妖しく美しい青春ムービー『永遠に僕のもの』チケット販売がスタート【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『永遠に僕のもの』の上映が決定。

永遠に僕のもの』上映イベント詳細

アルゼンチン映画No.1を記録した、妖しく美しい青春ムービー『永遠に僕のもの』をプレチケで特別上映します。

アルゼンチン犯罪史で最も有名な連続殺人犯の少年、カルリートスの、美しくも儚い青春を描きだした本作。主人公カルリートスのモデルとなったのは、17歳から相棒と手を組み、自分が望むすべてのものを手に入れようと窃盗や嘘を重ね、さらにはわずか数年で12名以上の殺人を犯し、当時の社会に衝撃を与えた実在の人物、カルロス・エデゥアルド・ロブレド・プッチ。その美しいビジュアルから時に、「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称され、犯罪とは程遠いように思える美貌でも大きな話題を集めた。

カルリートス役を演じたのは、本作が“銀幕デビュー”となるアルゼンチンの新星、ロレンソ・フェロ。キュートなルックスとは裏腹に、時に妖しくも脆く危うい存在感を放ち、スクリーンに強烈な印象を残している。なぜ、カルリートスは、その若さと美貌を罪に捧げたのか―?ボブ・ディランやアニマルズも愛した名曲「朝日のあたる家」の不穏で切ないメロディに乗せて、観る者の心を興奮と陶酔でざわめかせるクライム青春ムービー。

1971年、ブエノスアイレス。幼いころから他人の持っている物を無性に欲しがったカルリートス(ロレンソ・フェロ)は思春期に入って、窃盗が天職だと気づく。カルリートスは新しく入った学校でラモン(チノ・タリン)という青年に出会い、一瞬にして魅了される。そしてラモンの気を惹こうとこれ見よがしな態度をとる。やがて2人はいとも簡単に殺人をするまでに発展し、連続殺人へとエスカレートしていく…。

■上映作品:『永遠に僕のもの
■日時:2022年8月26日(金)20:00  開映
■価格:1,600円
■上映時間:118分
■会場:池袋HUMAXシネマズ(東京都豊島区東池袋1丁目22−10

※システム利用料160円がかかります

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • にこちゃん
    -
    記録
  • 映画のお供はアイス派
    1.5
    シンプルに映画として面白くない。 兎に角主人公の少年が子供。心が小学生くらいで止まってしまってる様に感じた。 もう本当にただそれだけって感じ。
  • hnk
    3.8
  • Yr
    3.8
    率直な感想は、 カルロス本人同様本当にロレンソの見た目が天使だった...! 音楽も素敵だし映画としての雰囲気が好き。 実話が元になってる連続殺人犯の映画って だけで観るとしたら、美化されてるなぁとか思う人もいるかもしれないけど、私的にはこういうみせかたもアリだなって思った。 普通の男な部分も見せつつ日常的に犯罪を行ってる感じが、よりサイコパスな感じが引き立つというか...。常識視点からみたら勿論理解はし難いし共感はしないけど、彼の中の青春て感じがした。
  • mthk
    3.5
    主役の彼がただただ美しい。
永遠に僕のもの
のレビュー(33709件)