ジェット・リーにチョウ・ユンファ…一度観たら魅力にハマるアツい香港映画をピックアップ!

デジタルスクリーン

都内の一部でしか上映されることがないようなミニシアター系のインディペンデントの最新映画や、日本初公開の映画、今話題になっている映画に注目している映画好きの方にオススメのオンライン映画館デジタルスクリーン

今回は、上映されている作品の中から注目の映画や特集上映をピックアップ!

日本でも世界でも人気の高い香港映画からキレ味鋭い作品をピックアップした香港映画スクリーンも絶賛公開中! ついに、ジェット・リーブリジット・リン、そして、チョウ・ユンファのあの名作が公開!! 香港映画魅力たっぷりのラインナップにご注目ください。

【あわせて読みたい】

【映画好き必見!】最新ミニシアター作品をオンライン上で鑑賞できるサービスとは?

ジェット・リー主演!人気SFXアクションシリーズ第2弾!!

『スウォーズマン 女神伝説の章』

デジタルスクリーン
(C)MATV

中国の有名な武侠小説家・金庸の原作をもとに映画化。『スウォーズマン 剣士列伝』に次ぐシリーズ2作目。明の時代。豊臣秀吉に敗れた武将たちが中国に集結し、中国の朝廷転覆を謀るという奇想天外なストーリー。アクション監督で有名なチン・シウトンによる大胆なワイヤーアクションを取り入れた剣士ジェット・リーと“男装の麗人” ブリジット・リンとの対決がみどころ。

鑑賞はこちら

チョウ・ユンファ×トニー・レオン! 香港2大スター競演のハードアクション!!

『ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌』

デジタルスクリーン
(C)MATV

男たちの挽歌』のジョン・ウー監督が再びチョウ・ユンファと組み、新たにトニー・レオンが加わりパワーアップ! 中国返還前の香港を舞台に、マフィア組織の抗争が大量の密輸された武器によって激化する中、刑事と潜入捜査官のコンビが反目しながらも武器密輸組織を壊滅するために壮絶な戦いを繰り広げる。酸欠になるぐらいの激しい大銃撃戦は必見!

鑑賞はこちら

守るべきは自分か、仲間か!?

東京闇虫パンドラ

デジタルスクリーン
(C)2015「東京闇虫パンドラ」製作委員会

「東京闇虫」シリーズ新章の幕開け! ネットカフェを寝床にしている家出少女の結衣は、仲間たちと援交デリヘル嬢をして生活費を得ていた。ある事情から大金を稼がなければならない結衣だったが、裏社会の闇に飲み込まれていく。東京に棲む夜の虫たちが少女を狙う……少女は東京の闇から抜け出せるのか!? 追い込まれるヒロインを熱演する人気グラビアアイドル篠崎愛に注目! 

鑑賞はこちら

ラストまで目を離せない90分!兄を殺された男の復讐劇。

『デビルフェイス・エンジェルハート』

デジタルスクリーン
(C)MATV

ダニエル・ウー×スティーブン・フォン×ジジ・ライの香港スター競演! 生まれつき顔に醜いコブを持つ男には唯一の肉親の兄がいた。弟思いの兄はいい暮らしを手に入れるためマフィアのボスの誘いで殺し屋になる。しかし台湾で罠にハメられ、兄は殺され自分も重傷を負う。失意と絶望の中、兄を殺した犯人への壮絶な復讐劇が始まる……。

鑑賞はこちら

AV作品を撮って、青春パワー全開!!

『AV』

デジタルスクリーン
(C)MATV

東京国際映画祭でおなじみのパン・ホーチョン監督が贈る若さいっぱいの青春爆笑コメディー。夢も望みも特に無く卒業を間近にひかえた4人の大学生が思いついたアイディア、それはAV作品を撮ること。しかも日本から本物のAV女優を招待しての撮影に挑む。自分たちのアイディアを実現させるために若いパワー全開で立ち向かう! 

鑑賞はこちら

香港映画スクリーン

デジタルスクリーン

徹底的にエンタテインメントを追求し、世界中から高い評価を得ている香港映画が遂にデジタルスクリーンに登場! ブリジット・リン、ジェット・リー、チョウ・ユンファといった豪華キャストの作品、アクション、コメディ、恋愛映画など続々公開します! ぜひお楽しみに!

鑑賞はこちら

オンライン映画館「デジタルスクリーン」とは?

デジタルスクリーン2

デジタルスクリーンは、インディペンデント作品を中心に、最近では映画館で上映される機会が少なくなった地域・内容の作品を、オンライン上映として早期に期間限定でご覧いただける、まったく新しいコンセプトのサービスです。

すでに映画館で上映している新作映画や国内初公開作品、過去に劇場公開された名作などのリバイバル上映など、年間100作品以上を上映予定! あなたの好きな場所、好きな時間に映画館にアクセスして気になる映画をチェックできます。 会員登録は無料! まったく新しいタイプの映画館デジタルスクリーンで、ぜひ映画の世界に浸ってください!

