ウェス・アンダーソン、『犬ヶ島』でベルリン映画祭2作品連続受賞!

2018.02.26
映画

FILMAGA編集部

フィルマーくま

全編日本を舞台にしたストップモーションアニメとして、公開前から大きな注目を浴びているウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』が、第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞した。

犬ヶ島

ベルリン

【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)

これは、前作『グランド・ブタペスト・ホテル』(14)の銀熊賞(審査員グランプリ)とあわせて2作連続受賞の快挙となる。

犬ヶ島』は“犬インフルエンザ“の大流行によって「犬ヶ島」に隔離されてしまった愛犬をさがす少年と犬たちの壮大な旅と冒険の物語。第68回ベルリン国際映画祭ではオープニング作品として上映された。

超豪華なボイスキャストも話題で、ハリウッドからはビル・マーレイをはじめ、ジェフ・ゴールドブラムエドワード・ノートンティルダ・スウィントンといったウェス組の常連俳優陣に加え、スカーレット・ヨハンソングレタ・ガーウィグヨーコ・オノといった売れっ子スターや有名アーティストが集結。

また、日本からもRADWIMPSのヴォーカル・野田洋次郎村上虹郎渡辺謙夏木マリといった多彩なキャスト陣が名を連ねている。

現地時間24日に行われた授賞式では、アンダーソン監督に代わりビル・マーレイが登壇。熊がかたどられた銀色のトロフィーを手に「俳優として犬を演じ、熊を連れて帰ることになるとは思ってもみませんでした」と、ジョークを飛ばした。

第68回ベルリン国際映画祭そのほかの受賞作品は以下

金熊賞:『タッチ・ミー・ノット(原題)

銀熊賞(審査員グランプリ):『Mug(英題)

銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞):『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(監督賞):ウェス・アンダーソン『犬ヶ島

銀熊賞(最優秀女優賞):Ana Brun『The Heiresses(英題)』

銀熊賞(最優秀男優賞):Anthony Bajon『The Prayer(英題)』

銀熊賞(脚本賞):Manuel Alcala、アロンソ・ルイスパラシオス『Museum(英題)』

【あわせて読みたい】
※ 【イラストで解説】3分でわかる!ベルリン国際映画祭(オススメ受賞作も紹介!)
※ 【実写では叶わない映像体験】人々を魅了するアニメーション作品5選
※ 『グランド・ブダペスト・ホテル』と珈琲なのに“ワイン”ブレンド?【映画と楽しむ1杯の珈琲 】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ムーニーズ
    3.8
    なんだか、不思議な映画だったな。 前情報入れずの初見。 監督の頭の中を覗いたような…そんな気分の仕上がりでした。 色々凄すぎて、ストーリーがあまり入ってこなかった…という事態(^_^;) エンターテイメントでした。
  • けん
    4.0
    キャスト豪華すぎる 作り込みがすごいし笑える パペット風のCGだと思ってたらストップモーションだとは 大変な労力だ カンパーイからの一丁締めからのありがとうございましたーの淀みなさは面白すぎる
  • tamaki
    3.8
    日本に関する細い描写が嬉しい。犬達も可愛かった。ストーリーは年齢に関係なくおすすめできる。飛行機で雑音が多かったのでもう一度じっくり観たい。
  • ちひろ
    4.6
    犬好きにはたまんない。超かわいーーー❤️ って映画の感想としてどうかと思うが。 アタリ少年と犬達の交流シーンはもれなく落涙しておりました。もう色々ツボに入ってしまった。 終盤の決着の仕方に無理ありすぎ、とか、小型犬がほとんど出てこないとか、言いたいところはありますが。 犬映画として最高でした!!! 外国人の考える日本像も面白かった。
  • ちなもん
    3.5
    丁寧な作り込みながら、ストップモーションアニメならではの味が存分に発揮してある、このバランス感覚だけで既に大好き。 正直、ストーリー運びはもうちょっと工夫があっても良かった気もしますが、種族や言語を飛び越えた絆の描写にはグッとくるものがあるし、この監督独特のテンポ感がハマるなら、最後まで楽しく観れると思います。 吹き替えと字幕両方観たけど、この映画のトリック上、字幕で観た方がいいかもしれません
「犬ヶ島」
のレビュー(15269件)