ロードムービーの特性を活かした『わたしに会うまでの1600キロ』が描く人生の縮図

映画館に頻繁に出没する横分けメガネゴリラ

YMG

wild005

8月28日から公開が始まった『わたしに会うまで1600キロ』は、第86回アカデミー賞において主演男優賞と助演男優賞のダブル受賞へ導いた『ダラス・バイヤーズ・クラブ』のジャン=マルク・ヴァレ監督の最新作です。
 
邦題は『わたしに会うまでの1600キロ』という情報過多なタイトルですが、原題はシンプルに『Wild』。この『Wild』には、重層的に意図や意味が結晶化されています。考えて作られたことがしっかり伝わってくる素晴らしいタイトルです。
 
あらすじは邦題からおおよそ予想が付くと思うので割愛しますが、「主人公が困難を乗り越え、自問自答を繰り返すことでなりたかった本来の自分自身を発見する」というのが本作の主題であり、中心軸です。
 
こうやって書くとまるでロードムービーじゃないように思えますが、本作はロードムービーの特性や構造を活かした手法で、誰もが寄り添うことができる女性神話的な主題を引き立てています。

ロードムービーは人生の縮図

ロードムービーというジャンルを簡単に噛み砕くと「中心人物が行きたい、又は、中心人物が達成したい何か」へ向かう旅の映画です。
 
達成しようとしている「何か」というのは、どんな映画にも欠かせない要素です。ここでいう「何か」は、物語上の明確になっていない事柄であったり、登場人物の達成されるかどうかわからない作劇上の目的のことを刺しています。すなわち物語を宙吊り(サスペンド)にする技術、手法のことです。
 
アクション映画もホラーも極々一般的なラブコメでさえも「何か」があることで、ストーリーは推進力を持ちます。ロードムービーというジャンルは、その推進力となる「何か」が本質的に明快です。
 
さらにロードムービーの構造を砕きますと、描かれる物語は「出発地点と到着地点」の間にあります。これは上映時間のある映画自体もその構造を抱えていますが、何より誰もがその間の時間を生きています。
 
つまりロードムービーは、「出発地点と到着地点」のある人生の縮図です。
 
初めて訪れた場所で初めての経験をして、一期一会を繰り返し、時に挫折しそうになりながら目的地を目指す。本作の旅路で起きる出来事の多くが、人が成長する上で欠かせない人生のファクターと重なります。そのため、旅と人生は同義語として描かれているのです。

『Wild』の中で『Wild』になる物語

巷でよく「自分探しの旅」という言葉を耳にしますが、旅に出ればはたして本当に自分を見つけることができるのでしょうか?また、旅をしなければ自分自身は見つからないのでしょうか?ぼくは全くそう思いません。
 
彼女がこの旅で歩くことと同じくらい行ったことは、自分自身について自分自身と語り合ったことです。
 
旅に出るまでの彼女は、自分自身と向き合うことから逃げていました。自分の心の声を聞けば聞くほど、悲しみと絶望に触れてしまうので、背を向けていたのです。
 
しかし、日常はそれでも過ぎていきます。歩くという行為は、日常における全ての行動のシンボルです。彼女は歩くことから逃げ、自分自身と語り合うことから逃げていたのです。
 
自分自身が真に望む「あるがまま(Wild)」な心の声に耳を傾け、「未開拓(Wild)」な自分自身に気付き、「力強く(Wild)」自分自身を築いてゆき、「自然なまま(Wild)」の自分自身になる。
 
彼女は、孤独なWild」にその身を置くことを強制したことで「Wild」になったのです。

誰もが孤独なロードムービーの主人公

自伝映画は、そもそも極めて私的な物語です。本作と似たような実話ベースのロードムービーは数多くありますが、感動したり驚愕して、知識としてそれらの情報を得ることができたとしても、自分と重ね、自らの実人生にフィードバックできる作品はそう多くありません。
 
本作はそういった仰ぎ見るだけの自伝映画ではないのです。
 
 
旅の途中で他人に自分を決めつけられ腹が立つことも、進むのを辞めたくなるほどの失敗や困難に見舞われることもあります。背負った何かに押しつぶされそうになることもあるはずです。
 
そんな痛みの一方で、幸福な出来事や出会いもあります。背負った荷物の軽くする方法や励みになる助言、分岐点になる出会いや力をくれる音楽。その全ての出会いが自分を認め、自分を信じる力を与えてくれるはずです。
 
なりたい自分自身を自分の中から見つけ、作り上げ、そこへ辿り着こうとする人生という長い長い旅。
 
主題と手法の目的が重なっていることで、監督や原作者のシェリル・ストレイドや、プロデューサーも兼任したリース・ウィザースプーンの伝えようとしたことを追体験し、寄り添って自分のことのように感じることができるのです。
 
本作は、誰もが彼女同様、孤独で過酷なロードムービーの主人公であることに気付かせてくれます。
 
今この瞬間に何かしらの困難な「何か」にぶつかっている人ほど、本作との出会いが掛け替えのないものになるのではないでしょうか。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • すだち
    3.5
    ある女性が1600㎞の道のりを歩き 自分の人生を取り戻す実話をもとにした話 自然の中に身をおいて その旅の途中に様々な人と出会って 色んな体験をして 前を向いて歩き続ける姿が素敵に思えた 悲しみの発端になった母との思い出が めぐるシーン どんな境遇のなかでも 笑顔で幸せを守る愛のある人だった 回想だけであたたかい気持ちになった 旅の途中、私なら主人公のように 人を頼ったりできるかな 死にたくないなら 生きるために人に頼るしかないよな YesもNoも 偽りなく自分のままで生きる人たち 今の自分にはその姿が羨ましく思えた
  • toki22
    4
    自分 人生をリセットするためにアメリカ大陸を縦断する壮大なトレイルに挑んだ女性のおはなし。 知らずに見たところ、後で実話だと知ってびっくりしました。もちろん、女性一人でPCT(パシフィック・クレスト・トレイル)を挑戦する人はいると思いますが、人生一回どん底に落ちて、そこからこのチャレンジを思い付いたこの女性はスゴイと思います。純粋に一人の人間として敬服します。 そして、それをしっかりと表現したリース・ウィザースプーンの演技力を讃えたいと思います。主人公の女性が抱えた苦労や挫折をとても上手に表現していたと思います。魅了されました。 一つ残念なのが邦題。原題の「ワイルド」では、何の映画だかよくわからないのは理解できるのですが、もう少し簡潔に伝えるコピーの方が、良かったと思います。長い邦題は、どうしても映画をB級にしてしまう感が否めません。邦題で受け取るイメージよりも、ずっと素敵な作品だと思います。 作品として、とても楽しめました。
  • しゅり
    3.6
    深く落ち込んでどんどん沈んで落ちていって抜け出したいけどもう自分だけの力じゃどうにもならない時、身を置く環境を無理矢理大きく変えるしかないと思うので、1600キロ歩くことにした彼女の行動理由にとても共感できた 長い時間1人きりで自然の中を歩き続けることはめちゃくちゃ効果的な心のリハビリだなと思う 良い言葉がたくさんでてきて胸に沁みました
  • JIKAMIRI
    -
    ぐっときたなあ
  • riotman
    -
    過去記録
わたしに会うまでの1600キロ
のレビュー(9812件)