ウェス・アンダーソン、『犬ヶ島』でベルリン映画祭2作品連続受賞!

Filmarks公式

フィルマーくま

全編日本を舞台にしたストップモーションアニメとして、公開前から大きな注目を浴びているウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』が、第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞した。

犬ヶ島

ベルリン

【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)

これは、前作『グランド・ブタペスト・ホテル』(14)の銀熊賞(審査員グランプリ)とあわせて2作連続受賞の快挙となる。

犬ヶ島』は“犬インフルエンザ“の大流行によって「犬ヶ島」に隔離されてしまった愛犬をさがす少年と犬たちの壮大な旅と冒険の物語。第68回ベルリン国際映画祭ではオープニング作品として上映された。

超豪華なボイスキャストも話題で、ハリウッドからはビル・マーレイをはじめ、ジェフ・ゴールドブラムエドワード・ノートンティルダ・スウィントンといったウェス組の常連俳優陣に加え、スカーレット・ヨハンソングレタ・ガーウィグヨーコ・オノといった売れっ子スターや有名アーティストが集結。

また、日本からもRADWIMPSのヴォーカル・野田洋次郎村上虹郎渡辺謙夏木マリといった多彩なキャスト陣が名を連ねている。

現地時間24日に行われた授賞式では、アンダーソン監督に代わりビル・マーレイが登壇。熊がかたどられた銀色のトロフィーを手に「俳優として犬を演じ、熊を連れて帰ることになるとは思ってもみませんでした」と、ジョークを飛ばした。

第68回ベルリン国際映画祭そのほかの受賞作品は以下

金熊賞:『タッチ・ミー・ノット(原題)

銀熊賞(審査員グランプリ):『Mug(英題)

銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞):『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(監督賞):ウェス・アンダーソン『犬ヶ島

銀熊賞(最優秀女優賞):Ana Brun『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(最優秀男優賞):Anthony Bajon『The Prayer(英題)』

銀熊賞(脚本賞):Manuel Alcala、アロンソ・ルイスパラシオス『Museum(英題)』

【あわせて読みたい】
※ 【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)
※ 【実写では叶わない映像体験】人々を魅了するアニメーション作品5選
※ 『グランド・ブダペスト・ホテル』と珈琲なのに“ワイン”ブレンド?【映画と楽しむ1杯の珈琲 】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • banchou
    3.2
    ウェスアンダーソン独特の空気感。 黒澤明オマージュがてんこ盛りですね。 外国人から見た日本ってやっぱりそうなるのかなというくらいステレオタイプな切り口ですね。 グランド…を観たとき同様に私にはいまいち響かなかった。
  • しろたん
    3.8
    日本語に字幕つけて
  • ペコ
    4.0
    どうゆう風に撮影したのかしら!と、YouTubeで撮影風景見てみたら、あまりの細かさに、えづいてしまいました。 改めて見てみると、奥行きのない画面が多いんだけど、それが不自然に感じないのは、キャラクターたちの動きが繊細で表情も豊かだからかな。 ただ、そんなに瞳ウルウルさせなくても、良かったのになぁ…と。 そんなこと言いつつ、私もエグエグしてしまいましたが。 良き映画でした。
  • たそ
    3.5
    記録
  • ふぁい
    -
    犬の表情が繊細で見事。 静かな話し方と音楽はけっこう好みだった。 物語的に日本の描き方も良くも悪くもステレオタイプな感じがしちゃった。 だけど相撲とかお寿司とか文化以外のところでやっぱりこう思われてるんだ〜と恥ずかしく思った。今も変わってない所がすごくあると思うのでこういう描かれ方をするんだと思う。 あのシーンで俳句を詠むというのがすごく印象的だった。芸術を信じてるなぁと思った。 引き込まれる世界観も犬を使うのもかなり直球でよかった。 気遣いが感じられる部分が割と多かったのかなぁなんか、みんな見てみたらいいなぁと思ったりする。 星の王子さまを思い出して、子どもの頃に色々な映画を見せてもらって良かったなぁと思い出した。自分に子どもがいたらぜひ見せたい。 なんとなくこの映画を解剖して勉強してみたい気分。
「犬ヶ島」
のレビュー(21939件)