ウェス・アンダーソン、『犬ヶ島』でベルリン映画祭2作品連続受賞!

2018.02.26
映画

Filmarks公式

フィルマーくま

全編日本を舞台にしたストップモーションアニメとして、公開前から大きな注目を浴びているウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』が、第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞した。

犬ヶ島

ベルリン

【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)

これは、前作『グランド・ブタペスト・ホテル』(14)の銀熊賞(審査員グランプリ)とあわせて2作連続受賞の快挙となる。

犬ヶ島』は“犬インフルエンザ“の大流行によって「犬ヶ島」に隔離されてしまった愛犬をさがす少年と犬たちの壮大な旅と冒険の物語。第68回ベルリン国際映画祭ではオープニング作品として上映された。

超豪華なボイスキャストも話題で、ハリウッドからはビル・マーレイをはじめ、ジェフ・ゴールドブラムエドワード・ノートンティルダ・スウィントンといったウェス組の常連俳優陣に加え、スカーレット・ヨハンソングレタ・ガーウィグヨーコ・オノといった売れっ子スターや有名アーティストが集結。

また、日本からもRADWIMPSのヴォーカル・野田洋次郎村上虹郎渡辺謙夏木マリといった多彩なキャスト陣が名を連ねている。

現地時間24日に行われた授賞式では、アンダーソン監督に代わりビル・マーレイが登壇。熊がかたどられた銀色のトロフィーを手に「俳優として犬を演じ、熊を連れて帰ることになるとは思ってもみませんでした」と、ジョークを飛ばした。

第68回ベルリン国際映画祭そのほかの受賞作品は以下

金熊賞:『タッチ・ミー・ノット(原題)

銀熊賞(審査員グランプリ):『Mug(英題)

銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞):『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(監督賞):ウェス・アンダーソン『犬ヶ島

銀熊賞(最優秀女優賞):Ana Brun『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(最優秀男優賞):Anthony Bajon『The Prayer(英題)』

銀熊賞(脚本賞):Manuel Alcala、アロンソ・ルイスパラシオス『Museum(英題)』

【あわせて読みたい】
※ 【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)
※ 【実写では叶わない映像体験】人々を魅了するアニメーション作品5選
※ 『グランド・ブダペスト・ホテル』と珈琲なのに“ワイン”ブレンド?【映画と楽しむ1杯の珈琲 】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • miri02
    4.0
    よきかなよきかな。
  • Tom
    4.0
    ウェス・アンダーソン監督が4年間もの歳月をかけて創り上げたストップモーションアニメ映画。この映画に使われたパペットの数は実に1097体!そしてその一体一体が驚く程精密に作られている。セットも日本を印象づける刺青や浮世絵、歌舞伎など、違和感なくアレンジされて取り入れられている。 またこの映画は犬特有の視界(色調の違い)と人間の視界をキッチリとわけて表現していたりと、演出にもこだわりを強く感じた。 犬派でも猫派でも是非観てほしい作品。
  • 3.5
    どこが良かったかと言われると、不思議な世界観(犬が英語をしゃべり人間は日本語をしゃべる)、犬の表情、アタリくんのいまいち不明瞭な日本語…ここら辺。 犬ヶ島はゴミ捨て場なので、基本的に汚いところなのだけれど、その分捨てられた犬たちの色が際立っていた。 ストーリーは単純なんだけど、ストップモーションアニメらしい動き(と言っても不自然ではない)や太鼓の不穏な感じのBGMも好き。 ちなみに、私は馬派です。
  • パスカル
    3.6
    外国人から見る日本のイメージ全開で面白かった。 日本人といえばオノヨーコだろ! とか日本と言えば俳句だし寿司だ!みたいな。日本人そんな突然俳句読まないんですよ笑 日本愛が伝わってきて純粋に嬉しかった。ちょっと思ったのはなぜ犬の中に日本犬がいないのだろう?理由あるのかな 笑 犬もアタリ君も研究者のめがねの博士もとっても可愛かった。
  • pai
    3.3
    ニッポンオモシロイ国デスネ! そこここのアート・デザインが素敵 ストップモーションアニメはこのくらい手作り感が残ってる方が好きかも。
「犬ヶ島」
のレビュー(16197件)