ロードムービーの特性を活かした『わたしに会うまでの1600キロ』が描く人生の縮図

映画館に頻繁に出没する横分けメガネゴリラ

YMG

8月28日から公開が始まった『わたしに会うまで1600キロ』は、第86回アカデミー賞において主演男優賞と助演男優賞のダブル受賞へ導いた『ダラス・バイヤーズ・クラブ』のジャン=マルク・ヴァレ監督の最新作です。
邦題は『わたしに会うまでの1600キロ』という情報過多なタイトルですが、原題はシンプルに『Wild』。この『Wild』には、重層的に意図や意味が結晶化されています。考えて作られたことがしっかり伝わってくる素晴らしいタイトルです。
あらすじは邦題からおおよそ予想が付くと思うので割愛しますが、「主人公が困難を乗り越え、自問自答を繰り返すことでなりたかった本来の自分自身を発見する」というのが本作の主題であり、中心軸です。
こうやって書くとまるでロードムービーじゃないように思えますが、本作はロードムービーの特性や構造を活かした手法で、誰もが寄り添うことができる女性神話的な主題を引き立てています。

ロードムービーは人生の縮図

ロードムービーというジャンルを簡単に噛み砕くと「中心人物が行きたい、又は、中心人物が達成したい何か」へ向かう旅の映画です。
達成しようとしている「何か」というのは、どんな映画にも欠かせない要素です。ここでいう「何か」は、物語上の明確になっていない事柄であったり、登場人物の達成されるかどうかわからない作劇上の目的のことを刺しています。すなわち物語を宙吊り(サスペンド)にする技術、手法のことです。
アクション映画もホラーも極々一般的なラブコメでさえも「何か」があることで、ストーリーは推進力を持ちます。ロードムービーというジャンルは、その推進力となる「何か」が本質的に明快です。
さらにロードムービーの構造を砕きますと、描かれる物語は「出発地点と到着地点」の間にあります。これは上映時間のある映画自体もその構造を抱えていますが、何より誰もがその間の時間を生きています。
つまりロードムービーは、「出発地点と到着地点」のある人生の縮図です。
初めて訪れた場所で初めての経験をして、一期一会を繰り返し、時に挫折しそうになりながら目的地を目指す。本作の旅路で起きる出来事の多くが、人が成長する上で欠かせない人生のファクターと重なります。そのため、旅と人生は同義語として描かれているのです。

『Wild』の中で『Wild』になる物語

巷でよく「自分探しの旅」という言葉を耳にしますが、旅に出ればはたして本当に自分を見つけることができるのでしょうか?また、旅をしなければ自分自身は見つからないのでしょうか?ぼくは全くそう思いません。
彼女がこの旅で歩くことと同じくらい行ったことは、自分自身について自分自身と語り合ったことです。
旅に出るまでの彼女は、自分自身と向き合うことから逃げていました。自分の心の声を聞けば聞くほど、悲しみと絶望に触れてしまうので、背を向けていたのです。
しかし、日常はそれでも過ぎていきます。歩くという行為は、日常における全ての行動のシンボルです。彼女は歩くことから逃げ、自分自身と語り合うことから逃げていたのです。
自分自身が真に望む「あるがまま(Wild)」な心の声に耳を傾け、「未開拓(Wild)」な自分自身に気付き、「力強く(Wild)」自分自身を築いてゆき、「自然なまま(Wild)」の自分自身になる。
彼女は、孤独なWild」にその身を置くことを強制したことで「Wild」になったのです。

誰もが孤独なロードムービーの主人公

自伝映画は、そもそも極めて私的な物語です。本作と似たような実話ベースのロードムービーは数多くありますが、感動したり驚愕して、知識としてそれらの情報を得ることができたとしても、自分と重ね、自らの実人生にフィードバックできる作品はそう多くありません。
本作はそういった仰ぎ見るだけの自伝映画ではないのです。
旅の途中で他人に自分を決めつけられ腹が立つことも、進むのを辞めたくなるほどの失敗や困難に見舞われることもあります。背負った何かに押しつぶされそうになることもあるはずです。
そんな痛みの一方で、幸福な出来事や出会いもあります。背負った荷物の軽くする方法や励みになる助言、分岐点になる出会いや力をくれる音楽。その全ての出会いが自分を認め、自分を信じる力を与えてくれるはずです。
なりたい自分自身を自分の中から見つけ、作り上げ、そこへ辿り着こうとする人生という長い長い旅。
主題と手法の目的が重なっていることで、監督や原作者のシェリル・ストレイドや、プロデューサーも兼任したリース・ウィザースプーンの伝えようとしたことを追体験し、寄り添って自分のことのように感じることができるのです。
本作は、誰もが彼女同様、孤独で過酷なロードムービーの主人公であることに気付かせてくれます。
今この瞬間に何かしらの困難な「何か」にぶつかっている人ほど、本作との出会いが掛け替えのないものになるのではないでしょうか。

 

