映画『空飛ぶタイヤ』あらすじ・キャスト情報・予告編【長瀬智也主演×池井戸潤原作】

2018.02.27
映画

FILMAGA編集部

フィルマーくま

「半沢直樹」シリーズ、「下町ロケット」とならぶ池井戸潤の代表作「空飛ぶタイヤ」が、満を持して劇場公開される。意外にもこれが、池井戸にとって初の映画化作品。巨大企業に闘いを挑む主人公・赤松徳郎には長瀬智也

空飛ぶタイヤ

映画『空飛ぶタイヤ』あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 

それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか――。 

映画『空飛ぶタイヤ』キャスト

トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎を演じるのは、TOKIOのメンバーとして歌手活動を行う一方で、「池袋ウエストゲートパーク」(00)や「フラジャイル」(16)、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(15)などドラマや映画で主演を張る実力派俳優としての顔も持つ長瀬智也

赤松と対立する大手自動車会社・ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田に、英語はもちろん中国語やインドネシア語など5言語をあやつるマルチリンガルであり、ラッパー、ミュージシャンとしても精力的に活動しているディーン・フジオカ

空飛ぶタイヤ_ディーン・フジオカ

ホープ自動車のグループ会社であるホープ銀行の調査役で、ホープ銀行の経営計画に疑問をいだき、調査に乗り出していく井崎一亮には、このところ映画やドラマへの出演が続いている高橋一生

空飛ぶタイヤ_高橋一生

共演キャストがとにかく豪華

空飛ぶタイヤ_キャスト

深田恭子/赤松徳郎の妻・赤松史絵

岸部一徳/ホープ自動車常務取締役・狩野威

笹野高史/赤松運送の専務・宮代直吉

寺脇康文/港北中央署刑事・高幡真治

小池栄子/週刊潮流記者・榎本優子

阿部顕嵐(Love-tune、ジャニーズJr.)/赤松運送整備士・門田駿一

ムロツヨシ/ホープ自動車車両製造部・小牧重道

中村蒼/ホープ自動車品質保証部・杉本元

柄本明/野村陸運社長・野村征治

佐々木蔵之介/富山ロジスティック元整備課長・相沢寛久

和田聰宏/ホープ自動車品質保証部課長・室井秀夫

木下ほうか/ホープ自動車品質保証部部長・柏原博章

浅利陽介/被害者の夫・柚木雅史

六角精児/赤松運送整備課長・谷山耕次

大倉孝二/赤松運送営業担当・高嶋靖志

津田寛治/ホープ銀行本店営業部部長・濱中譲二

升毅/ホープ銀行本店専務取締役・巻田三郎

谷村美月/被害者・柚木妙子

近藤公園/ホープ自動車販売部カスタマー戦略課・長岡隆光

村杉蝉之介/ホープ自動車販売部部長代理・野坂康樹

渡辺大/ホープ銀行自由が丘支店課長代理・小茂田鎮

矢野聖人/ホープ自動車販売部カスタマー戦略課・北村信彦

田口浩正/相模精密加工課長・平本克幸

斎藤歩/ホープ自動車人事部・浜崎紀之

岡山天音/ホープ自動車研究所所員・加藤宏芳

矢島健一/ホープ自動車商品開発部部長代理・真鍋敏彰

津嘉山正種/ホープ銀行頭取

毎熊克哉/赤松運送運転手・安友研介

加藤満/高森運送・高森将仁

筒井巧/はるな銀行蒲田支店・進藤治男

中林大樹/ホープ自動車商品開発部・岡田俊樹

井上肇/ホープ自動車財務部・三浦成夫

小久保丈二/ホープ銀行本店営業部次長・紀本孝道

高川裕也/港北中央署刑事・多鹿路雄

木下隆行(TKO)/ホープ自動車販売ディーラー・益田順吉

木本武宏(TKO)/嶋本運送・嶋本義裕

池上紗理依/門田の恋人

映画『空飛ぶタイヤ』監督

監督は、大人気ロングランシリーズ「釣りバカ日誌」を11作目から13作目まで手がけ、『鴨川ホルモー』(09)や『超高速!参勤交代』(14)といった話題作をぞくぞく生み出してきた本木克英が務める。

映画『空飛ぶタイヤ』原作

1998年、「果つる底なき」で江戸川乱歩賞を受賞し作家デビューを果たし、その後「下町ロケット」や半沢直樹シリーズ、「ルーズヴェルト・ゲーム」、「民王」など“働く人々”にフォーカスしたエンタメ作品を数々手がけてきた池井戸潤が、三菱自動車リコール隠し事件をモデルとした経済小説「空飛ぶタイヤ」が原作。

第28回吉川英治文学新人賞受賞、第136回直木三十五賞候補作となった本作は、2009年にWOWOW「ドラマW」にて、仲村トオル主演でテレビドラマ化された。

映画『空飛ぶタイヤ』特報

映画『空飛ぶタイヤ』作品情報

2018年6月15日(金)公開
配給:松竹
公式サイト:soratobu-movie.jp/
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 孤独死
    3.5
    どんな内容か全く予習せず観たけど、これ実際にあった事件なんだね…… なかなか渋い作品でした
  • saki
    3.8
    記録
  • 新潟の映画野郎らりほう
    2.2
    【低懐疑】 矢鱈とスクリーンの左右に人物を配置し、それを真横から捉えたい様である。 背の低い浅利陽介の詰問に、高身長の長瀬智也が頭を下げる - 決まりの悪さが滲む葬祭時の横並びは別として、それ以外は総じて効果・画的求心力共に低い。 役者の顔面偏重と講話主義。各人物登場時は肩書き/役名が添付される御丁寧さ。笹野高史はじめとする「過説明要員」は逐一状況説明を差し挿む等、観賞者に対する理解支援は 顧客フォローを蔑ろにする劇中企業とは異なり 手取り足取り完全介護型である。 その弊害に依り 各事象、副次要素等は(本来もっと様々なものを発露したであろう)懐疑的事項の極めて低いものとなっている。 準拠従属に異を唱える主題を謳っておきながら、 作品自らが話法 及び 作品構成次元でそれを裏切っている。 《劇場観賞》
  • にわか
    3.8
    自分の信念に従って進む男たちの思いのすれ違いが熱かったです、長瀬くんかっけえ
  • Muccho
    3.6
    予備知識なしで鑑賞。 面白かったです。 池井戸さんの作品はドラマ「半沢直樹」しか観たことがなく、小説も読んでいません。 半沢直樹と似てるな〜と思ったのは、悪者が明確に存在して、終盤まで主人公たちが追い詰められストレスを非常に感じる、そして終盤以降の悪者成敗的な流れで一気に爽快感があったところ。 そのような流れが序盤から感じられたため、安心感?をもち鑑賞していました。 あとは実際の事件をモデルにしているためリアルな場面が多くあった印象です。 実際には映画ほど上手くはいかないかもしれないが、不正を許さない心は社会人として必要だと改めて思いました。
「空飛ぶタイヤ」
のレビュー(5684件)