【解説付き!】Netflix映画2夜連続上映!『パワー・オブ・ザ・ドッグ』&『ドント・ルック・アップ』プレチケ企画

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

5/17(火)、5/18(水)の2夜連続でNetflixオリジナル作品を映画館の大画面で、さらに”解説付き”で上映するプレチケ企画を開催!

話題作品を次々と送り出すNetflixのオリジナル作品。アカデミー賞も席巻する作品群の中で今回はアカデミー賞で最多12部門にノミネートされた『パワー・オブ・ザ・ドッグ』とアカデミー賞4部門ノミネートの『ドント・ルック・アップ』の2作品を、映画・音楽ジャーナリスト宇野維正さんの解説付きで、2夜連続で上映いたします。

Netflixでの配信開始タイミングで一部映画館では公開されたもののかなり限定的でしたので、映画館の大スクリーンでは未見の方も多いのでは?
本企画は、映画館の大画面と音響でそんな話題作を鑑賞できる機会です。
しかも、宇野維正さんの解説付きとなりますので、より作品理解を深めるためにも再鑑賞したい方、大画面で見直したい方、観ようと思っていた方などお待ちしています。

 

宇野維正(うの これまさ)
映画・音楽ジャーナリスト。「集英社新書プラス」「MOVIE WALKER PRESS」「メルカリマガジン」「キネマ旬報」「装苑」「GLOW」などで批評やコラムやインタビュー企画を連載中。
著書:「1998年の宇多田ヒカル」(新潮社)、「くるりのこと」(新潮社)、「小沢健二の帰還」(岩波書店)、「日本代表とMr.Children」(ソル・メディア)、「2010s」(新潮社)

 

上映情報

作品:『パワー・オブ・ザ・ドッグ』
日時:2022/5/17(火)19:00〜

作品:『ドント・ルック・アップ』
日時:2022/5/18(水)19:00〜

劇場:池袋HUMAXシネマズ東京都豊島区東池袋1-22-10 ヒューマックスパビリオン 池袋サンシャイン60通り
価格:2,000円
定員:179名(全席指定)
企画・主催・配給協力:プレチケ(Filmarks)
提供:Netflix
※5/6(金)までに20名以上の参加で開催が確定します。

 【チケットの購入はこちらから】
『パワー・オブ・ザ・ドッグ』
https://premium-ticket.filmarks.com/event/c9vmxccmlkq
※システム使用料160円がかかります

 『ドント・ルック・アップ』
https://premium-ticket.filmarks.com/event/vvly454w8i
※システム使用料160円がかかります

作品情報

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』
監督・脚本:ジェーン・カンピオン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キルスティン・ダンスト、ジェシー・プレモンスター、コディ・スミット=マクフィー

<あらすじ>
1920年代アメリカ西部。牧場主のマッチョな兄フィルは、心優しい弟ジョージの元に訪れた未亡人とその息子によって変化する生活に苛立ち、敵意をむき出しにし威圧的に接するが、やがてとある秘密が露呈して…

『ドント・ルック・アップ』
監督・脚本:アダム・マッケイ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・ローレンス、ロブ・モーガン、ジョナ・ヒル、マーク・ライランス、タイラー・ペリー、ティモシー・シャラメ、ロン・パールマン、アリアナ・グランデ、キッド・カディ(スコット・メスカディ)、ケイト・ブランシェット、メリル・ストリープ、マシュー・ペリー

<あらすじ>
天文学者のミンディ博士らは、地球衝突の恐れのある巨大彗星を発見し、人類の危機を知らせるために奔走するがメディアも大統領も真剣に取り合わず、事態は思わぬ方向に…

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。
公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • hanna
    3.7
    動物が好きだから少し目を離したくなるところもあったけど、すごく余韻の残る映画だった…
  • mocomoco
    3.8
    記録
  • ラフマン
    4
    1925年モンタナ。 雄大で美しい自然の中のカウボーイ達の暮らしを典型的なホモソーシャル世界として描いている。男性的な繋がりで絆が結ばれ女性的なものを嫌悪する。ところが映画を見ていると主な登場人物の4人それぞれがその典型的な型には当てはまらないことに気付く。違和感と違和感の不協和音。何とも不穏だ。感情を逆撫でするような音楽も素晴らしくいい。ゆっくりした美しい映画でありトラウマ的な感覚を残す映画。
  • ろいどたん
    1.5
    、おもんなくてねた。
  • seven
    -
    記録 (字幕) ネトフリ映画でしょ?と疑ってたのは否めず。後回しにしてたけど観終わった後はこんなに良く出来た物手軽に観れちゃっていいんですか、と頭下げようかと思った。 これは原作読みたくなるタイプの映画だな。
パワー・オブ・ザ・ドッグ
のレビュー(15762件)