【節分の日】怖い「鬼」がでてくる映画ランキングベスト10

2018.02.03
映画

FILMAGA編集部

フィルマーくま

7777

2月3日は節分の日。1年で最も鬼がフィーチャーされる日。というわけで、映画に出てくるいろいろな「」に注目。

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)に投稿された映画レビューで、「鬼」という単語が多く使われている映画を抽出し、ベスト10を発表。

どれも豆ではとうてい追い払えなさそうな“鬼”たちばかり。さっそく10位から見ていきましょう。

「鬼」映画ランキングTOP10

第10位『ノーカントリー』(115件)

144

麻薬取引の大金を巡り、ハビエル・バルデム演じる殺人鬼シガーが凄惨な殺戮劇を繰り広げる、コーエン兄弟製作の傑作スリラー。観る者に強烈な印象を残す、シガーのかわいげなマッシュルームヘアとは裏腹なサイコパスっぷりで、第10位にエントリー。

1

みんなのレビュー:「俺史上1番怖い殺人鬼」「鬼気迫る逃亡劇の中の、命を狙われた者の絶望感やダークな雰囲気」「とにかく鬼畜殺人鬼」

第9位『青鬼』(118件)

9654

閉ざされた洋館から脱出する人気ホラーゲームを実写映画化。追いかけてくる不気味な青鬼に「怖い」「怖くない」「キモい」「かわいい」「笑える」など、意見はさまざま。続編『青鬼 VER.2.0』やアニメーション作品『青鬼 THE ANIMATION』もあります。

987

みんなのレビュー:「青鬼のビジュアルが良くできてる」「青鬼追っかけてくるシーンで大爆笑してしまって楽しかった」「青鬼のビジュアルと動きがめちゃくちゃおもしろくて元気でる」

第8位『羊たちの沈黙』(131件)

955

映画史に残るサスペンスの名作が8位にランクイン。天才的な精神科医でありながら、自らの患者を次々と死に追いやった猟奇殺人鬼ハンニバル・レクターを演じたのはアンソニー・ホプキンス。本作で、見事アカデミー主演男優賞を受賞しました。

みんなのレビュー:「数あるサイコパス殺人鬼をメインに据えた作品の先駆けではなかろうか」 「まさに怪演、鬼演」「アンソニー・ホプキンスとジョディー・フォスターとの1体1のやり取りは鬼気迫るものを感じて本当見ごたえがあった」

第7位『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(143件)

00000

TOP10で唯一ランクインした吸血鬼映画がこちら。名匠ジム・ジャームッシュ監督が、ミュージシャンと吸血鬼をテーマに描いたラブストーリーです。ホラーやサスペンスとは一味違う、"クールな吸血鬼カップル”を描いたジム・ジャームッシュらしい異色作。

789

みんなのレビュー:「最高の吸血鬼映画」「21世紀を生きる2人の吸血鬼の気怠げな愛がとても可愛らしい」「おてんば吸血鬼役のミア・ワシコウスカが最強に可愛い」

第6位『遊星からの物体X』(169件)

558

未知のエイリアンと南極基地の隊員の死闘を描いたSFホラーの古典『遊星よりの物体X』のリメイク作品。擬態するエイリアンの襲撃によって、隊員同士が「こいつは擬態じゃないか」と仲間を疑い、疑心暗鬼にかられていきます。その恐怖と集団心理の妙が見どころの本作。ランキング唯一の四文字熟語の頻出で堂々の6位。

みんなのレビュー:「謎の生命体も怖いけど、疑心暗鬼になった人間も怖い」「疑心暗鬼に堕ちいった極限状態での人間の心理描写が恐怖心を煽る」「30年前とは感じさせないクオリティ。 見てるこっちも疑心暗鬼になってしまい、極めつけのラストは最高」

第5位『ヒメアノ〜ル』(172件)

010

古谷実による同名コミックを実写映画化。V6の森田剛が、人生に絶望し、次々と殺人を重ねていく快楽殺人鬼を怪演。前半と後半でガラリと変わる展開も話題に。殺人鬼・森田の過去が明らかになる「お母さん、麦茶2つ持ってきて〜」というセリフは、2016年映画流行語大賞にもランクインしました。

みんなのレビュー:「森田剛の鬼気迫る演技が圧巻!」「優しかった森田が殺人鬼になるのが切なくて悲しくて考えさせられてしまう」「大量殺人鬼役を演じた森田剛はもうそうとしか見えないほど素晴らしかった」

第4位『レヴェナント:蘇えりし者』(186件)

