「生きるということは、ただ呼吸をするだけ」激情の俳優・國村隼が静として存在した映画『KOKORO』【インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

フランスのオリヴィエ・アダムによる小説を、ベルギーの女性監督ヴァンニャ・ダルカンタラが、日本の美しく険しい自然を背景に人間の回復の物語を紡いだ映画KOKOROが公開に。ベルギー、フランス、カナダ、日本という4か国混成スタッフたちが集い、穏やかに心洗われる物語へ昇華。何気ない日常、そのこと自体に目を向けた心染み入るドラマだ。

その期待作に韓国映画『哭声 コクソン』で国内外の注目を浴びた國村隼が、もう一人の主人公でもある元警察官のダイスケを深みのある演技で表現。本作について「特に大きな事件が起こるわけでもなく、大まなかストーリーの流れのなかに、それぞれの個がたゆたっているような物語です」と語る國村隼に、映画KOKOROが投げかけるものについて聞く。

KOKORO

――近作の『哭声 コクソン』が衝撃的でしたが(笑)、本作は打って変わって心穏やかな作品になっておりますね。

穏やかでしたね(笑)。『哭声 コクソン』は肉体的にタフでなければいけない現場だったので、今作では少しホッとしていたところは正直ありました。KOKOROは自分が思い描いていた以上の、いい作品になったなと思っています。撮影現場ではルーベンという若いカメラマンが僕の知らないタイプのステディカムで自由自在に撮っていて、どういう映像になっているのかと思っていましたが、完成した映画を観た時にとても驚きました。

――ステディカムのイメージとはまた違うような、穏やかな映像美でした。そして、映像の語りかけも凄まじいものがありました。

そうですね。監督のヴァンニャ・ダルカンタラとルーベンの間には細かい打ち合わせはあったかと思いますが、実にフレキシブルでした。オールロケの撮影だったのですが、照明に時間をかけることもなくほぼ自然光です。あのルーベン、只者ではないなと思いましたよ(笑)。実は彼のことは話には聞いていて、ヨーロッパでは超売れっ子のカメラマン。監督とは長い知り合いで、彼女が撮るならと駆けつけてくれたそうです。

KOKORO

――それにしても『KOKORO』は、外国の方が観た日本ではありながら、人間の再生や回復という普遍的なテーマを静かに描いた力作でした。

主人公のアリス(イザベル・カレ)が日本にやって来るのですが、特に大きな事件が起こるわけでもなく、大まなかストーリーの流れのなかに、それぞれの個がたゆたっているような物語です。時々何か浮かび上がっていく程度で、また流れていく。その様子をカメラが見つめているというか、映像として編んでいくというのか。だから僕が演じたダイスケについても、具体的に何かを決めていくのではなく、台本を読み、下準備だけして後は現場で仕上げました。共演者や監督との作業を通して、ダイスケを存在させていく。それはいつもそうなんですけどね。

KOKORO

――國村さん演じる元警察官の男ダイスケは投身自殺の名所で有名な崖のある海辺の村に住み、悩める人々の心に寄り添っている人物ですね。

彼は何もしていないんです。そこにいて寄り添うだけ。相手に判断を迫らず、寄り添ってただ待っている。助け合う仲間でも、それこそ家族でもなんでもない。その人たちと同じ場所にいるという、そういう現実があるだけなんです。
そしてダイスケ自身は、彼の日常のなかで、人との関わりを持ちながら彼らを結果的に死から救うことはあるかもしれないけれど、逆に彼自身もどこか救われている部分があるのではないか。そういう理解でいましたね。

KOKORO

――ダイスケの強く“求めない”姿勢は、映画のキャラクターとしてもめずらしいと思いました。

ダイスケは警察官をすでにリタイヤしている身ですが、そんな生活のなかで何か抱えているものがあるんですね。だから彼の心の中に抱えるものと一緒に生きていくために、ダイスケ自身、彼らを救うことが必要だったのだろう、と。そして同じ時間を過ごすことが大切だと思っている。そして、そこを止まり木にして旅立ってくれることを望んでいる。
ずっと一緒にいることが大事なのではないんですね。引き留めたいわけでもない独特のスタンスなんですよ。

KOKORO

――ダイスケの心情も踏まえて、この映画は最終的にどういうメッセージを観客に投げかけていると思いますか?

