12月15日を手ぶらで迎える気!?アルティメットなアイテムを手に『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を楽しもう!

Filmarks公式

フィルマーくま

タカラトミー_スター・ウォーズ

全世界待望のSWシリーズ最新作スター・ウォーズ/最後のジェダイの公開まであと1か月。誰もが12月15日を指折り数え期待を高めているのは想像にかたくない。あるひとは全過去作を観返し、あるひとは公開当日にどんなコスプレで行こうかと想いを巡らせ……。ファンであればこの1か月をじっとだまって待っていることなどできないだろう。

そんなファンの期待に応えて、株式会社タカラトミーはSWシリーズを象徴する最重要アイテムである“ライトセーバー”をシリーズ化して発売している。劇中のアクションシーン再現だけでなく、新たにペンライト型の“ミニライトセーバー”など、さまざまなサイズ、価格帯で全18種類の商品をラインナップ。

今回は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開を記念して、同作の超重要アイテムとなる“ライトセーバー”を徹底解説しよう!

そもそもライトセーバーって何?1分でわかるライトセーバー基礎講座!

タカラトミー_スター・ウォーズ

「スター・ウォーズ」は好きだけど、ライトセーバーのことを実はよく知らないファンは意外にも多い。そこで超簡単に説明すると、ライトセーバーとは、「スター・ウォーズ」シリーズに登場する人物が戦う際に使う武器のこと。非戦闘時は金属の柄しかないが、スイッチを入れると光が伸びて剣のようになり、強力な熱エネルギーを発し、鋼鉄でさえ溶かしてしまう。時代劇で観るチャンバラのような戦い方をする。

ライトセーバーは誰でも使うこと自体は可能だが、主にジェダイの騎士やシスの暗黒卿など“フォース”を操れる者が用い、また所有者によってアイテムの形状が異なる点も特徴。
旧三部作の主人公、ルーク・スカイウォーカーや最新シリーズのヒロイン、レイのような善のジェダイ側のライトセーバーは青や緑の光を放ち、フォースの暗黒面、すなわちダークサイドに堕ちているカイロ・レンやダース・ベイダーは、赤い光を放っているライトセーバーを有している。

「スター・ウォーズ」シリーズを象徴する“もっともアイコニック”なアイテム、それが、ライトセーバーなのだ!

あのメイス・ウィンドゥ版も新登場!全長15cmのミニライトセーバーも

タカラトミーでは、さまざまな種類のライトセーバーを発売しているが、その20年近い歴史がある定番中の定番が、「エレクトロニックライトセーバー」(5種、各4,000円・5,200円/税抜)だ。これは剣先が伸縮可能で、ハンドル部分のスイッチを押すと剣先が光り、劇中同様のさまざまな効果音が鳴る。シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のメインキャラクターであるレイやカイロ・レン仕様はもちろんのこと、今回は新三部作に登場し、最強のジェダイとの呼び声も高いメイス・ウィンドゥ版も10年以上の時を経て登場! ジェダイの中でも超レアな紫に光るセーバーはファン必見だ。

タカラトミー_スター・ウォーズ
カイロ・レンモデル

タカラトミー_スター・ウォーズ
メイス・ウィンドゥモデル

そして、もっと気軽にライトセーバーを!というライト層には、「ミニライトセーバー」(3種、各1,500円~/税抜)がおすすめ! 全長15cmのディフォルメタイプではあるものの、LED内蔵でハッキリと光り、ボールチェーン付なのでカンタンに身に着けられて楽しい!

限りになく本物に近い「フォースFXライトセーバー」これぞアルティメットアイテム!

そして誰よりも「スター・ウォーズ」シリーズへの愛が強く、さらなる究極を追い求める熱いファンの人気を集めているライトセーバーが、「ブラックシリーズ フォースFXライトセーバー」(3種、各25,000円/税抜)だ。この重厚感いっぱいのブラックシリーズは、映画のプロップ(=小道具)同様の質感やサウンド、そしてLEDを複数内蔵した剣先など、まさしく究極版と言っても過言ではない上質な仕上がり! ひとたび手にすればレイのように己のフォースが覚醒しそうな超本格派のアイテムで、専用の台座も付属する愛蔵版だ。

ミニサイズをはじめ精巧なデザインまで勢揃いの18種も展開するライトセーバーだが、ブラックシリーズは、そのグリップ感、「スター・ウォーズ」シリーズへのあこがれをそのまま再現したようなフォルム、映画さながらのサウンドと、ファン必携の一本となっている。 

タカラトミー_スター・ウォーズ
レイモデル

タカラトミー_スター・ウォーズ
ルーク・スカイウォーカーモデル

これぞ究極のBB-8誕生!声に反応して、後をくっついてくるぞ!!

また、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)で初登場し、瞬く間に大人気となった球体ドロイドBB-8の本格的なロボット玩具「ヒーロードロイド BB-8」もスルー厳禁! 付属のコントローラーで自由自在に操作可能で、走行はもちろん、13種類の音声コマンド(英語)に反応して、ライト&サウンド機能も交えたリアクションも! 注目はコントローラーを持っている人の後を付いてくる“フォローミーモード”機能で、まるで自分が主人公のレイになったような気分に! まさしく本物のような“究極の”BB-8と言っても過言ではないのだ。

タカラトミー_スター・ウォーズ

SWシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でもBB-8が活躍することはもちろんのこと、同シリーズを象徴するアイコニックなアイテム、ライトセーバーによるアクションも存分に期待! 来たる12月15日の祭りの瞬間に備えて、アイテムをゲットせよ!

■「タカラトミー」商品公式サイトはこちら>

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
© & TM Lucasfilm Ltd.
® and/or TM & © 2017 HASBRO.
© Spin Master Ltd. All rights reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 井戸
    1.3
    酷い 3部作で残り一つしかないのにThis is just the beginning ってどう言うことだよ 旧作のキャラ適当に殺せばスターウォーズになると思ってないですか
  • KENchanISO
    4.5
    記録
  • 恵里座部須
    3.5
    レイの物語の二作目。最終章への繋がりの作品という感じがして盛り上がりに欠けた。今作においてもドロイドがシリアスな空気を破りコミカルな雰囲気で場を和ませていて見ていて一気に緊張が解れた。レイの内に秘めた闇やカイロ・レンの心の葛藤など二人の心理に焦点を当てたシーンが多かったように感じる。ダークサイドに勧誘されるレイの描写は次回作でのレイの立ち位置がすごく気になる。また、レイの生まれ、血筋がとっても気になる。
  • ポンコツがーる
    4.2
    スターウォーズ活動再開🍿 やっぱり面白い!
  • だい
    4.0
    おもろいっすねー SWはバコバコと人が死んでく作品。 今では犠牲とかなんやらってシーンは無かったけど、今作は犠牲とか死に少し重きを置こうとし意思が感じられた ポー・ダメロンが叱られたり、ホルド帝国軍が仲間を守るため特攻したように、、 色々な人の犠牲があり今があることを象徴したシーンでした レイとカイロレンの共闘シーンはよかったですねー その2人のコンビネーションは抜群で、レイがカイロレンに誘われて闇落ちするかと思いました 今作のテーマである「光と闇」。その間で揺れ動く、レンとカイロレンの共闘好きなシーンのひとつになりました しかしスノークがあっさり死んで彼はなんだったんだろうと、、、、 まあ8の一番のシーンはルークがフォースと一体化して死ぬところでしょうかね またひとつの時代が終わったなぁと感じました それにしてもルークはやはり凄い力笑 ボロボロのファイターを乗り回してAT-AT倒すのはep5のAウィング思い出しましたね あとローズ、彼女は一体なんだったんでしょうね、可愛くもないしストーリーに重要なキャラクターでも特にない スターウォーズあるあるのよく分からない登場人物の一人ですね 最後のシーン レジスタンスの指輪をはめた奴隷少年が、箒を触らずに手に収めます あのシーンはこれからに対して期待を高められるシーンですな 事実めっちゃ興奮したし笑
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
のレビュー(57486件)