公式サイト:https://digitalscreen.jp/
提供:デジタルスクリーン
(C) DIGITAL SCREEN. All Rights Reserved.

※記事中でご紹介した鑑賞・特集ページのリンク先は、現在PCのみで閲覧可能です

【あわせて読みたい】

【デジタルスクリーン×Filmarks】オンライン映画館だけで観られる作品を一挙ご紹介!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • XXXXX
    4.3
    ジェット・リー、ブリジッド・リン主演による、時代劇アドベンチャー!! 香港のスピルバーグこと、ツイ・ハークプロデュース。 両性具有の魔人「東方不敗」と、日本からやってきた織田信長の側近の武士、日月教が結託し、動乱の時代に悪行の限りを尽くしていた、正義の剣士リンは彼らに戦いを挑む!というストーリー。 ブリジット・リンが、男装の麗人として時代劇ブームの火付け役となった、香港映画史に残る名作! 『スウォーズマン/剣士列伝』の続編で、主役がサミュエル・ホイからジェット・リーに交代し、前作はイマイチだったけど、今作ですんごいパワーアップしてます。笑 ブリジット・リンは、元々ジャッキーの『ポリス・ストーリー/香港国際警察』のヒロインが、一番有名な女優さんだったけど、今作をきっかけに再ブレイクして、この作品以降も計測不能な位に、香港時代劇に出演しまくり時の人となりました。今作の2年後にウォン・カーウァイの『恋する惑星』にて、麻薬ディーラーの金髪女を熱演し、正にカメレオン女優と言ってもいいかも。 さすがのジェット・リーも、彼女の圧倒的存在感に完全に喰われてしまいました。笑 とはいえツイ・ハークプロデュースと言う事で、クルクルワイヤーアクション炸裂!ジェット・リーの見事な剣劇アクションが拝めます。荒唐無稽の極みの様な作品ながらも、今作の異様なパワーはとにかくすごい!ツイ・ハークならではの、ケレン味に満ちたストーリーもいい。 同じくジェット・リーの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズと、今作の大成功で、90年代の香港映画は時代劇一色となり、一大ムーブメントとなりました。 ちなみに、今作の様なワイヤーアクション大嫌いな、御大ジャッキー・チェンはその後名作『酔拳2』でワイヤーアクションへのアンチテーゼを掲げました。 まあ、ジャッキーもワイヤーを使わない訳ではなく、あくまで自然な動きで観客が分からない様に使っています← しかし、時代劇ブームはいつまでも続かず、数年後時代劇ブームの終焉となってからは、香港映画界の長い不況が今に至るまで、続いてしまいました..。最近も大陸制作の時代劇は未だに大量に作られているものの、やっぱりパワーダウンは否めないかも...。 ちなみに、ガンダムの東方不敗は今作が元ネタです←
  • gojyappe
    2
    なぜ日本? 古い中国映画だった 美人多い! 香港だったw
  • 128
    3.3
    酒と女に溺れるジェト・リー、良い。笑いどころがありすぎて、疲れた時にベッドでゴロゴロしながら流し見したい。あとブリジット・リンがめちゃくちゃ可愛い。 ▼コメディすぎて笑ったシーン ・敵が迫ってるのに作った鍋の心配 ・敵が迫ってるのに死んだフリで乗り切っちゃう ・敵の攻撃で死んだ鳥を見つけたと思ったら、次のシーンで焼き鳥にしてる ・非常口マークのような血の跡 ・戦闘シーンの重力を無視した剣 ・「まったく乱世の世の中だねぇ(他人事)」 ・基本みんな酒飲み ・血を流してるはずが、どう見てもただの水(せめて血糊ヨロ) ・仲間が基本気楽すぎ 以上! 疲れた時に、気楽に見たい作品だなと思った。
  • ken
    2.3
    1996年2月21日以来2回目の鑑賞。今改めて観ると、ジェット・リーのアクションだけにとらわれての初見だったので、やっとストーリーが分かった気がする。粗い作りと雑な日本語、役が役だけにブリジット・リンの美貌は際立っていた。(2020-416-10-3)
  • ユキマル
    -
    観てみたかったので観たけど、金庸作品の主人公で一番好きなのは令狐冲なので割と許せないし、令狐冲と任盈盈は金庸作品で一番笑って音楽奏でて穏やかにハッピーに暮らしてほしいと思っている2人なので東方不敗とのトンチキな悲恋と混ぜたり女と寝かせたの割と絶対に許さない。冒頭の首チョンパが面白かった
スウォーズマン/女神伝説の章
のレビュー(185件)