人は生きていくうち、知らぬ間にオリのようなものがたまっていくものです。
アリスは日本から帰国したばかりの弟の言葉にそれを気づかされ、その直後に亡くなった弟の足跡を辿る旅に出ます。自殺で名高い場所である断崖絶壁、そこでダイスケと出会うのですが、この男は自殺に向かおうとする人と向き合いつつ、また自分自身の人生と対峙して生きている。この出会った二人は実際の断崖絶壁の淵に立ちながら、また人生の淵に立っているんですね。そして人生のオリを抱えた二人はただ一緒に居る。ある時ダイスケは「生きるということは、ただ呼吸をするだけ」と話します。
二人の出会いがあり、お互いがそれぞれの形で〈KOKORO〉の解放をつかんでいく、そんな力強いメッセージを感じて貰えるのではないかと思っているのですが。

KOKORO

映画KOKOROは11月4日(土)渋谷ユーロスペースほか全国順次公開。

(取材・文:鴇田崇)

KOKORO
(C)Need Productions/Blue Monday Productions

【あわせて読みたい】
 温和な小日向文世を怒らせた『サバイバルファミリー』は矢口監督の“逆恨み”から始まった!?【インタビュー】
 阿部サダヲが体当たりで挑んだ、狂気に似た愛の形「イメージがない役をやりたかった」【インタビュー】
 ゆとりモンスターでブレイク 太賀、主演作に投じた愛「自分の青春映画の区切りになってもいい」【インタビュー】
 トム・フォード監督7年ぶりの新作、3つの世界が交錯する美しき愛と復讐の物語『ノクターナル・アニマルズ』
 ダメウーマンと怪獣がシンクロ!日本大好き監督が描く新感覚エンターテイメント作とは?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ベルサイユ製麺
    3.2
    日本を舞台にした、ベルギー・フランス・カナダ合作映画。 ハードテクノが鳴り響く中、マルジェラ製の道着を着てメープルシロップを塗りたくったフランスパンで殴り合う、“ル・パン道”に撃ち込む若者達。群像劇です。 いつもの適当なホラはともかく、なんか不安…。特にフランスと日本の組み合わせにはあんまり良い印象無い。なんか抽象概念の伝言ゲームみたいになりがちで、製作者達だけ御満悦…みたいなのが多い気がします。 「これは…“光”」→「…そう!“命”ね」とか、そんな。 ◆ 経済的には恵まれているものの、冷淡な夫とワガママな子供達に挟まれ、いつもうっすら憂鬱そうなアリス。 ある日彼女の元を訪ねてきたのは実弟のナタン。手首には恋人の名前“久美子”と大きくタトゥーされている。彼は無邪気でなんでも楽しみに変えてしまうような、まるでアリスとは対照的な人物に見えるが、実は以前はアリスもナタンと同じく開放的でアッパーな性格だったようだ。 ナタンはアリスに言う。「凄い人に有った。ダイスケだ。一緒に日本に会いに行こう。」…今のアリスは、その提案に乗れる状況に無い。大人らしい態度でやんわりと固辞した(つもりだ)が、その事がナタンを酷く傷つけたようだ。 …そんな事が尾を引き、鬱々と過ごしていたある日、アリスに信じられない知らせが届く。 …アリスは単身日本行きを決意した。 ◆ フランス映画とフランス映画的日本映画の中間ぐらいの淡々したトーンで物語は展開します。主演のイザベル・カレさんは、フィルモを見る限り『6つの心』(←生涯トップクラスの謎映画)で目にしているようですが、気持ち的には初見。随分お若く見える方ですね。フランス女優には珍しく内面がグラグラ(の役柄なのですが)に見えるのがフレッシュです。 フランス編は前半でさっさと終了。以降日本パートになるのですが、舞台のモデルはなんと自殺の名所、どうやら“東尋坊”のようなのです。そう、“ピエール瀧の体操36歳”の改造手術シーンでおなじみの、あの崖です!(今作では撮影許可がおりず似た場所を探したようです。ピエール瀧はOKだったのに!) この崖を見回り、自殺志願者を思いとどまらせ、自宅に招き優しく寄り添う初老の男。ナタンが話していたダイスケです。ダイスケ役に國村隼。