『ピンポン』の製作陣が贈る2003年の大ヒット作『ジョゼと虎と魚たち』チケット販売がスタート【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『ジョゼと虎と魚たち』の上映が決定。

ジョゼと虎と魚たち』上映イベント詳細

田辺聖子の短編小説を『二人が喋ってる。』の犬童一心監督が実写映画化した2003年の大ヒット作『ジョゼと虎と魚たち』をプレチケで特別上映します。

マージャン屋でバイトをするごく普通の大学生の恒夫。最近麻雀屋で近所の婆さんの話題が噂になっていた。「あの婆さんは運び屋で乳母車の中は大金?麻薬?」そんなある日、恒夫は坂道を走ってくる乳母車と遭遇。中をのぞいてみるとそこには包丁を振り回す少女が。それが恒夫とジョゼの出会いだった。恒夫はそんな不思議なジョゼに惹かれてゆく・・・。

主演は『さよならクロ』『ドラゴンヘッド』『きょうのできごと』などの妻夫木聡。ヒロイン役として脚の不自由な少女を演じ、ヌードも惜しげなく披露、体当たりの演技を見せつけるのは『金髪の草原』『きょうのできごと』の池脇千鶴。共演は『チルソクの夏』『スウィング・ガールズ』の上野樹里など。

■上映作品:『ジョゼと虎と魚たち
■日時:2022年8月25日(木)20:00  開映
■価格:1,600円
■上映時間:116分
■会場:池袋HUMAXシネマズ(東京都豊島区東池袋1丁目22−10

※システム利用料160円がかかります

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)2003「ジョゼと虎と魚たち」フィルムパートナーズ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • chachamaru
    3.8
    2ヶ月ぐらい前に観た記憶。 ずっと観たかった作品🙏 ジョゼの池脇千鶴さんの演技に惹き込まれてこんな作品だったのかと! 言葉遣いが魅力的。 妻夫木くんも若くて自然体でいい。 もし現実だとしてもこうなってしまうだろうなあという無理がない展開も、切なくて理解できた。
  • ラダ
    4
    邦画好きが口をそろえて名作という本作。録画しつつ、気が乗らずスルーしてた一本をやっと観た。 あらすじを言ってしまえば男女の出会いと別れ。シンプルなラブロマンス(ラブロマンス苦手なんだよなー)。そこに「障がい」というスパイスが振りかけられた事によって、観る側に様々な感情の起伏をもたらす。 キレイゴトだけじゃ生きていけない。ただ、自分がキレイな世界の住人になれなかったという事実。しのごの言っても変わらない環境。弱さと強さが入り混じるラストは秀逸です。
  • ぽむしな
    5
    一番好きな作品 ジョゼは恒夫と出会って幸せだったのか考える。 出会わずに一生ひとりで押入れの中で本を読んで暮らす方がよかったのか、出会って幸せな記憶を持ったまま恒夫と別れひとりで生きていく方がよかったのか。 きっと後者であろうな
  • PORTA
    3.6
    上野樹里めっちゃ可愛い。 幻想がない生々しさ。生々しいけど綺麗。 怒涛の急展開だったりは無いけど記憶に長く残る映画だと思う。
  • シェームスティーソ
    4
    切なーっ!アニメの方を先に見てしまったから切なさマシマシでした。感動もアニメ版よりあったように感じたし池脇千鶴の魅力が溢れていて観て良かったと感じた。
ジョゼと虎と魚たち
のレビュー(52483件)