新作観る前にサラッとおさらい!『ブレードランナー』初心者のザックリ相関図!!

2017.10.26
映画

映画は「1スジ2ヌケ3動作」by牧野省三

ウラケン

僕は、『ブレードランナー』ビギナーです。

ブレードランナー

映画雑誌を読むと、SF映画の金字塔として一般常識レベルで頻出する『ブレードランナー』。1982年公開、これ以降のSFの元ネタは全部ココにあると言われてる映画ですが……

あんまし、覚えてません。

FILMAGAでコラム書いてる奴がこんなんですみません。中学か高校の頃になんか有名な映画らしいから映画好きとしては一応観ておかねばと、ビデオ(懐かしい響き!)をレンタルして一度観ました。しかし、覚えてるのは暗い画面と、雨と、ユニコーンのスローモーションと……えーと?

そうです。僕、ブレードランナービギナーなんです。

でも、そんなブレードランナービギナー(BRB)が実は結構いるんじゃないかと! そして、続編公開は気になるけど観返す時間ない!って方もいるんじゃないかと!  ……てなわけで、そんな方々のために『ブレードランナー』(ファイナルカット版)をBRBなりに超ザックリまとめてみました。

当然、ネタバレ有りです!

【時に、西暦2019年ー】

この時代、人類(のリッチピーポー)は宇宙に移住して地球はだいぶ荒廃。環境汚染が進み、都市部には高層ビルがギュウギュウ。もちろん車だって浮いちゃいます。

【レプリカント】

宇宙での奴隷労働や植民地建設に使われている人造人間。映画はいきなりこのレプリカントの説明から始まります。「21世紀はじめ、タイレル社はロボット開発をネクサス段階へと進めた 彼らは人間そっくりでレプリカントと呼ばれた。ネクサス6型……」

ブレードランナー
出典:http://ulaken.exblog.jp/27477974/

【ネクサス6型】・・・タイレル社製のレプリカント。体力、びんしょう性に優れ、知能も彼らを作った遺伝子技術者に匹敵。反乱を起こしたため地球上での存在は非合法され死刑が宣告された。6名が脱走し地球に潜伏。

【ブレードランナー】

「脱走したレプリカントを発見したら殺せ」という命令が下っている特別捜査班。それは処刑ではなく解任と呼ばれている。

ブレードランナー
出典:http://ulaken.exblog.jp/27477974/

【デッカード】・・・ハリソン・フォード(このとき40代半ば)が演じる本作の主人公。ブレードランナーを一度退職しているが、ロイ・バッティのグループがロサンゼルスに潜伏したため呼び出された。

【だいたいこんなストーリー】

感情に目覚めたロイ・バッティ率いるレプリカントグループが、宇宙から逃亡しロサンゼルスに潜伏。退職していたデッカードが引っ張り出される。開発者のタイレル博士の元に捜査に赴き、秘書のレイチェルがレプリカントであることに気づく。長生きしたいロイはタイレル博士接触までこぎつけるも、4年の寿命を伸ばすことは技術的に不可能と宣告され博士を殺害し逃亡。

レイチェルと恋に落ちたデッカード、ロイグループの解任を命からがら成し遂げレプリカントである彼女と共に逃亡。

【ブレードランナーざっくり相関図】

ブレードランナー
出典:http://ulaken.exblog.jp/27477974/

ザックリなので、描いてない人(J・F・セバスチャンとか)もいますが大体こんな感じかと。レプリカントの特別捜査班の物語なのでレプリカントがいなきゃこの映画は始まりません。レプリカントがこの映画の肝です。

【反乱を起こす要素が揃いすぎてる!】

ネクサス6型のスペック

・簡単に人を殺せる程の身体能力
・彼らを作った遺伝子技術者に匹敵するほどの知能
・製造後数年で憎悪、恐怖、嫉妬心などの感情を示す
・安全対策で寿命は4年

反乱を起こす要素が揃い過ぎてる! こんなもん作ってんじゃないよ! 製造後数年で感情を示すて! こう言っちゃなんだけど、奴隷として労働させようと思ってるならソレ欠陥じゃない!? ムチャクチャ強くて頭いい人が強制労働させられてて憎悪の感情に目覚めたらそりゃ反乱するでしょ!

【ブレードランナー←超汚れ仕事】

15年?ぶりに観返した感想です。やるせないです。レプリカント生きたかっただけだし。脱走時に何人も殺してるけど、そらひどい扱い受けてたら反乱もするわ。しかも、そんな脱走レプリカントを処刑するのが仕事て……超汚れ仕事じゃないすか。そりゃ退職したくもなるわ。そして愛する彼女もレプリカント……やるせない! やるせないよ!

ブレードランナー

関わったものはみんな映画作りが嫌いになったほど制作現場が混乱していたと言われる『ブレードランナー』。そして、10月27日公開の続編はデッカードがレイチェルと逃亡して30年後。ポスターのコピーは、「知る覚悟はあるかー。」一体どんな真実が明かされるのか……今からもうやるせない気持ちでいっぱいです。

【あわせて読みたい】
 ドゥニ・ヴィルヌーヴは何故、SFを語り始めたのか?【フィルムメーカー列伝 第九回】
 【芸術の秋に観たい映画は?】10月上映 映画期待度ランキングTOP20
 【イラスト図解】ウルヴァリンって何だ?クズリって何だ?!
 あの頃のトム・クルーズがふたたび!破天荒シズルほとばしる実話『バリー・シール/アメリカをはめた男』
 X-MENが生んだヒーローの壮絶な最期を描く『LOGAN ローガン』 そしてX-MEN初のTVシリーズ「レギオン」

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 5.0
    言葉では表し難いほどのストーリーの深さ、世界観の破壊力、ワンシーンワンシーンの光の美しさ………30年も前の作品だとは思えないぐらいの素晴らしい映像美…。 予想してたものよりも遥かにドストライクな作品で、今まで観ていなかったことに少し後悔を覚えるレベル。 とにかく眠くなる映画だと聞いてはいたが、退廃的な近未来都市ロサンゼルスのあちらこちらのビル群から炎が上がる重々しくもどこか神秘的な始まりのシーンから、最後の最後、レイチェルとデッカードがエレベーターに乗り込むシーンまで、ずっっっと目が離せなかったし、ずっとこのブレードランナーという世界に心を掴まれていた自分がいた。眠気なんて一時も感じなかった。 さすがSFの金字塔…退廃的な近未来の世界観がとにかく最高超最高。グッとくるロケーションやシステムが至るところにあってもうとにかく目が離せないしずっとワクワク。 ハリソンフォードの渋いビジュアルと演技もとにかく最高で、レイチェルを引き止めようとするあのラブシーンなんかもう心臓が圧死するかと思った。彼女が髪を解いてから二人がキスをして抱き合うまでの一連の流れ…今まで観てきたどんなラブシーンよりも魅力的。 レプリ達も残酷ながらも強い人間味を感じられるシーンが垣間見えて、豪雨の中で亡くなっていくロイのシーンは物凄く切なくて悲しくなった。短い寿命の中で自分に率直に感情を爆発させながら生きていく彼らにカリスマ性を感じて、どうにもかっこよく見えて仕方なかったよ…。 ファイナルカット版のラストは、デッカードもレプリなのではって解釈の余地があったり、二人の今後に不安の残るドラマチックなラストで結構動揺したけど、明言しないことでよりストーリーに深みが生まれてみえた。 もうとにかく、ストーリー、世界観、映像、演出、サウンド…どこにフォーカスしてみたとしても楽しめる素晴らしい映画。 元祖ブレードランナーは1982年の作品だなんて本当信じられないほどにすべてに新しさを感じられました。
  • Moeka
    4.1
    書き直す。 大きな瞳のショットと頭上に浮かぶ巨大なブレード、開閉する窓はまぶたを思わせる。映画を観る私達の視線は、時間の流れの無い映画という白昼夢の世界へ。映画はデッカードが見た白昼夢のようなもの。 ここには時間の流れがない。外周世界を走るデッカードは迷える仔羊。そんな彼をほかの男がみている。彼もまた鏡を通して別の世界を見ている。沢山の人形と鏡。彼は堕天使の元へ贖罪の山羊を捧げなければならない。セバスチャンは1人歳をとってゆく。壁に掛けられた時計とたくさんの鏡はそれを物語る。鏡を通り抜けてまた外の世界へ。もう1人の自分を見つけたデッカードは目を覚ます。タイレルもまたこの世界での死を迎える、目を潰されることによって。夢をみている。迷える仔羊はユニコーンへと化した。円環の世界を脱出して別の世界へ。コマを繋ぎブレードは回転し、映写機は目に見えるものを映す。時空と非現実の繋ぎ目は見えないが。 暗喩だらけの本作を観るたびに映画そのもの、全体のことを思う。何度も繰り返し観る白昼夢。目は覚めているのだろうか。全て知っているのはミネルバのフクロウだけなのだろうか。
  • 4.0
    2017/7/4 何年ぶりだろ。ストーリーはほとんど覚えていなかったので、こんな話だったのか、と。前に観たのがどのバージョンなのかもわからない。哀しい話だったんだな。
  • DaichiShirakawa
    4.0
    この世界観、定期的に観たくなる
  • ぎょろめちゃん
    3.5
    爆音映画祭
「ブレードランナー ファイナル・カット」
のレビュー(13777件)