長くなるので『コクソン』ネタ封印! ロケーションが日本に変わっても如何にも外国人が撮った日本に見えるのが不思議です。唯一、ひとり浜辺に佇むマリアが「ウォオオオォ!」と叫ぶシーンが有って、やはり日本の磁場が叫ばせずにいられないのかと感心しました。日本では悩んだらみんな叫ぶのだよ。 ストーリー展開はシンプルで、というかやはり心の問題に終始します。焦点になるのはマリアは何を求めてダイスケの元にやって来たのか?ですが、答えは心の中にしかなく、彼女の心情にうまく寄り添えないと深く理解出来ないし、映画そのものの輪郭もボンヤリとしたものになってしまいそう。…はい。なりました。 感想を正直に言ってしまうと「こういう映画、有るよね」という感じです。大いに結構、何本でも作って欲しい。嫌いではないです。 これも勿論好みの問題ですが、多く有る“こういう映画”から一歩抜きん出て特別な映画になるには何かが足りないと感じました。或いは何かが多過ぎる?全体的に無難な仕上がりに見えてしまい、突破力・貫通力が足りないような…。 印象に残った点を。 ⚫︎門脇麦が可愛く撮れてない。耐性の無い海外の観客には充分チャーミングに映るのかもしれませんが、エキセントリックなキャラクターも何処かスベり気味でパッとしない。ひょっとしたら彼女自身で意図して光を消しているのかもしれませんが。相変わらずの脱ぎっぷりですが、最早それが特別に見えない、というのは彼女の目指すところなのでしょうね。あと英語上手い!多分だけど。…冷静を装って書きましたが、めちゃくちゃ好きです。 ⚫︎安藤政信がイイ!いやホント大して演技してない役柄なのですけど、ムードがすごく良い。ボロい作業着で、髭ボーボーの髪ボサボサでも退廃的な色気が滲みまくりです。アートタッチのBLに出そう。海外の皆さん!日本にもこういうのが居るんですよ⁈ ⚫︎撮影が、どうとは言えないけど良い。どこの国の映画か分からないような感じがなかなか魅力的でした。やや端正過ぎかもしれないけど。 …で、サッと苦言を。 日本が制作に全く関わっていない日本舞台の映画なら、どんなに日本の風景や自然を“神秘的”みたいに撮影しても問題ないと思うのですが、仮にもし日本も制作に関わってるのだとしたらその描き方はちょっと恥ずかしいなぁ…。なんか日本の精神性みたいな物を外国の方に褒めて欲しがってるみたいじゃないですか?それじゃあ、それじゃあまるで、録画してある“日本の技術に外国人が驚く番組”を繰り返し見ている年配の方みたいで寂し過ぎるよ!(私の父です…。)
  • あずき
    -
    記録
  • ゆうめし
    2.0
    DVDで。 海外の監督が日本の舞台の映画を撮ると普段自分が見ている日本じゃなくなるのが面白いなって思う。
  • あゆぞう
    3.9
    鎮魂、旅、異国……大好きな「コールドフィーバー」に通じる作品 二度しか行ったことないけれど、遠い親戚が暮している隠岐島が舞台ということで前から見たかった 夫と子供と4人で「完璧」で「ちっぽけ」な人生を送る姉 舞い戻って来た弟(ニールスシュデネール!)はたった一人の肉親 ある出来事をきっかけに彼女の中の何かが弾け…… 余白の多さとメッセージの曖昧さはあるものの、異国としての日本、島という設定を寓話の域にまで昇華した誠実で独創的な映画らしい映画 日本人としては國村隼はもちろん、門脇麦、正木佐和、安藤政信、長尾奈奈、葉山奨之、古舘寛治の起用が見事というほかない良作 ニールスシュデネール 3/9 長尾奈奈 2/4 (作品には関係ないグダグダ、コメント欄に続く)
  • かめさん
    3.8
    アリスはフランスで夫と子供2人の家族4人で暮らしていた。そこにアリスの弟のナタンが訪ねてくる。そこで彼は日本での話を姉に、彼がオートバイ事故て亡くなり姉は日本へ…ナタンが自殺をしようと思い訪れた断崖の町でダイスケに出会い再出発しよとしていた彼。その理由を探してその村を訪れたアリスは何を感じ何を得たのか…ダイスケ役の國村隼の静かな演技となんとも静かな映像美が目立つ映画です。
「KOKORO」
のレビュー(126件)