日本を代表する映画フェス 第30回東京国際映画祭の見どころまとめ

2017.10.06
映画祭・イベント

FILMAGA編集部

フィルマーくま

2017年10月25日(水)から六本木ヒルズほかで開催される「第30回東京国際映画祭」。記念すべき第30回を迎える今回の見どころは? 年に一度、アジア最大級の映画祭を楽しもう!

《Filmarksユーザー限定「映画祭公式パス」プレゼントの応募受付は10月16日をもって締め切りました》

25

東京国際映画祭とは?

毎年、才気あふれる新人監督から熟練の監督まで、世界中から厳選されたハイクオリティなプレミア作品が集まる、まさに日本を代表する映画フェス。コンペティション、アジアの未来など、さまざまな部門・特集があり、世界各国の映画作品が上映されます。

14

なかでも最大の注目を集めるのが、コンペティション部門。第24回のコンペティションでグランプリを獲得した『最強のふたり』はその後、世界的に大ヒットを記録し、Filmarksでも高評価。面白い映画を先取りして観られるのも映画祭の楽しみのひとつです。

7

今年のコンペティション部門では、88の国と地域、1538本もの応募の中から15作品が選出。日本からは、人気AV女優・紗倉まなによる同名小説を映画化した瀬々敬久監督作『最低。』と、作家・綿矢りさの同名小説を松岡茉優主演で映画化した『勝手にふるえてろ』の2作品が選出されています。

9

また、審査員長を俳優のトミー・リー・ジョーンズが務めることでも話題。どの作品がグランプリに輝くのか期待が集まります。

12

話題作続々!注目の特別招待作品・特別上映をピックアップ

もうひとつ注目したいのが、毎年話題作が上映される「特別招待作品」と「特別上映」。Filmarksでも期待度が高い作品をピックアップしてみました。

■『鋼の錬金術師』(オープニング作品)

11

監督:曽利文彦/出演:山田涼介(Hey!Say!JUMP)、本田翼 ほか

累計発行部数7000万部突破の国民的コミック「ハガレン」の、壮大で圧倒的な世界観を実写映画化したファンタジー・エンタテイメント超大作。失ったすべてを取り戻すための兄弟の冒険が今始まる。

[2017年12月1日公開作]

■『空海 —KU-KAI—』(第30回記念 オープニングスペシャル)

8

監督:チェン・カイコー/出演:染谷将太、ホアン・シュアン、阿部寛 ほか

空前絶後の日中共同スペクタクル大作。唐の時代、日本から遣唐使として中国へ渡った僧侶・空海が、詩人・白楽天とともに歴史を揺るがす巨大な謎に迫る――。

[2018年2月公開予定作]

『不都合な真実2:放置された地球』(クロージング作品)

5

監督:ボニー・コーエン、ジョン・シェンク/出演:アル・ゴア

アカデミー賞2部門を受賞し、全世界で大ヒットを記録した『不都合な真実』。あれから10年、地球はかつてないほどの危機に瀕している。この10年間に果たして何が起こったのか? 今、最もタイムリーな映画が遂に日本に上陸する。

[2017年秋 公開作]

■『ローガン・ラッキー』(特別招待)

5

監督:スティーヴン・ソダーバーグ/出演:チャニング・テイタム、アダム・ドライヴァー ほか

『オーシャンズ11』シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督最新作。全米最大のカーレースの裏側で繰り広げられる現金強奪。ダニエル・クレイグほか豪華キャスト出演のクライム・エンタテインメント!

[2017年11月18日公開作]

■『エンドレス・ポエトリー』(特別招待)

4

監督:アレハンドロ・ホドロフスキー/出演:アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス ほか

初めての恋や友情、父との軋轢など、ホドロフスキーが自身の青年時代を虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で瑞々しく描く。摩訶不思議な映像世界で「生きること」を全肯定する青春映画の傑作。

[2017年11月18日公開作]

【注目の特集】Japan Now銀幕のミューズたち

02

撮影:蜷川実花

日本映画界のクリエイターをインスパイアし続ける女優、安藤サクラ蒼井優満島ひかり宮﨑あおいの4人を特集。それぞれの最新出演作やターニングポイントとなった作品が上映されます。本人や監督・クリエイターを招いたトークショーも予定。

01

撮影:蜷川実花

【注目のイベント】特別企画「ゴジラ」シネマ・コンサート

13

シリーズ1作目にあたる1954年の映画『ゴジラ』をオーケストラ演奏と共に上映。さらに、『シン・ゴジラ』監督の樋口真嗣、シリーズのプロデュースを手掛けた富山省吾、音楽プロデューサーの岩瀬政雄によるトークショーも。ファンならずとも、大迫力の映像と音楽を楽しめる貴重な機会となっています。

その他にも多彩な特集・イベントを開催

3

ほかにも、映画「クレヨンしんちゃん」シリーズなどで知られる原恵一監督の全貌を振り返る「映画監督 原恵一の世界」、黒澤明や溝口健二、今村昌平ら日本映画の巨匠の作品を上映する「日本映画クラシックス」などが開催。

6

さらに、新海誠監督特集の『君の名は。』や今年亡くなったホラー映画の巨匠ジョージ・A・ロメロの過去作上映をはじめ、様々なテーマでオールナイト上映イベントを開催する「ミッドナイト・フィルム・フェス!」など、他にも多彩な部門・イベントを開催。映画祭公式サイトをチェックして、興味のあるジャンルを見つけてぜひ体験してみたい。

■第30回東京国際映画祭公式サイト:http://2017.tiff-jp.net/ja/

(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP、(c)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会、(c)荒川弘/SQUARE ENIX(c)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会、(C)2017 New Classic Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film、(C)2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.、(C) 2017 INCARCERATED INDUSTRIES INC. ALL RIGHTS RESERVED、(C)2016 SATORI FILMS, LE SOLEIL FILMS Y LE PACTE、(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2001、(c)IMAMURA PRODUCTION / TOEI COMPANY, LTD.、(c)2010 NOTD, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2017 TIFF

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS