韓国ホラーの傑作『コンジアム』プレチケ上映

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで、韓国ホラーの傑作『コンジアム』を上映します。

大物スターが出演していない低予算ながらも、2003年の『箪笥』に次いで韓国ホラーの歴代興収2位となるサプライズ・ヒットを記録した韓国ホラー『コンジアム』。

本作の上映をセレクトしたのは、ホラー映画通の人喰いツイッタラー・人間食べ食べガエルさん。

人間食べ食べカエル

人間食べ食べカエル

(人喰いツイッタラー)

■プロフィール

人喰いツイッタラーです。主な活動場所はTwitterですが、Webサイト、雑誌等にも寄稿しております。好きな映画は『ザ・グリード』です。よろしくお願い致します。

“世界7大心霊スポット”に選出された実在の廃病院・・・
その忌まわしい場所に足を踏み入れた若者たちの絶叫ライブ・リポートを映像化した超体感型ホラー!

また、劇場窓口にて、劇場公開時のパンフレットも販売が決定!限定20部にて販売いたします。この機会に是非お買い求めください。

さらに、開催を記念して、Twitterプレゼントキャンペーンを実施中です。

滅多にない上映会ですので、ぜひこの機会にご参加ください。皆さまのご来場お待ちしております。

開催概要

・日時:2022年6月3日(金)19:00開映
・会場:池袋HUMAXシネマズ シネマ2(東京都豊島区東池袋1丁目22−10 ヒューマックスパビリオン 池袋サンシャイン60通り 8F
・上映時間:94分
・価格:1,600円
・座席:全席指定
・定員:205名

企画・主催・配給協力:プレチケ(Filmarks)
配給・提供:ブロードウェイ

※システム利用料160円がかかります

作品情報


2018年/韓国
上映時間:94分
監督:チョン・ボムシク
キャスト:ウィ・ハジュン、パク・ジヒョン、オ・アヨン、ムン・イェウォン、パク・ソンフン、ユ・ジェユン、イ・スンウク

© 2018 SHOWBOX AND HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

Filmarks映画情報:https://filmarks.com/movies/80611

詳しいご利用の流れはプレチケサイトから!
https://premium-ticket.filmarks.com/

 

【諸注意】
・いかなる理由においてもチケット購入後の変更やキャンセルはできません
・チケット代のほか別途システム利用料(160円/枚)がかかります
・クレジットカード決済のみの対応です
・当サイトからのみ購入可能です。劇場での販売はございませんのでご注意下さい
・決済完了後、購入時にご記入いただいたメールアドレスに購入メールが届きますのでご確認下さい(届かない場合、受信拒否設定、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください)
・当日、会場受付で電子チケット画面(プレチケマイページ)を提示してご入場いただきます(チケットの発券はございません)
・予告編なく、本編を上映します。開始時刻までにお越しください
【感染症対策における注意事項】
・館内では、上映中の飲食時を除きマスクの着用をお願い致します。
・マスクを外した状態での会話を防ぐため、上映前の飲食はご遠慮下さい。
・ご来場の際は、マスクの着用や検温をはじめとする映画館の新型コロナウイルス感染症予防ガイドラインへのご協力をお願い致します。

■「プレチケ」とは


「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • もちもち
    3.3
    しっかりホラー 廃墟探検!同時進行で行われる当時の調査 演出たっぷりで面白い
  • Kanae
    1
    最新の撮影方法を使ってのホラー映画。 思った以上に怖くなく、お化け屋敷に入ったくらいの感覚でした。
  • あつぼう
    3.3
    2012年にCNNの「世界七大禁断の地」のひとつに選出された、韓国最恐の心霊スポットといわれる京畿道広州市に実在するコンジアム精神病院跡を舞台にしたホラー映画。 7人の若者がこの場所でライブ配信をしようとするけど、配信者として恐怖よりも、少しでも怖いものを配信して視聴者を増やしたいという欲求が勝ってるのは現代的で面白いと思った。しかし時間が経つにつれて配信よりも恐怖が勝り、いかに自分たちの行動が愚かだと悟ってもその時には手遅れですね。 この映画はPOV形式で撮影されていて、恐怖に歪む顔や走って逃げる時のカメラの揺れ具合など臨場感がありました。額に付けられたカメラに切り替わった時には息遣いなどからも恐怖が伝わってきてPOVとホラーって相性がいいんやなと再確認。でも最近ではPOV形式のホラーは飽和状態にあるけどね。 ヘッドフォンを付けて鑑賞してたのですが、何度か音にビックリさせられて飛び上がってしまいました。何か出てきそうと思って構えてる時の大音量は心臓に悪いです。 合コンのような前半がダラダラ長すぎるので、精神病院跡に辿り着くまで頑張れるかポイントです。 黒目は間違いなくトラウマになるレベルでした。
  • m
    3.3
    ハラハラする
  • 10
    4
    不快な描写がなくホラーが苦手でも見れる。怖かった。
コンジアム
のレビュー(24976件)