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2022年9月28日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • naberyo
    -
    やっと行けた🪲
  • AiriKato
    -
    記録
  • アーモンドフィッシュ
    3.7
    船旅映画一本目。実は11月3日(つまり今日)の三連休は舞鶴から小樽までフェリーに乗って船旅を楽しんでいます。なにぶんフェリーはネットが一切つながらないため、ノートパソコンに映画を数本ダウンロードして、退屈しのぎに観ることにしました。最初に選んだのが「わたしに会うまでの1600キロ」です。なぜこれを選んだかというと女の一人旅がテーマだからですよ!それにTwitterのフォロワーさんの方で「ロードムービーに外れはなし」と仰ってたので、それもあって見ることにしました。 ストーリーは、シェリルという女性が過去のトラウマと向き合いながら、自分を見つめ直し、アメリカにある長距離自然歩道のパシフィック・クレスト・トレイル(メキシコ国境からカナダ国境まで)を歩き、人生を再評価するという重いテーマを扱っています。でも、その重さがリアルで、自分の内面と向き合うシーンはかなり心に響きました。だが、シェリルは旅慣れしていない、薬依存とセックス依存の普通の女性。テントの張り方も知らないし、荷物が多すぎて身動きが取れなくなる場面もあり、「この子、本当に大丈夫かな...」と思わせられます(笑)。携帯もインターネットもない時代の話なので、ただひたすら砂漠を歩きながら自分のことを思い返す。そこで彼女の過去、特に母の死や不幸な家庭環境が明かされ、薬やセックスへの依存が描かれます。音楽は、シェリルの感情の移り変わりをうまく表現してて、サイモン&ガーファンクルの「コンドルが飛んで行く」は特に心地よかった。この映画は、自分を見つめ直し、困難を乗り越える勇気を見つけることの大切さを教えてくれます。そして、旅の途中で「わたし」を見つけることの素晴らしさを感じさせてくれる映画でした。 こういう砂漠のように何もないところを歩くのは、てっきりクマやコヨーテみたいな野生動物や虫が脅威になるのかと思ったら、違うんですね。同じように旅をしてる男性なんですよ。もちろん良い男性がほとんどなのですが、中には「お姉ちゃんイイ体してるな」と下心で見てくる野郎もいるんです。それが怖かった…私には絶対無理だ(汗)途中、食料が無くなって、農家のおじさんに助けを求めた時も「俺の家に来い」と言ってくるシーンはマジで怖かった。でもその人は妻帯者ですっげーイイ人で安心した。 映画の初めはテントに虫が入るとパニックになるシェリルも、最後にはトカゲ程度では動じなくなり、成長を感じさせられました。 シェリルは最初は早く帰りたい、辞めたいとずっと思ってたのが笑いました。なぜやるんだと…(笑)でも以前「クレイジージャーニー」という番組で、リアカーを引きながら世界を旅する男性がいましたが、その人も旅の最中「早く帰りたいと思う」と思ってる言ってて、みんなこう思うのが普通なのかも あまりにも現実離れしてる話なのでシェリルはてっきり架空の人物かと思ってたらエンディングロールで本人の写真が出てきて実在の人物と分かって、なおびっくり!私には絶対無理だ(汗) さて、次は何を見るかな。まだまだ船旅は長いぞ!!
  • foxiiikxxs
    3
    コンドルは飛んでいく 小学生の頃、給食のBGMだったな〜
  • カレス
    4
    IMDb 7.1 吹替/字幕 アドベンチャー 原題 : Wild アウトドア系が好きなので楽しい シリアスな回想は😱 リース・ウィザースプーンの映画は「キューティ・ブロンド (2001)」「恋人はゴースト (2005)」しか見たことないが、今までで1番魅力的だった。「こんなに可愛くないリース・ウィザースプーン見たことある? 私はない」というレビューを読んだが、かわいいだけの役柄ではなくて、実話に基づいたある女の堕落と更生を演じたので「体当たり」だったのではないか。かなり際どいシーンもあったけどリアルだった。その素顔がカッコよかった。パシフィック・クレスト・トレイルの途中、街中に出てジェリー・ガルシアの追悼ライブを見に行くために、宿泊所で足のムダ毛を剃っているシーンはスッピンだと目を見張ったが、トレイル中はきっとずっと日焼け止めだけでスッピンだったと思う。 パシフィック・クレスト・トレイルは美しかった。自分としては、靴を崖から落としてしまってサンダルにガムテープで歩いた話とか、途中で荷物のムダを指摘してくれるボランティア❓など人々との交流やトレイルの様子に集中して鑑賞したかったが、立ち直るためのトレッキングなのでつらい回想シーンは必須なんだろう。 トレイルは男ばかりで女が少ない。そういう趣味の女性が少ないのもあると思うが、男に襲われる心配から女性は少ないのかも知れない。熊が多数出没する山道に無防備で行く人はいないのと同じかな。品のない二人連れが出てくるが、あれはヤバかった。催涙スプレーなど護身用に携帯すべきだ。その後、テントを張って善良そうな男3人と話している時も疑心悪鬼になって心配になった。実生活で、実際にいつもそう感じていると言う女性もいるだろう。持論だが、子どもの時から男の子には女の子に優しくしなければいけないとキッチリ仕込むべきだと思っている。 「マイ ビューティフル ガーデン (201 6)」「足跡はかき消して(2018)」「ザリガニの鳴くところ(2022)」と並ぶ自然の美しい映画だった。リース・ウィザースプーンもカッコよかった。彼女は「ザリガニの鳴くところ」の制作に携わっているが、今後の映画の仕事はほとんど制作の仕事で、女優としての予定はないようだ。 【トレビア】主人公は靴のサイズが合ってなかったのでREIに電話して対応してもらうのだが、それがけっこういい話。 "REI co-op" https://www.rei.com/b/rei-co-op エイミーという友だちが出てくるが、ギャビー・ホフマンという女優で元子役で活躍した。 「フィールド・オブ・ドリームス(1989)」では主人公(ケヴィン・コスナー)の娘役 「めぐり逢えたら(1993)」では(ジョナの航空チケット手配した)ジェシカ、ジョナとジェシカが "RETURN OF JEDI" の銀河皇帝の王座みたいなイスに2人で座ってるのがかわいい。ジェシカの名前は今でも覚えている。 Disney+は配信終了 Apple TV+ で204円でレンタル サブスク契約していなくてもレンタル可能
わたしに会うまでの1600キロ
のレビュー(10792件)