ウェス・アンダーソン、『犬ヶ島』でベルリン映画祭2作品連続受賞!

Filmarks公式

フィルマーくま

全編日本を舞台にしたストップモーションアニメとして、公開前から大きな注目を浴びているウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』が、第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞した。

犬ヶ島

ベルリン

【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)

これは、前作『グランド・ブタペスト・ホテル』(14)の銀熊賞(審査員グランプリ)とあわせて2作連続受賞の快挙となる。

犬ヶ島』は“犬インフルエンザ“の大流行によって「犬ヶ島」に隔離されてしまった愛犬をさがす少年と犬たちの壮大な旅と冒険の物語。第68回ベルリン国際映画祭ではオープニング作品として上映された。

超豪華なボイスキャストも話題で、ハリウッドからはビル・マーレイをはじめ、ジェフ・ゴールドブラムエドワード・ノートンティルダ・スウィントンといったウェス組の常連俳優陣に加え、スカーレット・ヨハンソングレタ・ガーウィグヨーコ・オノといった売れっ子スターや有名アーティストが集結。

また、日本からもRADWIMPSのヴォーカル・野田洋次郎村上虹郎渡辺謙夏木マリといった多彩なキャスト陣が名を連ねている。

現地時間24日に行われた授賞式では、アンダーソン監督に代わりビル・マーレイが登壇。熊がかたどられた銀色のトロフィーを手に「俳優として犬を演じ、熊を連れて帰ることになるとは思ってもみませんでした」と、ジョークを飛ばした。

第68回ベルリン国際映画祭そのほかの受賞作品は以下

金熊賞:『タッチ・ミー・ノット(原題)

銀熊賞(審査員グランプリ):『Mug(英題)

銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞):『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(監督賞):ウェス・アンダーソン『犬ヶ島

銀熊賞(最優秀女優賞):Ana Brun『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(最優秀男優賞):Anthony Bajon『The Prayer(英題)』

銀熊賞(脚本賞):Manuel Alcala、アロンソ・ルイスパラシオス『Museum(英題)』

【あわせて読みたい】
※ 【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)
※ 【実写では叶わない映像体験】人々を魅了するアニメーション作品5選
※ 『グランド・ブダペスト・ホテル』と珈琲なのに“ワイン”ブレンド?【映画と楽しむ1杯の珈琲 】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • リサ
    -
    好き。
  • サリナ
    3.6
    映画館で見たかった作品を、機内で視聴。 海外から見た日本をコミカルに描いていた。 独特の世界観をストップモーションで表現していたし、ところどころお洒落〜〜というシーンも多かったなあ。 犬と人間の声優とのギャップも面白さのひとつだとおもう。
  • Yuki
    3.5
    独特な世界観。 私はだけど、見始めた時皮肉を感じた。ゴミ島は実際にペットショップの売れ残った犬が行く先ように思えるから。だから日本人と犬との関係はあんまり考えたことがなかったけれど考えるきっかけになればいいと思う。
  • ルッコラ
    5.0
    自分の映画ベスト10を選べと言われたら間違いなく入る傑作  映画でも音楽でも人は感情が動かされたときそれが感動となるが、その動きに質があって  たとえ涙がこぼれても自分の中でその重さが違うことがある。  例えば、ジョン・ラセターの映画が好例。  非常にバランスがよく映画としてエンターテイメントとして100点に近い作品をバンバン作る。  起承転結、緩急が非常にうまく誰が見ても間違いなく平均以上のスコアをたたき出す。  いわゆる「泣ける映画」  興行という意味でも作品の質としてもこれは正解だと思うし、ここに達しない映画も非常に多い。  ただ個人的にはこういう映画はとても疲れるのであまり好きではない。  ストーリーのテンポも速くコントラストも強く、例えるなら感情を鷲掴みにされブンブン振り回されているように感じてしまうし、本当にそれは自分の感動なのか不安になる。  一方で。メリーポピンズ、眠れる森の美女等々、ストーリーではなく、ただただその映像やシーンが美しいというだけでこぼれる涙もあり、おしゃれキャットのようにただただ仕草の愛らしさに揺り動かされる感動もある。  また穏やかな感動だけでなくセッションのようにエネルギーの塊をひたすらぶつけるような感動も近しいものがある。  美術館などほとんど足を運ばないのだが、今までに絵画を目の前にして、なぜか涙がこぼれるようなことが何度かあった。  そこに物語や背景や理由がなくてもすっと心にしみ込むような瞬間。それに近しい感動。  そういったものこそ今の自分には心地いい。  前置きが長くなったが「犬ヶ島」はまさにそれ。  ストーリーもメッセージも教訓もあるし心打たれるセリフやシーンもおおい。  ただどれも押しつけがましくなくさらっと進行していく。  そこに心留められる人もいるし流す人もいる。  そしてそこに対比するように、映像はひたすらに情報量が多く緻密に作られている。  ただ混沌としているようで画面はとても美しく整理されていてどこで一時停止しても完全な絵になる。  更にウェスアンダーソンの映画らしいトリップするようなBGM。  ある種の宗教音楽を思わせるテーマの繰り返しは映像との一体感をより強め観客を没入させていく。  自分はこの映画の中に共感や教訓を得ることは一切ない。  「寓話」ではなく現在の「童話」でありそこに単に物語が存在するだけ。  何かが起こり終わるというそれだけ。  本当に素晴らしい作品だった。
  • hokuto
    3.7
    21
「犬ヶ島」
のレビュー(20158件)