鬼才ヨアキム・トリアー監督が放つ北欧ホラー『テルマ』チケット販売中【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『テルマ』の上映が決定。

テルマ』上映イベント詳細

ヨアキム・トリアー監督最新作『わたしは最悪。』が7月1日(金)に劇場公開されることを記念して、アカデミー賞ノミネートを初めとした各国の映画賞を多く受賞したトリアー監督の代表作『テルマ』を上映!

北欧の神秘的な自然と洗練された街を舞台に、目を醒ました少女の”願い”が引き寄せる戦慄の結末。恐ろしくも美しいイノセントホラーを映画館でぜひご堪能ください。

上映後は本作をセレクトした茶一郎さんによるトークイベントも実施予定。

■上映作品:『テルマ
■日時:2022年6月23日(木)19:00開映/20:57トークイベント(21:30終了予定)
■価格:1,800円
■上映時間:116分
■字幕/PG12
■会場:池袋HUMAXシネマズ シネマ2(東京都豊島区東池袋1丁目22−10 ヒューマックスパビリオン

※システム利用料160円がかかります

茶一郎

Filmarks、 YouTube、各媒体にて、最新映画を中心に文章/動画を投稿しているレビュアー。学生時代に映画の魅力に気付き本業も映画の仕事に従事する。

Filmarks(@tyaichiro)/Twitter(@cha_ichiro)/YouTubeチャンネル「最新映画感想レビュー – 茶一郎

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)PaalAudestad/Motlys

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • めいろろ
    3.9
    U-NEXTに入るまで観れないと思ってた作品がGYAO!で配信ありがとうございます😭 観ようと思ったきっかけは同性愛でしたが、超能力系で予想以上に好みな作品でした🌷 本作の場合は(多分)その人を想うあまり、その人をその場から移動させてしまったり、自分に嫌なことをしてくる人に対して罰を与えられるような超能力。 超能力を抑えられない感じや、超能力で物をガタガタさせる感じが『キャリー』を思い出しますね。 主人公の人がグレタ・トゥーンベリさんに少し似てて、時々それが頭から離れなかったです笑 作品の最初に激しい点滅注意⚠️と書かれるのですが、かなり目に刺激的なので明るいところでの視聴が良いかと思います!
  • TakejirouNakama
    3.5
    2022 12.4 *鑑賞 Gyaoで鑑賞 最後までテルマとアンニャ えっ!どっちがどっち?
  • カラン
    4.5
    FilmarksではJoachim Trierをヨアヒム・トリアーとしている。wikiやECサイトのDVDやBlu-ray等の商品紹介欄は「ヨアキム」としている。サッカードイツ代表の前監督はヨアヒム・レーブ(Joachim Löw)と表記される。カタカナ表記の仕方であるが、どうなんだろうか?クロースアップショットをクローずアップショットとするのは明らかにおかしい。S・フロイトをフロイドとかつてしていたのもおかしい。まあ。フォンのつかない方のトリアー監督である。 『リング』とか『エクソシスト』のように、ロケをうまく行い、美麗で既視感のある映像をデモーニッシュに仕立てている。均整の取れた、構造的な仕上がりで、よく作り込まれているのが観ていて分かる。 凍てついた海か川の氷の上に女の子がいて、カメラは氷の下から捉える。こうしたショットは構造的で、その限りで審美的なものである。実際、①プールでテルマが溺死しそうになり、②小さな弟は氷の下で溺死し、③父は水面で身体に火がついて水没。④母は雪の欄干に素足を置いて、橋から投身未遂となって下半身が動かなくなった。こうしたことが基本的なモチーフであるので、水の上と下の反復がこの映画の構造である。『母の残像』でもやっていたガラスの破片が飛来するスローモーションは、前作よりも美麗さも壮大さも劣るのだが、水のモチーフのヴァリエーションなのだろう。 キリスト教の純潔と悪魔祓いの狂信的な禊は、ここでは物理的な水は関係ないが、抑圧された欲望のイメージを焚きつけるのに非常に効果的であるのは、別に『ベルセルク』を持ち出すまでもあるまい。こうしたキリスト教的禊によって、悪魔的なものとして醸成されることになる女×女の欲望が蛇で表象されるのも分かりやすい。 つまり、この映画があまりに分かりやすく、その分映画の価値を少し下げているのは、シンプルな反復構造を目新しさのないイメージで描いているからである。 ただ、なかなか興奮したのは、タイトル出しのフラッシュの明滅が脳波測定の場で反復されて、かなりふらっとくる効果を出していたこと。また、女×女の描出。別に女優が美しいというほどのことはないと思うが、かなり扇情的で毒毒しく、エネルギーがスクリーンに溢れていた。フランシス・ベーコンの『キリスト磔刑図のための三習作』(1962)のように、エネルギーが轟いていた。超能力少女のパンツの中に別の少女の手が入り、喉にはぬめっとした黒い蛇がうねり、昇天したようなきまった目で宙空を仰ぐさまを、大きくぐるぐる旋回するカメラが捉える。背景が漆黒に潰されるフォルマリズムの力動的なショットを映画世界にしっかり着地させ、分かりづらくさせないようにしながら、ショット単体の力を目減りさせていない。これは見事なショットであろう。 なお、セル版のDVDで視聴したが、サウンドトラックはかなり優秀で、音を聴いているだけでも面白い。『リング』に似た不気味で重層的な低音に金属の響きを入れていたり、映画世界を描出する分厚いサラウンド感がでていた。
  • TB12
    2.7
    思ってたのとちょっと違かった。 割と普通の青春映画っぽい感じ。 まあ嫌いではなかったけど。
  • kariki
    3.2
    面白かった。映像も綺麗。
テルマ
のレビュー(5627件)