フランス発の衝撃作『レ・ミゼラブル』チケット販売がスタート【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『レ・ミゼラブル』の上映を企画。

レ・ミゼラブル』上映イベント詳細

第72回カンヌ国際映画祭でセンセーションを巻き起こすと、「コンペ最大のショック!」「クロワゼットを震撼させた未確認物体!」と称賛を受け、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』と並んでパルムドールを競い、審査員賞を受賞!第92回アカデミー賞®国際長編映画賞ではフランス代表にも選出されるなど各国の映画祭で数々の賞を獲得した『レ・ミゼラブル』を再びスクリーンで上映します。

パリ郊外に位置するモンフェルメイユ。ヴィクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」の舞台でもあるこの街は、いまや移民や低所得者が多く住む危険な犯罪地域と化していた。犯罪防止班に新しく加わることになった警官のステファンは、仲間と共にパトロールをするうちに、複数のグループ同士が緊張関係にあることを察知する。そんなある日、イッサという名の少年が引き起こした些細な出来事が大きな騒動へと発展。事件解決へと奮闘するステファンたちだが、事態は取り返しのつかない方向へと進み始めることに……。

■上映作品:『レ・ミゼラブル
■日時:2022年8月29日(月)20:30  開映
■価格:1,600円
■上映時間:104分
■会場:池袋HUMAXシネマズ(東京都豊島区東池袋1丁目22−10

※システム利用料160円がかかります

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)RAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTIONS

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • もも
    3.3
    フィクションの未成年に腹を立てても仕方がないと思ってはいるのだが、本作のイッサだけは殴りたくてしょうがない 欲望にまかせて動物を盗み、あわや抗争を引き起こすところだったのに、警察に拘束されると当然の権利とばかりに全力で逃げようとする 反省もないし優しさも責任感もない、あるのは目先の欲求だけ 貧しい子供とはそういうものだといえばそれまでだが、こんな奴に終盤で「移民の怒り」を代表されても全く響かない あとフランス映画全般に言えることだが、登場人物が全員「結論」をぶつけ合うだけで根拠や理由を説明しないし、妥協点を探ろうともしない 「俺は〇〇したい!」 「俺はしたくない!」 「俺はしたい!」 「したくない!(相手を小突く)」 「何をする!(小突き返す)」 こんなんを延々やってるだけで、コミュニケーションが成立していない こんな猿の罵り合いみたいな会話を警官同士でやってるんだから治安が悪化するのもやむなしと言える
  • たまごかけごはん
    3.8
    2022/47 こわかった、見てられなかった 最後私は投げたんじゃないかなあって思う ほんとあんな世界があるのかと思うとこわくて嫌だなしか思わない
  • yekaterina
    4.6
    ヒュー・ジャックマン&アン・ハサウェイのと間違えて録画してたんだけど、ものすごい映画だった。 ラジ・リ監督は、西アフリカのマリ共和国からレ・ミゼラブルの舞台であるフランスはモンフェルメイユに移り住んだそう。 自身の体験を織り交ぜながら、レ・ミゼラブルの時代と根本的に大差ない貧しさや劣悪な治安、理不尽な世界を描いている。 フランスにこんな社会問題があるなんて、意外だった。 確かに25年ほど前、パリに旅行した時、怖いことがたくさんあって、治安の悪さを体感したことを思い出した。 それにしても、この映画の世界はスラム街すぎる… かなり現実に近いらしいから、ほんとに驚く。 こんなことが、本当に起きても不思議ではないのだろう。 映画の先は観る者の心の中で続く。 私は、救いのある結末であることを願うしか出来ない。
  • ちゃんたろう
    4
    濃すぎる。権威ある大人がどう在るべきが、考えさせられた。
  • 鈴木将平
    4.5
    隠れた名作。最高。
レ・ミゼラブル
のレビュー(6495件)