トランスジェンダーの新星ダニエラ・ヴェガ、主演作『ナチュラルウーマン』で観客に問う「あなたはどの立場から観ていますか」【来日インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

トランスジェンダーな彼女が佇む、苦々しく、美しい映画が誕生した。映画『ナチュラルウーマン』は自分らしさを守るため、差別や偏見に対し闘いを挑んだトランスジェンダーの女性マリーナの葛藤を描いた物語。年の離れた最愛の恋人オルランドが急逝し、途方に暮れたマリーナが、遺族の心ない誹謗中傷に遭いながらも、彼とお別れをするために、意を決して歩き出す道のりを丁寧に綴った。

ナチュラルウーマン

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

第67回ベルリン国際映画祭 最優秀脚本賞(銀熊賞)受賞をはじめ、第75回ゴールデングローブ賞 最優秀外国語映画賞&第90回アカデミー賞 外国語映画賞にノミネートと、快進撃が続いている本作。

自身もトランスジェンダーであり、マリーナの心に寄り添った主演のダニエラ・ヴェガが、各国の授賞式で飛び回る中、時間を縫って来日。「メッセージを伝えるために映画を作ったんじゃない」と話したダニエラの真意を尋ねた。

ダニエラ・ヴェガ

――美しくもの哀しい作品で、様々なことを突き付けられました。ダニエラさんは、映画初主演作品として、なぜマリーナ役を引き受けられたのでしょうか?

当初はセバスティアン・レリオ監督が単に人を探していたんです。「チリのトランスジェンダーに関する研究をしているので、相談できる人を」ということでお会いしたんですね。お話をしていく中で、自分の人生の見方から芸術についてまで、本当にいろいろなことをお話しました。何だかんだ1年半、ずっと自然なやりとりをしてきたある日、突然、脚本が届いたんです。読んだときに、即座に「やる」と返事をしていましたし、「これは大きな挑戦になる」と分かりました。なぜなら、マリーナは絶対的な主役で、最初から最後までカメラはずっとマリーナから離れないから。そこへの挑戦の意味もあり、大きな挑戦に賭けようと思って受けました。

だけど、監督がセバスティアン・レリオだったことが何よりも決め手でした。セバスティアンの次回作はジュリアン・ムーアが主役(※『Gloria(原題)』)でしょう? その監督に「君ならできる」と言われたので、どうやって断っていいか分からないと言うより、断ることは役者としては絶対ないという感じでした。セバスティアンの言葉を信じました。

――セバスティアン監督との取り組みは刺激的でしたか?

セバスティアン監督は、非常にファンタスティックな方なの(笑)。

ダニエラ・ヴェガ

――どのような感じなんですか?

困ったときにも、常に横にいてくれるというか、側にいてくれるということで、決して見放さない信頼感がありました。いつも面と向かって、ちゃんとこちらの困っていること、例えば、どうしたらいいか分からないところについて聞いてくださった。あと、非常に愛情を持って、優しく語りかけてくれる監督だったんです。私にとっては本当に最高の演出だったと思います。だから、自分では「どうかな?」と思うところも、監督がいてくれたから全部「大丈夫」と思えたんです。これは日本ではまだ1回も話していないんですけど、両足の間に……。

――鏡を置くところでしょうか?

そこ。両足の間に丸い鏡を入れるところも「分かった」と言いながら、どうなるんだろうと思っていましたけど、この映画の中で一番象徴的なシーンに仕上がったと思っています。鏡の中にマリーナの顔が見えることで、「その後ろにあるものは関係ない」というのが分かるシーンだから。彼女の顔を見て、瞳で、あそこで分かる。私の好きなシーンのひとつです。結局、やっぱり監督との間のコミュニケーションがすごくできていたから、上手くいったんだと思っています。

――そのほかにも象徴的なシーンが多く出てきます。好きな場面を挙げるなら?

ほかに好きなシーンで言えば、歌の先生の所に行くところや、オペラを歌うところでしょうか。

ダニエラ・ヴェガ

――オルランドの棺を前に、ハラハラと涙をこぼされるお別れの場面も非常に印象的でした。あの涙の流し方は計算して、ですか?

泣くことについては、いくつか技術があるんです。でも、あのシーンに関しては、集中することで可能になったんだと思います。これまでオルランドに別れを告げるために、マリーナはすごく闘ってきた。オルランドはまるで幻想のように、幽霊のように、様々な場所に出てきて、その苦しんだ後に、ようやく会うところまでいく。マリーナは非常に尊厳のある女性なので、絶対にワーワーは泣かない。ただ、内には様々な想いを秘めていて、いろいろな感情が織りなす。その涙という点に、私は集中しました。

ナチュラルウーマン

――マリーナはトランスジェンダーであることで「特別扱い」を受ける場面が多々出てきます。日本でも今、トランスジェンダーが主人公であるドラマが放送されるなど、関心も高まっていたりしますが、母国のチリでは、どのような反響があるのでしょうか?

チリでは、3カ月間ずっと上映されていたんです。普通の映画だと、なかなか難しい期間の超ロングランだったので、それだけお客さんが来てくれたということで。皆さん、愛情を持って観てくれた印象があります。でも、それはチリだけではなく、世界のどこでも、愛情を持って観てくれた国が多かったので、一番嬉しかったことです。

――世界各国で愛されている象徴のように、様々な賞レースもにぎわせていますよね。現状をどう受け止めていますか?

ダニエラ・ヴェガ

とっても幸せ。たとえ賞のためにやっているわけではなくても、自分たちが表現したいものをやってきて、これだけの賞をいただけることはすごく興味深いです。でも、だからと言って、どうというのはないというのが本音なんですけど。これまでと同じ気持ちで、同じ活動の仕方を私はしていくだろうと思います。

ひとつ言いたいことは、私たちは、別にメッセージを伝えるために映画を作ったんじゃない。これは答えではなく、観客への問いです。皆さんに、「じゃあ、あなたはどの立場から観ていますか?」、「出てきた登場人物の、どの立場に共感しますか?」と、観た方々が自分に問うだろうと思っているんです。(インタビュー・文:赤山恭子、写真:市川沙希)

ナチュラルウーマン

■タイトル:『ナチュラルウーマン
■コピーライト表記:
(C)2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA
■配給:アルバトロス・フィルム
■2月24日(土)、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

【あわせて読みたい】
 夫が女性に?その時妻は…『リリーのすべて』でセクシュアリティの多様性を知ろう【LGBTQ入門編】
 「偏見をなくそう」という映画じゃない/『彼らが本気で編むときは、』荻上直子監督インタビュー
 【ポジティブな1年にするために】年はじめ、今年の目標を立てたくなる映画4選!

