「製作総指揮」って何やってるの?映画『ゴーストロード』の“製作総指揮”マイク・ロジャースに直撃!【インタビュー】

2017.10.03
インタビュー

映画狂の唄を大いに謳おう

ロックス

映画の告知チラシやトレーラーでよく見かける「製作総指揮」というポジション。ハリウッド映画だったらよく大物監督の名前が挙がることが多いですよね。では具体的にはどのようなことをするのでしょうか? 意外と知らない方も多いはず。

今回は絶賛公開中の純国産ロックンロールムービーゴーストロードの製作総指揮を手掛けたマイク・ロジャース氏に話を聞きました。

生粋のプロデューサー、マイク・ロジャース、彼の考える「最高のプロデューサー5つの条件」とは?

マイク

ーーマイクさん! こんにちは、今回マイクさんは「製作総指揮」というポジションに就かれていると思いますが、どのようなお仕事をされたのでしょうか?

製作総指揮って、偉いポジションと思いますよね?

ーー​思います。かなり偉い立場だと思います。

じつはそんなことないんですよ。私が今回した製作総指揮という仕事は「プロデューサー」に近いと思います。そもそも私はラジオ番組やテレビのプロデューサーをしていました。プロデューサーは「やりたくない仕事をやる」というのが仕事ですね。私が考えるいいプロデューサー(製作総指揮)の条件というのは、5つあります。 

1つめは「お金」です。まずなによりも映画をつくるためにはお金が必要ですから、お金を集めることが仕事でした。これを集められる、という手腕はまず必要ですね。

ーー​​なによりも大事ですよね。

本当に今回も苦労しました(笑)。 

2つめは「自分ができないことは無理にやらずに自分よりうまくできる人を揃えること」です。今回はオールマイティに動けるスタッフをそろえることができました。

ーー​​​なるほど、なんでも自分でやらずに人に頼るのも能力なんですね。

はい、3つめは「自分の夢、ビジョンの共有」ですね。これを監督をはじめ、現場のスタッフまで共有できていると、同じ目標に向かって力を合わせていい作品ができることに繋がると思います。

ーー​​上に立つものとして、ビジョンの共有がないとバラバラになってしまいますからね、納得です。

4つめは先ほど言った「やりたくないことをやる」ということですね。朝早く起きて、近所のスーパーに行って弁当と飲み物を買って、など細かい部分もやりました。

ーー​​え! そういうのはADさんがやられるかと思っていました。

今回私たちの映画はインディーズ映画だったのでそうもいきません(笑)。できる人がやる、これに限ります。

5つめのポイントは「カウンセラー」ですね。精神の部分を支えないといけませんね。現場ではやはりスタッフの間で喧嘩がよく起きたのですが、なだめることが多かったです。常に謝っていました。いろいろ事件がありまして、途中で8回くらい無理だと思いましたよ(笑)。

マイク・ロジャース渾身の作品! 純国産ロックンロール・ムービー『ゴーストロード』が満を持して公開!

GR

今回の作品は、マイク・ロジャース氏が2014年の9月に大病を患った際に自身の人生を振り返り「映画を作りたい」と思ったことがキッカケ。情熱によって作られたロックンロール・ムービーゴーストロードがいよいよ公開となりました。本作はインディペンデント映画の世界的祭典「レインダンス映画祭」にノミネート。現地ロンドンでは3回上映され(3回上映されたのは25年の映画祭史上6作品のみ)非常に高評価のようです。

マイク・ロジャース氏いはく「ストーリーも至って単純明快、誰でも理解できるシンプルで面白い映画となっています。クライマックスにどんでん返しが待っています。ビックリしますよ!」と、自信をもって薦めていただきました。

この映画には誰もが知っている有名イケメン俳優やテレビでおなじみの女優が出演しているわけではありません。ですが、彼の音楽、映画に対する情熱が詰まった「映画と音楽への愛」が暑苦しいほど伝わってくる作品となっています。是非、劇場へ足を運んでみてください。

【あわせて読みたい】
 心が震える爆音!「バンドやりて〜!」と思えるロック映画4選
 「39歳独身バツイチ実家住まい」は『ピーチガール』を観てキュンキュンするのか【試してみた】
 来日キアヌ・リーヴスが直行した「九州じゃんがららあめん」を直撃取材してみた
 海外メディアが絶賛!望まない結婚、許されない恋、17年の時を経て知った真実の愛…衝撃のフランス映画がついに日本公開
 チェ・ゲバラ没後50年にして明かされる真実!オダギリジョーに乗り移った“もう一人のゲバラ”とは?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • mii
    2.0
    記録
  • mayumorimoto
    2.5
    映画のレベルは学生レベル まあこれは分かってたので全然いい! 逆にこれファン以外が楽しむと思って見るもんじゃないわけだから! ニートビーツは青春時代に毎週ライブ行ってたので、twistin time with youがか買った瞬間に切なくなった。そしてMr.panは一生わかい。なにやりプライベーツの延ちゃんがかっこよすぎて、いなせなお兄ちゃん役をこの人は一生プライベートでもやって来てるわけだから、浮かない!延ちゃんがかっこよかった、いちばん
  • Marrison
    1.3
    わかってる子のつもりで期待して観たけど、これはムリ。 ごく限られたターゲット(中高年男性の中のごくごく一部)に向けられた、大人げない絵本みたいだった。 一人の台詞。次の一人の台詞。その間が必ず、コンマ数秒あく。もたつきに映画を支配させた理由は何? 関西弁を使った意味もなくなってる。 ほんと、絵本みたいなコドモコドモした演技・演出。若い綺麗系を侍らせたりしてオジサンたちの欲望映画なのに。(あんなに女子受けするようなバンド????) 悪魔に魂を売ってでも「最高ソング」を、と取り引きするのだけれど、その欲しい内容が「超売れ線の旋律・歌詞・サウンドを引っさげて、スターダム」なのか「超絶的ギターテクを身につけて、歴史上最高のリフやフィードバックを孤高に」なのか、ベクトルが定まらないままだったね。 結局、「最高ソング」にあたるものを具体的に演れず、幽霊との間の観念的やりとりだけで終わっちゃった。 三声コーラス曲が喝采浴びてたけど、ささやかに口あたりよいポップソングにすぎないじゃん、それって。ロックの神と関係ない。 あと、狂言回しみたいなやつ、大っきらい。幽霊(ピーナッツバターさん)はよかった。 シンバルのとこ、笑えた。
  • Tomoo22
    2.0
    良く言って★★ 人には勧められない
  • YUKARI
    2.5
    面白くなかったです。ザ・ニートビーツが出ているということで、夫が観たい、というので、行きましたが、全然、面白くなかったです。
「ゴーストロード」
のレビュー(23件)