「ケルト3部作」ブルーレイ・ボックス発売記念『ウルフウォーカー』チケット販売中【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『ウルフウォーカー』の上映が決定。

ウルフウォーカー』上映イベント詳細

イラストレーター・ぬまがさワタリさん企画のプレチケ特別上映会!

製作した長編作品すべてがアカデミー賞にノミネートされ新作が最も待ち望まれるアニメーション・スタジオの1つ、カートゥーン・サルーンを代表する『ブレンダンとケルズの秘密』、『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』、そして初ディスク化となる最新作『ウルフウォーカー』を含む「ケルト3部作」全てを収録した豪華ブルーレイ・ボックスが2022年6月24日(金)に発売されます。

これを記念して「ケルト3部作」の最終章として構想から7年かけて製作された第93回アカデミー賞長編アニメーション賞ノミネート作『ウルフウォーカー』をリリース日の6月24日に合わせて映画館で特別上映します。

眠ると魂が抜け出しオオカミになる“ウルフウォーカー”。中世からアイルランドで密かに伝えられてきた伝説をもとに描く、ウルフウォーカー・メーヴと少女ロビンの物語。

また、劇場窓口にて、劇場公開時のパンフレット・ポストカードの販売が決定!終日販売しておりますので、この機会に是非お買い求めください。

■上映作品:『ウルフウォーカー
■日時:2022年6月24日(金)19:00  開映
■価格:1,600円
■上映時間:103分
■会場:池袋HUMAXシネマズ シネマ2(東京都豊島区東池袋1丁目22−10

※システム利用料160円がかかります

ぬまがさワタリ

イラストレーター、作家。いきものと映画を愛するクリエイター。過去作『ゆかいないきもの㊙︎図鑑』『ふしぎな昆虫大研究』など。最新刊『ゆかいないきもの超図鑑』発売中。

Twitter(@numagasa)/ブログ(沼の見える街)/note(ぬまがさワタリ

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)WolfWalkers 2020

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • ふふふ
    4.6
    狼狩りの父を持つ少女ロビンとウルフウォーカー(狼の魔女みたいな)のメグの友情物語。 良かった。これ、すごく良かった。 童話的なタッチと素朴ながらも深い物語がマッチしてよかった。
  • helLOVEnus
    -
    Wolfwalkers.CM 5c4f7156f7592fbecd46 5104999333fe067c513d
  • けん
    -
    2023 18
  • ぽぽろ
    5
    この映画の素晴らしさを語るには語彙力が足りなすぎる カートゥーン・サルーンの作品はすべて、観ているこちら側を飲み込むような眩く神聖な美しさがある オオカミになった時の表現の巧みさも凄い そして、映像の美しさもさることながらストーリーも文句なしに良かった ロビンとメーヴ出会ってくれてありがとなの気持ちで満たされます 日本語吹き替え版も観なければならない AppleTVだけじゃなくてもっと大々的に配信してくれてもいいんだよ
  • ドスティ
    4.4
    ケルト三部作で一番好きだしアート性に加えエンタメ要素も高まった傑作! 優美な映像と音楽(オーロラの歌が完璧)、権威主義な男社会の暴力と破壊に対抗し抑圧から解放されるシスターフッドの力強い物語。 オオカミは自然の象徴で、排除されるマイノリティでもある。 どうしたらいいか分からない子供の無力感や、家父長制の権化な悪役が敬虔なクリスチャンだったり、イギリスに侵略されたアイルランドの人々の反応など、絵と同様に人間の描写も凄い。 動物の視点で疾走し臭いが“見える”表現も秀逸。 ロビンの父親役がショーン・ビーンなので、生死が気になっちゃった。
ウルフウォーカー
のレビュー(2828件)