【超ド級の冒険が始まる】この冬は、涙・笑い・アクションありの最高のエンターテイメント”ハガレン”を観に行こう!

2017.12.01
特集

FILMAGA編集部

フィルマーくま

すでに世界190カ国以上という空前の規模での公開が決定している映画『鋼の錬金術師』がいよいよ12月1日(金)より全国公開! 原作は世界的な人気を誇るシリーズ累計発行部数7000万部を超える同名のコミックス。

hagane_ill1

人気と実力を兼ね備えた豪華俳優陣が、原作ファンをもうならせる好演をし、そして邦画史上最大規模のVFXを駆使。その作業に一年もの期間を費やして作品世界に命を吹き込んでいます。それはもう、今までの日本映画とは比較にならないほどのCGクオリティー!とくに主人公エドの弟、鎧(よろい)の身体の〝アル〟は、何度見てもまるで生きているようにしか思えない質感と重量感です。

鋼の錬金術師_山田涼介さん

「どうぞ世界190カ国で絶賛されて来い!」と胸を張って日本から送り出せる『るろうに剣心』『ハリー・ポッター』シリーズのワーナー・ブラザース映画が贈る、この冬おすすめの、涙あり・笑あり・アクションありのファンタジー・エンターテイメント超大作なのです!「原作は知っているけど、どんな感じで描かれているの?」という原作ファンも、「いやいや、そんなに盛り上がられても…原作知らないし…」というハガレン初心者のアナタにも、今回わかりやすく映画『鋼の錬金術師』ご紹介いたします。

 

ハガレンの基礎! 錬金術って?賢者の石って?

hagane_ill2

この2つだけ把握してもらえればハガレンの基礎はバッチリ!
タイトルにもなっている「錬金術」というのは、〝あるものを違うものに作り変える魔法のような科学〟。鉄や木、石などの材質を理解、分解、再構築する技術です。そして「賢者の石」というのは、「錬金術」の力を何倍にも増幅させると言われる伝説の石。主人公のエド&アル兄弟は、この賢者の石を探して冒険します。

エド&アル兄弟の冒険の目的とは?

hagane_ill3

主人公の兄エドと弟アルは、幼くして母親を亡くしています。その母を〝錬金術〟で蘇らせようとして(ホントはタブーとされてる)失敗…。その代償として、兄のエドは右腕と左脚を失い、弟のエドに至っては身体そのものを亡くして、魂だけの鎧の身体となってしまいます。
「錬金術の力を増幅させる“賢者の石”があれば、弟の身体を取り戻せるはず!」とふたりは冒険の旅に出るのです。

それぞれの思惑が絡むミステリー要素もみどころ

hagane_ill4

賢者の石にはさまざまな思惑を持った人物たちが関わっています。
純粋な気持ちで賢者の石を探しているエド&アル兄弟と幼なじみのウィンリィ。賢者の石を研究していたという怖い顔した研究者ドクター・マルコー。「賢者の石なんて存在しない」というマスタング大佐ら軍部。そして、賢者の石の秘密を握っていそうな謎の人造人間ホムンクルスたち。それぞれの立場の正義と悪が入り乱れて、一体誰の言葉を信じればいいのかわからないミステリー仕立ての物語も見どころの一つです。

兄弟愛に涙する!スタント無しのアクションも凄い!

鋼の錬金術師_山田涼介さん

目が離せないのはストーリー展開だけではありません。冒頭から怒涛のアクションシーンの連続!ハイレベルなCGの融合によって想像を超えた迫力の映像に仕上がっています。高低差7メートルの降下大ジャンプなど、主演の山田涼介は危険を伴うシーンも含めて、すべてスタント無しで自ら演じています。日頃のステージで鍛えた瞬発力と度胸の良さが様々なシーンで活きており見応え満載です。

hagane5

またクスッとさせる笑いを織り交ぜながら、弟のために命を賭けて戦う主人公エドの成長、深い絆で結ばれた兄弟愛。軍部の複雑な人間関係や人造人間たちの哀しさなどが描かれる本作は、エンターテイメント映画でありながら深い感動ドラマとして昇華されています。ラストシーンにきっと涙が溢れるはずです。

■弟想いという3文字では到底語り尽くせないエドの弟想いっぷりが熱く、そして泣ける。自分にしては珍しくわりと最初から最後までボロ泣きしてたけど、ほぼこの兄弟愛のせい。このエドとアルを見ていたら、CGのすごさとかは良い意味で忘れてしまって、そこに"エドとアルがいる"と思えた。(flew_filmさん)
■CGとアクション凄いです!キャラクターも山田くんのエドがエドだった。エド走り、いびきをかいて寝る、アルを思う気持ち。アルも、アニメと声が違うとはいえ段々と違和感もなくなり「あぁ…アルだ」となりました。(mimi_tさん)
■原作も好きなのでどのように映像化されるのか不安と期待を抱えながら観ましたが凄く面白かった!確かに原作とは変えてある部分もはしょられてる部分もありましたが原作の持つ魅力、エドのアルへの胸をえぐられるくらいに強い愛情と決意はそのまま...いえ実写である故によりエモーショナルに伝わってきたように思います。CGも日本でこのクオリティーのものが作れるんだと素直に感動...!(tabbycat04さん)

拍手を送りたいヴィラン(悪役)! 松雪姉さん最強すぎる!

hagane_ill4

この冒険活劇をリアルな人間ドラマにさせたのは実力派俳優たち。中でも素晴らしいのが松雪泰子!そのたぐいまれな美貌と存在感で壮大なハガレンワールドの最強のヴィラン(悪役)として完全になり、人造人間という悲しさや儚さまでも深い演技で見事に表現しています。

hagane6

壮大な冒険、世界レベルの映像世界、実力派俳優たちの名演など楽しむポイントがたくさんある映画『鋼の錬金術師』!この冬はハガレンワールドへ出かけよう!

映画『鋼の錬金術師』12月1日(金)より全国公開

◆映画『鋼の錬金術師』 information

鋼の錬金術師ポスター

あらすじ:運命に挑む兄弟エドとアル。幼き日に最愛の母を生き返らせようと、禁断の術を犯した。エドは手脚を失い、アルは魂だけの鎧の身体になった。必ず弟の身体を取り戻す――そう決心し、鋼の義肢、オートメイル(機械鎧)を身に着けたエドは、やがて“鋼の錬金術師”と呼ばれる存在となる。身体を取り戻す唯一の手がかりは、謎に包まれた「賢者の石」。「賢者の石」を求めて旅をする兄弟の前に立ちふさがる美しき最強の敵、ホムンクルス。それはやがて国家を揺るがす強大な陰謀に巻き込まれていく…。壮大な旅の果てに、待ち受ける驚愕の真実とは? 兄弟の絆を懸けた、感動の冒険が、いま始まる!

上映時間:133分
2017年12月1日(金) 全国ロードショー!
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://hagarenmovie.jp
(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS