TCP2017準グランプリ受賞の映画『ザ・ドールハウス・ファミリー(仮)』片岡翔さん【インタビュー】

2018.01.18
インタビュー

FILMAGA編集部

フィルマーくま

TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社グループが主催する、映像クリエイターと作品企画の発掘プログラム「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」(以下、TCP)。中江和仁監督『嘘を愛する女』を輩出したことでも知られる本プログラムで、2017年、全268の企画を勝ち抜き、準グランプリ・GREEN FUNDING賞を受賞した『ザ・ドールハウス・ファミリー(仮)』片岡翔さんにお話を伺いました。

0101

――応募されたきっかけは何だったんでしょうか?

若手がこうした機会をもらえることはなかなかありません。でも、TCPは制作に直結していますから、作り手にとっては一番ありがたいチャンスだと思っていました。日本の場合は、マンガや小説に面白い作品が多いので、昨今オリジナルの企画が通らない風潮もあります。けれど、映画の多様性としては、「観たことのないものを観てほしい」という思いが強いので、オリジナルで作れる機会だと応募しました。

――『ザ・ドールハウス・ファミリー(仮)』の着想はどこから?

僕には人形がすごく身近なものとしてあるんです。父親が人形屋をやっていて、フランス人形、日本人形、現代作家のアート的な人形などを展示・販売しています。僕も、そこで働きながら自主映画を作っていました。僕自身もぬいぐるみがすごく好きで。一番最初、小説を書くときも、自分が本当に好きなものを書きたいと思って、ぬいぐるみと男の子の心が温まる話を書いたんです。ここ数年、仕事としても、心が温まる系の話をずっと書き続けていたので、オリジナルをやるのであれば、ここらで少し違う系統に挑戦したいと思ったんです。

――温かさとは真逆の、ややホラーテイストの話にも感じています。

おっしゃる通り、真逆なものをやってみようと思いました。ぬいぐるみや人形が喋るんだけれど、全く心が温まらない話にしたいと。実は、一般の方の9割以上は人形を見ると怖がるんです。僕自身は小さい頃から傍にいたからか、不気味さとかは感じていなくて。そこが面白いなあと思ったんです。顔があるものに心を感じてしまうというか、魂を感じてしまうというか。だからこそ恐怖を感じてしまうと思うんですけれど。そういう類の映画は今までいろいろあると思うんですけれど、もう少し自分なりに深く掘り下げたものができないかと思い、企画しました。

4444

――片岡さんならではのオリジナリティを出すため、どういうところにこだわりました?

ただ怖い映画にしたくないことが、まずありました。不気味ですけれども可愛い一面もあったり、感情移入できたり、すごく可哀想に思えたりとか。単純に、ビジュアルとして、人形をホラーの対象として扱う作品とかも様々ありますが、人形を雑に扱っていることが往々にしてあると感じています。僕はもうちょっとこだわって、いわば俳優と同じような扱いで、人形やぬいぐるみを撮りたい思いもあります。

――ゆくゆく、「この作品がこうなったらいいな」という思いはありますか?

昔、僕が子供の頃に好きだったのが、TSUTAYAの棚の「スタッフレコメンド」なんです。そこには、大ヒットした作品ではなく、目立たない名作がたくさん並んでいました。レコメンドされた作品を観て育った環境もあったので、僕の作品も、そういうところにずっと、ひっそりいるような、残れるような映画にしたい。もちろんヒットできればという気持ちもありますけど、一過性ではなく、何年後かにも手に取ってもらえるような映画にしたいです。

――これまで作品をつくる中で、特に影響を受けた方はいらっしゃいますか?

影響かは分からないですけれど、宮崎駿さんが大好きで、もう心酔して育ってきたので、宮崎さんの作品全般です。実写映画ではウェス・アンダーソン監督が一番好きです。目指したいという思いとは少し違いますが、素敵な世界観に近づけたらいいなと思っています。

――最後になりますが、正直「グランプリじゃないのかよ!悔しい!」的な思いは1ミリくらいありますか?

(笑)。本当に自信がなかったんです。…けど、「準グランプリ」で名前を呼ばれたときに、実は、ちょっとだけ悔しかったんですよね。そういう悔しさが出てきたことは、自分の中では大きいことで、「ああ、いいことだな」と後からちょっと思えました。けどチャンスはチャンスなので、(グランプリの)針生さんに負けないくらい頑張りたいです。

(インタビュー・文:赤山恭子、写真:編集部)

TCP2017受賞監督インタビュー(全4回)

 

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM 公式サイト

【あわせて読みたい】
※ 話題作『嘘を愛する女』の中江監督も輩出!「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM」今年のグランプリが決定
※ 『嘘を愛する女』中江和仁監督が語る映画の企画ノウハウ
※ TCPグランプリ受賞の映画『嘘と寝た女』中江和仁監督インタビュー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS