『(500日)のサマー』の監督が描く『gifted/ギフテッド』が私たちにくれる特別な【ギフト】とは?

2017.11.20
特集

FILMAGA編集部

フィルマーくま

(500日)のサマー』でこれまでに無いビターでシャープなラブストーリーを描き、センセーショナルにデビューしたマーク・ウェブ監督。ハリウッド超大作も手がけた彼が今、ヒューマンドラマが自身の原点だと語り、新作として選んだ『gifted/ギフテッド』。

71001_main

天から非凡な才能(ギフテッド)を与えられた少女と、その育て方を巡って対立する祖母と叔父を通して、“人生における本当の幸せとは何か”を問いかける作品です。全米での公開時、5週連続でトップ10入りを果たし、大ヒットを記録した本作。その見所を公開に先立って鑑賞したフィルマークスユーザーの絶賛の声と共にご紹介します。

 

あの人気ハリウッドスターと最高にキュートな子役、2人のチャーミングな掛け合いに釘付け!!

本作はフロリダに暮す、少し変わった2人と1匹の猫の家族の物語です。幼い頃に母を亡くしたマッケンナ・グレイス演じるメアリーと、彼女を育てる叔父、クリス・エヴァンス演じるフランク。この主演の2人が魅せた演技の素晴らしさを語らずに本作を語る事はできません。

71001_2

キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ』シリーズでハリウッドのアイコンの1人となったクリス・エヴァンスですが、本作では超大作シリーズのタフなイメージからは一転、家族の在り方に悩み、立ち止まり、失敗を繰り返しながらも男手ひとつで懸命に姪を育てる人間味溢れる男性を演じています。
自身の人生、姉を救えなかった後悔、母との関係、姪を育てる者としての責任など、日々揺れ動くフランクの心情を細やかに表現しており、口数は少ないながらも彼から語られるフレーズや、視線に込められたメアリーへの愛情にきっと胸が締め付けられるはずです。

71001_3

そしてもう1人の主役、劇中、最高にキュートな笑顔とファニーなしかめ面の演技で、一瞬にして観賞者を釘付けにし、観賞後もずっと忘れられない衝撃的な魅力を放つマッケンナ・グレイス。数学の特異稀な才能を持ちながらも、子供らしい一面や、自身の能力の為に家族と離ればなれになってしまうかもしれない大きな不安を抱えるメアリー。

そんな天才少女を感情表現豊かに演じた彼女は現在11歳ながら、飛び抜けたファッションセンスでSNSでも大注目!Instagramでは45万人以上のフォロワーに愛されており、今後の成長と活躍が楽しみな天才子役なのです。

■フランク役のクリス・エヴァンスとの中盤から大団円に向けてのやり取りは、感情が触れ合う瞬間を描いていて、涙腺を緩ませられる。(makooowlさん)
■7歳の少女メアリー演じるマッケナ・グレイス、まさに天才子役。たくさんの人の心を魅了した彼女の演技力もきっとギフテッドの一つなんだろうな。(sice421さん)
■とにかく、メアリーが可愛すぎる。 彼女の嬉しそうな笑顔やあどけない表情、悲しみたっぷりの泣き顔を見るたびに、自分の娘が小さかった頃と重ね合わせてしまい、涙腺が崩壊…。お子さんのいらっしゃる方はもちろん、身近にちびっ子がいらっしゃる方にもとてもオススメです!(hrykubktさん)

作品を彩る魅力溢れるキャラクターたち!ファッションやプロダクトにも注目して!

主演の2人と共に作品を盛り上げる個性豊かなキャラクター達にも注目です。メアリーを我が子のように可愛がる隣人ロバータ役には、『ドリーム』や『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』のオスカー女優、オクタヴィア・スペンサー

71001_4

もって生まれた特別な才能をのばす事こそが大人の使命だと考える、メアリーの祖母役イブリンに、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のリンゼイ・ダンカン。フランクの信念に引かれていくメアリーの担任、ポニーには『怪盗グルーのミニオン大脱走』など声の出演でも知られるジェニー・スレイト。脚本を手がけたトム・フリンの飼い猫がモデルになっているという、メアリーとフランクの家族の一員、“歴史上一番すごい猫”である片目の猫フレッドもストーリーに大きな彩りを与えています。

71001_5

魅力的なキャラクターに加え、劇中のファッションやプロダクトも印象的な本作。「VOGUE」などファッション誌で活躍するアビー・オサリヴァンが手がけた劇中の衣装、特にファッションが好きな人はメアリーの毎日の洋服を見るだけでもそのキュートなコーディネートにワクワクが止まらないはず。

71001_6

(500日)のサマー』でもプロダクトデザインを務めたローラ・フォックスによるプロダクトの数々はカラフルでありながらも場面の世界観を美しく統一しています。『ピアノ・レッスン』でアカデミー賞にノミネートされたスチュアート・ドライバーグのカメラワークによって切り取られた、暖かく光に包まれた優しい映像も見物となっています。

■子役を含む役者の演技が素晴らしく、機会があればもう一度観たい。ぜひ人にすすめたい映画。(rie9009さん)
■絵作りがとても綺麗で思わずため息。そこに二人の自然な演技が良く映えていてドラマに飲み込まれました。(Kosukejjさん)
■風景がとても綺麗で、特に、夕焼けに映るフランクとメアリーのシーンは最高に美しい。(hrykubktさん)

7歳の少女が教えてくれた【人生で一番大切な事】。その答えに優しい涙が溢れだす!!

フランクとメアリー、この新たな“バディ”が観る者の心をつかんで離さないのは、絆が途切れそうになるたびに恐れる事無く強く結び直すその姿です。天才少女が教えてくれる、どんな優れた才能よりも一番大切な才能。

71001_7

2人がたどり着く結末に涙があふれ、まるで素敵な贈り物をもらったような暖かい気持ちになれる本作。素晴らしいキャスト達の演技と調和し、マーク・ウェブが脚本から思い描いた“シンプルで暖かみがあって、エネルギーを感じさせる”『gifted/ギフテッド』の世界観にも注目です。

■脚本も緩急とても良くて、101分まるで飽きずに疲れずに見終わってしまった。 大切にしたい映画がひとつ増えた気がします。(_mcso_さん)
■役者たちの素晴らしい演技と見事な脚本とともに人としての愛のあり方を感動的に描いたハートウォーミング映画。7回泣きました。まず久しぶりにこんなにも心がジーンとなる映画を観れたことに感謝。(mamamatsushiさん)

gifted/ギフテッド』は11月23日に公開となります。是非劇場でご覧下さいね。

◆映画『gifted/ギフテッド』 information

ギフテッド

あらすじ:フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

上映時間:101分
11月23日(木・祝)よりTOHOシネマズ シャンテ ほか全国ロードショー​
配給:20世紀フォックス映画
公式サイト:http://gifted-movie.jp/ 
(C)2017 Twentieth Century Fox

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS