【限定公開】超豪華キャスト総出演!Netflix配信ドラマ元ネタの伝説カルト映画

映画好きをこじらせLAへ

MaryK

9月2日に日本でサービスを開始する世界最大の動画配信サービスのNetflix (ネットフリックス)。 アメリカでは4000万人以上の加入者がおり、TVのかわりにNetlifxを見る生活というのが一般的になっているほど。

映画や海外ドラマファンにとっては今年一番嬉しいニュースなのではないでしょうか?

サービススタートまで一ヶ月を切り、日本で配信される予定の作品が徐々に明らかになってきていますが、注目していただきたいのがNetflix独自で製作をしているオリジナルコンテンツの豊富さ。

その中のひとつ『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:キャンプ1日目』は特にイチオシの作品です!

実はこちらは2001年にアメリカで公開されたコメディ映画『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』をNetflixが8話のミニシリーズとしてオリジナルコンテンツ化したものなのです。

WHAS_Poster

14年も経った今シリーズ化されるだけあり、歴代名を残してきたコメディ映画としてははずせない作品。それなのに関わらず日本ではDVDすらリリースされていない!

しかし、嬉しいことに日本未公開の映画を紹介しているGucchi's Free School(グッチーズ・フリー・スクール)さんによって、9月12日・26日の2日間限定で上映されることになりました!大きなスクリーンで日本語字幕付きで見れるなんて素晴らしすぎです!

そこで今回はネタバレはせずに、映画版『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』 がなぜ見逃せない作品なのかをご紹介していきます。

アメリカのサマーキャンプを舞台にしたコメディ

映画の舞台となるアメリカでは、多くの子供たちは夏休みになるとボーイスカウトやガールスカウト、地域のコミュニティやYMCAなどが企画をするサマーキャンプに参加をします。グループごとにキャビンで寝泊まりをし、昼間は水泳やダンス、アート作りといった様々なアクティビティをこなし、楽しい夏の思い出を作るのです。

そのキャンプで子供たちと一緒に生活をするのがカウンセラーと呼ばれるスタッフ。彼らの多くは大学生です。今作『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』では、カウンセラーを務める大学生たちが主役

彼らの仕事は子供たちのお世話のはずですが、お年頃なのでもちろん他の目的も... キャンプの最終日、気になるあの子とどうなるかを追ったコメディです。

カルト映画としての成功

商業的に成功し、知名度のある映画とは対照的なのがカルト映画と呼ばれる作品。決して評価は高くないのにも関わらず熱狂的なファンから支持され、世代を超えて支持されていきます。この『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』もそんなカルト映画のひとつです。

プレミア上映されたサンダンス映画祭では4回のスクリーニングがされ、どの回も売り切れで大成功。しかし、その成功とは裏腹に配給会社からのオファーには恵まれませんでした。2001年7月の公開当時、上映されたのはニューヨークにあるたったの2つの映画館のみ。

その年のベスト10に選ぶ評論家もいましたが、ほとんどがネガティブなレビューばかり。アメリカの大手映画レビューサイトRotten Tomatoesでの評論家からの支持は100%中32%と散々な結果に終わりました。

しかし、2002年にDVDリリースがされてから、その面白さはコメディ映画ファンの間に広まっていくことに。真夜中の映画館でリバイバル上映されては、ファンはキャラクターの格好をし映画館に集まるほど!決して評論家からの評価が上がることはありませんでしたが、コメディ映画ファンの中ではカルト映画として語り継がれていくことになったのです。

では、ただのサマーキャンプコメディがここまで注目されることとなった理由は何なのでしょうか?