44444

狩猟中に瀕死の重傷を負ったハンターが、自分を荒野に置き去りにした仲間に復讐するため、300kmに及ぶ壮絶なサバイバルの旅へ。一見、鬼とは無縁ですが、レオナルド・ディカプリオの鬼気迫る演技を賞賛するレビューが多数。本作で、復讐の鬼と化した主人公を演じ、悲願のアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

7441

みんなのレビュー:「ディカプリオの鬼気迫る表情や荒い息遣いが 、ただただ深く強く心に刻み込まれた」「鬼気迫るとはまさにこのこと」「鬼のような演技と広大な大自然の美しさ、洗練された音楽にやられた」

第3位『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(232件)

04

第3位は、その名の通りの「鬼」が登場する宮藤官九郎監督の奇想天外コメディ。交通事故に巻き込まれて死んでしまった高校生が目覚めると、そこは地獄。現世に甦るために、赤鬼たちとともに地獄めぐりへ。本作で7年ぶりの映画出演となった長瀬智也が演じた、顔面フルメイク&ド派手衣装の赤鬼・キラーKのほか、片桐仁制作の鬼フォン鬼パッドといったユニークな小道具も印象的。

45

みんなのレビュー:「長瀬の鬼がめっちゃおもろかった」「地獄と鬼とロック。クドカンならではの奇想天外なロックコメディー」「純粋で淡い青春と鬼っていう異色感もおもしろかった」「片桐仁さん制作の鬼フォンと鬼パッドめちゃくちゃ欲しい」

第2位『リアル鬼ごっこ』(264件)

っっDSDS

映画・ドラマでもヒットした、山田悠介の人気小説を園子温監督が新しい切り口で映画化。全国の“佐藤さん”がに殺されるという原作を大幅リニューアルし、全国の女子高生の命を狙う設定に。原作ファン、園子温ファン、賛否両論さまざまな評価・レビューが多数寄せられ、2007年の映画化1作目をおさえて2位にランクイン。

4524

みんなのレビュー:「普通のリアル鬼ごっこを想像してたら斜め上にぶっ飛んでた」「園子温パワーでよりクレイジーな内容に仕上がってます」「やりたいことが詰まっていてリアル鬼ごっことしてではないところで楽しめた要素が多かった」

第1位『セッション』(1,363件)

44

殺人鬼や吸血鬼をおさえて、第1位に輝いたのは「鬼教師」。名門音楽学校を舞台に、青年と教師が完璧を求めるレッスンを繰り広げる感動作。J・K・シモンズ演じるスパルタ教師フレッチャーによる怒涛の鬼指導で、2位に圧倒的大差の1,000件超えを記録。他にも、マイルズ・テラーの鬼気迫る演奏など、鬼要素満載で見事、鬼映画ランキングNo.1に輝きました。

7878

みんなのレビュー:「鬼教師の緊迫感ある演技が凄まじく、最後の演奏は最高で圧倒された」「二人の鬼気迫る演技に感動した」「J・K・シモンズの鬼のような迫力に震えた」「凄い映画でした。ここまで鬼気迫る演奏を観れる映画は数少ない」

【番外編】

TOP10には入らなかったものの、「鬼」レビューが100件を超えた4作品もご紹介。

『鴨川ホルモー』(110件)

57527

万城目学の人気小説原作。京都を舞台にや式神を使って、勝敗を決める謎の競技「ホルモー」で戦う青春ファンタジー。

『プラダを着た悪魔』(109件)

7747

N.Y.の一流ファッション誌編集部を舞台に、恋と仕事とファッションを描いた世界的ヒット作。メリル・ストリープの鬼編集長っぷりは名演。

『フルメタル・ジャケット』(107件)

987

スタンリー・キューブリック監督のベトナム戦争をテーマにした戦争映画。鬼軍曹・ハートマンのしごきシーンが印象的です。

『ブラック・スワン』(105件)

589

内気なバレリーナが、主演に大抜擢されたプレッシャーから精神が崩壊していく様子を描いた心理スリラー。ナタリー・ポートマンの美しく、鬼気迫る演技に感動の声が多数。

---

姿・カタチよりも、演技やキャラクターに「鬼」を見る映画が多くランクインした本ランキング。いかがでしたでしょうか? これからどんな映画に、どんな新たな“鬼”たちが登場するのか。また来年の節分に!

※本記事内のレビュー及びレビュー件数は、2018年2月2日時点のFilmarksのデータをもとにしています。

(C)2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.、(C)2014 noprops/黒田研二/『青鬼』製作委員会、(C)古谷実・講談社/2016「ヒメアノ~ル」製作委員会、(C)Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.、(C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation、(C)2007 「リアル鬼ごっこ」製作委員会、(C)2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved、(C)2009「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ、(C)2006 TWENTIETH CENTURY FOX

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS