【試写会プレゼント】べルリン国際映画祭 銀熊賞受賞!アキ・カウリスマキ監督最新作『希望のかなた』

2017.11.09
試写会

FILMAGA編集部

フィルマーくま

フィンランドの名匠アキ・カウリスマキの最新作。生き別れた妹を探すシリア青年と、彼を助けるヘルシンキの人々を描いた『希望のかなた』試写会へご招待いたします。

74564_main

 

誰かを受け入れるとき、そこには希望が生まれる

2017 年のベルリン国際映画祭で観る者すべての胸に深い余韻を残し、 同映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した『希望のかなた』は、前作『ル・アーヴルの靴みがき』に続く難民3部作の2作目。北欧の街ヘルシンキを舞台に、生き別れの妹を探すシリア難民の青年カーリド(シュルワン・ハジ)が、 レストランオーナーのヴィクストロム(サカリ・クオスマネン)とその仲間と出会い、彼らのちいさな善意に救われる物語。

これまでのカウリスマキ節はその ままに、社会への深い洞察にみちた、カウリスマキの新境地を感じさせる作品に仕上がりました。主演俳優を決定する際に求められた条件は、英語、アラビア語、フィンランド語 を喋れる中東出身の俳優で「ユーモアが理解できる人」。今まさに世界が忘れかけている“受け入れて、助けあう”という当たり前の人間性を、カウリスマキ流の辛辣なユーモアと無償のやさしさで描きます。

Filmarksユーザー90名様をご招待!

日時:2017年11月27日(月)18:00開場/18:30開映
上映時間:98分
開映会場:ユーロスペース
住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 3F
募集人数:90名様

※開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております
※当日は開場時間前にご来場ください
※確実に参加可能なFilmarksユーザーの方対象

応募締切 2017年11月19日(日)23:59までのご応募分有効

レビュー投稿のお願い
当選者の方は試写会鑑賞後、2017年11月28日(火)までに本作のレビューのアップをお願いします

【応募方法および当選者の発表】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください
・当選の発表は、当選者へのメールをもってかえさせていただきます
【応募資格】
・Filmarksメンバーで日本在住の方
・上記【レビュー投稿のお願い】にご同意いただける方
【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当日は開映時間前にご来場ください
・開映後の入場はお断りしております
・試写会場までの交通費はご本人様ご自身でご負担ください
・会場内でのご飲食、写真撮影、録音、録画はお断りします
・当選権利の譲渡、換金は一切できません・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とさせていただくことがあります
・開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております
・お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方) その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくかお使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください

◆映画『希望のかなた』 information

希望のかなた

あらすじ:シリア難民の青年カーリドは、北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。彼の願いは“いい人々のいい国”だと聞いたここフィンランドで、生き別れた妹を見つけて暮らすこと。しかし難民申請は却下され、街中では理不尽な差別と暴力にさらされてしまう。そんな彼にしがないレストランオーナーのヴィクストロムは救いの手をさしのべ、自身のレストラン“ゴールデン・パイント”にカーリドを雇い入れる。世間からすこしはみ出たようなゴールデン・パイントの店員たちもカーリドを受け入れはじめた頃、彼のもとに妹が見つかったという知らせが入るのだった…。

上映時間:98分
2017年12月2日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー!
配給:ユーロスペース
公式サイト:http://kibou-film.com/
(C) SPUTNIK OY, 2017

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS