ウェス・アンダーソン、『犬ヶ島』でベルリン映画祭2作品連続受賞!

Filmarks公式

フィルマーくま

全編日本を舞台にしたストップモーションアニメとして、公開前から大きな注目を浴びているウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』が、第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞した。

犬ヶ島

ベルリン

【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)

これは、前作『グランド・ブタペスト・ホテル』(14)の銀熊賞(審査員グランプリ)とあわせて2作連続受賞の快挙となる。

犬ヶ島』は“犬インフルエンザ“の大流行によって「犬ヶ島」に隔離されてしまった愛犬をさがす少年と犬たちの壮大な旅と冒険の物語。第68回ベルリン国際映画祭ではオープニング作品として上映された。

超豪華なボイスキャストも話題で、ハリウッドからはビル・マーレイをはじめ、ジェフ・ゴールドブラムエドワード・ノートンティルダ・スウィントンといったウェス組の常連俳優陣に加え、スカーレット・ヨハンソングレタ・ガーウィグヨーコ・オノといった売れっ子スターや有名アーティストが集結。

また、日本からもRADWIMPSのヴォーカル・野田洋次郎村上虹郎渡辺謙夏木マリといった多彩なキャスト陣が名を連ねている。

現地時間24日に行われた授賞式では、アンダーソン監督に代わりビル・マーレイが登壇。熊がかたどられた銀色のトロフィーを手に「俳優として犬を演じ、熊を連れて帰ることになるとは思ってもみませんでした」と、ジョークを飛ばした。

第68回ベルリン国際映画祭そのほかの受賞作品は以下

金熊賞:『タッチ・ミー・ノット(原題)

銀熊賞(審査員グランプリ):『Mug(英題)

銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞):『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(監督賞):ウェス・アンダーソン『犬ヶ島

銀熊賞(最優秀女優賞):Ana Brun『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(最優秀男優賞):Anthony Bajon『The Prayer(英題)』

銀熊賞(脚本賞):Manuel Alcala、アロンソ・ルイスパラシオス『Museum(英題)』

【あわせて読みたい】
※ 【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)
※ 【実写では叶わない映像体験】人々を魅了するアニメーション作品5選
※ 『グランド・ブダペスト・ホテル』と珈琲なのに“ワイン”ブレンド?【映画と楽しむ1杯の珈琲 】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • chiyo
    4.1
    なんやめちゃくちゃええやんか… 一見シュールに見えるし、アニメなので夢あるファンタジーかと思いきや…現実的問題を叩きつけられ、考えさせられた内容だった。少しホロっと来てしまう。 吹替で見たんですけど、鑑賞後に字幕でもう1回見ました。犬たちすごいイケボなのいいな。あと主人公の男の子、カタコトだって意見が多かったんだけど自分は円盤で見たけどすごく普通に聞こえました。修正でも入ったのか? メガ崎市という日本っぽい架空の都市が舞台。ドッグ病という病気が蔓延し、ゴミの埋め立て地である犬が島に、全ての犬が隔離されてしまう。小林アタリ少年はそんな犬が島にひとり着陸する。大事な飼い犬のスポッツを探すために。 アタリ少年が犬が島で出会った犬たちと共に、愛犬スポッツを探しに行くんだけど、その会話がユニークでウィットに富んでて良い。私は日本人なので、吹替でも字幕でも違和感なく見れてしまったわけだけど、本来ならば犬たちの言葉が言語化されていて、人間側の言葉は字幕がないので理解できないはずなのだ。 この映画は、犬の方の言葉が字幕で理解でき、人間の言葉は何を言ってるかわからないはずの映画なのだ。 だからもし、アタリ少年の言葉がカタコトで分かりづらかったなら、日本語でも日本人に理解しづらい吹替にしていたのかも知れない。 犬と人は言葉は交わせなくても心を通じ合わせることができる。そういったメッセージを込められた映画。無機物でシュールに見える世界観に、愛が目一杯込められていた。人と動物の繋がり。動物と動物、人と人との繋がり。 言葉が交わせなくても通じ合えるものをこれだけ描いた中に、言葉が交わせるならもっと通じ合えるという意味もきっと込められている。 アタリ少年の句はなんだか私も胸にくるものがあった。 とストーリーについてダラダラ書いたけど、アニメもウェスアンダーソンらしい絶妙で独特なテンポと動きで魅力的でした。犬たちもとても可愛い。アタリ少年も誠実で愛情をもった少年で、少しどんくさい感じがとても愛嬌的。 横スクロールみたいな感じもちょいグロみたいな感じも、この世界観に引き込まれる。ウェスアンダーソンマジック… ウェスアンダーソンの作るアニメ、また見てみたい。面白かった!
  • souma
    3.9
    『決を取ろう。賛成ならアイだ!』 日本人が観ずして これは誰が観るんだというべき作品。 監督の日本愛が凄すぎる。 スパイダーバースがなければ これがアカデミー賞取ってたに違いない。 犬と人間のハートフル作品。 ストップモーションアニメってあまり見たことなかったけど 表現が非常に細やかだったし 内容も凄く独創的。 舞台は日本なんだけど 独自の日本があまりに圧倒的で 嫌いじゃなかった。 ストップモーションと世界観の独自性は 好き嫌いがある部分かもしれないけど 音楽や表情、細かな演出と 全ての部分において 作り手の情熱が伝わってくる。 なぜ日本が舞台なんだろうと思ったけど 黒澤明や小津安二郎へのリスペクト(らしい)。 ◆あらすじ 舞台は近未来の日本、メガ崎市。 ドッグ病の蔓延により ゴミ島(ゴミだめの島)へ全ての犬が隔離されることになる。 自分の犬を探しにゴミ島へ来たコバヤシと6匹の犬のゴミ島冒険が始まる。 ◆クレジット 吹替で観ちゃったからわからないけど 英語の声優陣も豪華なのね。 エドワード・ノートンやスカヨハまで。 日本人も多く起用されていて 渡辺謙や山田孝之、松田修平、松田翔太など。 ニュースキャスターが野田洋次郎ってわかるかい!笑
  • GEKI
    4.0
    ドラマチックな演出を全て廃し、淡々とストーリーを見せる監督。嫌いではない。
  • どいこ
    4.2
    面白い。犬が可愛かった。
  • amehonolulu
    -
    いつかの時代の日本のようで、いつでもない日本みたい。 メイキング見て気が遠くなった。。
「犬ヶ島」
のレビュー(23570件)