※2022年5月30日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • おみおつけ
    -
    主演が非常に美しく撮られていた
  • naoズfirm
    3.4
    自分🎬 ストーリーはトランスジェンダーの主人公が恋人の死をきっかけに偏見・差別などの苦悩を描いた作品でした。作品は性同一性障害を軸に精神的・肉体的痛みを描いていました。今作はマイノリティと社会の繋がりを描いていましたが、人と違う・社会通念から外れるモノへの偏見や見方について日本は他国と比べて寛容ではないと個人的に思います。歴史・文化・価値観など様々な要因が複雑に絡み合っていると思いますが、多様な社会へと変化していく中で古い価値観で止まっている日本は明らかな遅れを取っています。マジョリティの人たちでも自分らしく生きるということはとても難しく、マイノリティと呼ばれる少数派の人たちにとってはよりハードルの高いことだと思いました。同じ人間であるのも関わらず人と違うという理由で弾かれるのは大きな誤りであり、尊重し認め合える世の中になって欲しいと切に思います。どんなに酷い差別や言葉を浴びせられても怒りを抑え歩み続ける彼女の強さを見習わなければならないと思いました。
  • odyss
    3.5
    【単なるスキャンダリズムではない】 実は劇場に見に行くにあたってはちょっとためらいがありました。 最近流行(?)のLGBTの人物が主役だというので、生理的にどうかなと危惧したのです。 私は性的志向がストレートの人間で、同性愛者やLGBTを差別してはいけないとは頭では理解していますが、映画などでそういう場面を見るのは好きではありません。例えば以前に男性同性愛を扱った『ブロークバック・マウンテン』(2005年)という映画がありましたけれど、男同士のラブシーンは見ていてあんまり気持ちが良くなかった。女は(性的に)好きだから、レズ映画のラブシーンならいいんですけど、男同士のはどうもね。 というわけで、ためらいながら映画館に行ったわけですが、いや、結構いいじゃないかと思いました。 もっとも、ヒロイン(?)を演じるダニエラ・ベガは、キレイだけど、やはり男だなと思います。胸はちょっとふくらましていますが、全体の体の作りがやはり女じゃない。あそこを切り取っているのかどうかは最後まで分からない。 この映画の優れているところは、彼女をとりまく人々の表情や行動を、落ち着いた視線でしっかりと描いているところでしょう。ドラマとして良くできていて、単なるスキャンダリズムとか、或いはテーマ優先で細部をおろそかにするような作品にはなっていません。 もう一つ、私に興味深かったのは、サンティアゴの街の様子です。南米映画は日本では見る機会が少ないので、南半球のモダンな都会が背景になっていることはこの映画の魅力を高めていると思いました。 なお字幕のことですが、最初はガボ(ルイス・ニェッコ)がヒロインの恋人オルランド(フランシスコ・レジェス)の「弟」となっていましたが、後半の新聞の記事では「兄」と訳されていました。英語のbrotherのように欧米語では一般にきょうだいを表す単語では年長か年下かが分からないので仕方がないとは思いますが、統一して欲しいところです。
  • rico
    5
    LGBT映画。鏡を使うことににこだわり抜いた演出とか、文字通り逆風に吹かれるシーンなど、視覚的に面白かった。好き。
  • かたゆき
    2.5
    一回り以上年の離れた恋人と暮らすマリーナは、もともと男性として生まれたものの今は女性として生きるいわゆるトランスジェンダー。 社会の片隅で目立たないようにひっそりと、それでも愛する人と二人で充実した日々を過ごしていたそんな彼女にある日、悲劇が訪れる。 恋人であるその会社社長が脳梗塞を起こし呆気なく亡くなってしまったのだ。 突然のことに動揺を隠せないマリーナだったが、そんな彼女を更なる悲劇が襲う。 久しぶりに連絡を取った彼の家族からあからさまに侮蔑の目を向けられたばかりか、正式な配偶者でもない彼女は警察からもまるで犯罪者のような扱いを受けてしまうのだった。 葬儀にも来なくていいと言われ、二人で暮らしていたアパートも即刻明け渡すように命令され、彼女が反発すると今度は家族から執拗な嫌がらせまで受けてしまう。 そんな哀しみに打ちひしがれるマリーナの人生に明るい光は差すのか――。 実際に自らも性的マイノリティ―である女性が、そんな世間からの偏見・差別に苦しむトランスジェンダーを演じたヒューマン・ドラマ。 アカデミー外国語映画賞を受賞したということで今回鑑賞してみました。 南米チリで制作されたということですが、確かにキリスト教の影響が色濃く残るこの国で苛烈な差別に苦しむ女性の魂の咆哮とでも呼ぶべき苦しみは充分伝わってきました。 ただ人並みに幸せに生きたいだけなのに、それを許さない社会というのはいまだ根強く残っているのですね。 特に第三世界でこそ社会の偏見はまだまだ根深いことが痛いほどよく分かります。 ただ、一本の映画として観れば僕はそこまで高評価するわけにはいかなかったです。 正直、このマリーナという主人公に僕はそこまで魅力を感じませんでした。 なんか終始暗いんですよね、この人。 内容的にそうなってしまうのは分かるのですが、もう少し笑顔というか、少しでも前向きになれるような明るい部分も欲しかったです。 映像も終始暗く、とてもセンスがいいとは思えません。 同じくトランスジェンダーを扱った映画でもいい作品はたくさんあり、その中で本作を比べてみると僕はやはり高い位置に置くことはできませんでした。 こればかりは好みの問題かもしれませんね。
ナチュラルウーマン
のレビュー(4100件)