが、結構ハラにズシリとくる一本。
  • ホワイト犬
    3.6
    司祭さんの きみの、気持ちが わたしにこのビン を動かさした。 がすき
  • megさん
    4.2
    少年とハシモトさんとを本流に観るのだが、アメリカの閉鎖的な田舎町の戦時下の人々にとっての戦争はどんなものだったのか、街の教会はどんな存在だったのかが日本とは違う感に溢れていて とても不思議な感じだと思いながら経過していく。 そうしたら、ジャップの連発の後、『リトルボーイ』のニュースを朗報だとするシーンに、日本人としては えー、そんなぁと思わざるを得ない。 その後は 泣かされ、その後は…。 いい映画だった。 主役の可愛い少年を支える脇役がよかった。特にお母さんの存在感は素晴らしかったし、司祭さまとハシモトもいい。 こんな戦争映画は初めてだ。不思議な感じだったのが、暗くなり過ぎずよかったのかも。
「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」
のレビュー(1423件)