今ではありえない豪華キャストが集合

誰もが夏の思い出として記憶に残っているサマーキャンプを題材にしていること。見ているこっちが引いてしまうほどのおバカジョーク炸裂など、注目点はたくさんあるのですが、カルト映画として今でも根強い人気を持っている最大の理由は豪華キャストにあります。

マーベル最新作『アントマン』で世界最小ヒーローを演じているポール・ラッド

Paulrudd

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Paul_Rudd

彼は『クルーレス』でアメリカ中の女子を虜に!その後は『40男のバージンロード』や『寝取られ男のラブバカンス』、『俺たちニュースキャスター』といったコメディ作品へ多く出演をしてきました。

2008年の『ぼくたちの奉仕活動』で監督を務めたのが『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』のデヴィッド・ウェインでもあります。

2000年以降のコメディ界をひっぱってきたエイミー・ポーラー

amy_p

 
最近では『インサイド・ヘッド』のジョイ役として参加。海外ドラマ『パークス・アンド・リクリエーション』では主演だけでなくプロデューサーとしても制作に関わっています。また、ポール・ラッドとは『ラブコメ処方箋 甘い恋のつくり方』でも共演済み。

女子に大人気のイケメン俳優ブラッドリー・クーパー

1999年から小さな役でTV出演をしてきましたが、実は『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』が映画デビュー作品です。
 
コメディ映画『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』でブレイク。その後は『世界で一つのプレイブック』、『アメリカン・ハッスル』や『アメリカン・スナイパー』でアカデミー賞に3年連続でノミネートされているため演技派としての印象のほうが強いではないでしょうか?
 
そんな彼が今では想像できないとある "役" を今作品では演じてしまっています。

監督業も忙しいブロンド美人エリザベス・バンクス

EB_1

 
海外ドラマからコメディ映画に監督業もこなす多才なエリザベス・バンクス。今作『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』は映画出演3作品目。そのため、当時はまだ無名の女優さんでした。
 
ポール・ラッドとの強烈なキスシーンは見ているこっちが恥ずかしくなるほど!
 
ほかには、モリー・シャノン、ケン・マリーノ、ジョー・ロー・トラグリオ、ジャニーン・ガロファロー、クリストファー・メローニといったスターが出演。

Netflix版には豪華スターのカメオ出演も

そんなわけで、公開から14年経った今では主役級の豪華キャストがこぞって出演していたのです!Netflix版が作られると聞いてまず驚いたのが、オリジナルメンバーが皆出演をするということ。しかも、それだけではなくジェイソン・シュワルツマン、ジョン・ハム、クリス・パイン、クリステン・ウィグ、マイケル・セラといった超豪華スターもカメオ出演をしています!
 
9月2日のサービス開始後Netflix版 『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:キャンプ1日目』 を鑑賞したら、ぜひオリジナル映画版の『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』を見に限定公開イベントへ足を運んでみてくださいね!
 

『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』上映スケジュール

【Premiere Theater Academy (PTA)】

日時:2015年9月12日(土) / 2015年9月26日(土)
会場: なかの芸能小劇場(東京都中野区中野5-68-7)
チケット:当日13時より「なかの芸能小劇場」(スマイルなかの2階)にて発売
ゲスト:山崎まどかさん(9月12日) / 松岡葉子さん(9月26日)
 
 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • キューブ
    3.5
    (19年12月7日 Netflix 3.5点)
  • けんくり
    3.5
    ザ・アメリカンな青春を閉じこめた サマーキャンプ映画。 SEX、友情、純愛、SFなど、 ハッシュタグが多すぎてカオスw 下らないギャグは人を選ぶに違いないが、 そこはかとないノスタルジーをも含んでおり、 一部にカルト的な人気があるのも頷ける。 何となく見始めたら、在りし日の ブラッドリー・クーパーや、ポール・ラッド、 エリザベス・バンクスなんかが、 ちょい役としてでいるのが嬉しかった。 ポール・ラッドは以前は男前枠だったのねw リンクレイターやケヴィン・スミスが好きなら もちろんオススメ。
  • ITSUKI
    4.2
    80年代アメリカのくだらない10代の青春映画大好き 音楽と服とヘアスタイルと色使いと全てがイケてた
  • Ryuji
    2.0
    変人がいっぱい出てくる。自分には笑えなかった。
  • てくてくクマさん
    3.4
    不思議な映画でした。 馬鹿馬鹿しいんだけど、見るのは苦ではない感じです。 スルスル見られました。 アメリカの夏休みのキャンプのこと、こんな感じなんだなぁと分かりました。 え?子ども達にこんなこと?って場面もありましたが、なんか笑えてしまって。 まとまりはないけど、楽しい映画でした。
「ウェット・ホット・アメリカン・サマー(原題)」
のレビュー(739件)