テロ事件の真実を描いた衝撃作『ホテル・ムンバイ』チケット販売がスタート【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『ホテル・ムンバイ』の上映を企画。

ホテル・ムンバイ』上映イベント詳細

インドの五つ星ホテルで実際に起きたテロの真実を描く衝撃作『ホテル・ムンバイ』を特別上映します。

2008年にインド・ムンバイで起こった同時多発テロ事件。安全だと思われた最高級ホテル、タージマハル・パレス・ホテルも襲撃され、テロリストに占拠されてしまう。地獄と化したホテルでスタッフと宿泊客は協力し、決死の覚悟で脱出を試みるが―。

監督は本編が初長編監督作となるオーストラリア出身のアンソニー・マラス。自身で製作も務め、事件を約1年がかかりで調査、実際にインタビューし脚本も共同執筆した。本作は観客をテロ攻撃の現場に引き入れ、さまざまなバックグラウンドを持つ普通の人々がこの悪夢のシナリオに立ち向かい、極限状況において最も必要とされる勇気と不屈の精神をもって団結していく姿を、目の当たりにさせる。

■上映作品:『ホテル・ムンバイ
■日時:2022年8月30日(火)20:00  開映
■価格:1,600円
■上映時間:123分
■会場:池袋HUMAXシネマズ(東京都豊島区東池袋1丁目22−10

※システム利用料160円がかかります

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • harumatsu
    4.2
    たまたま夜中にテレビでやってたのを録画してみました。 五つ星のホテルがテロリストに占拠される。無情な展開、実際に自分が体験しているような実話ならではのリアルさにハラハラした。 ホテルマンが、お客さんをどこに逃すか、どこに匿うか、つねに判断を迫られながらも、丁寧に対応していて、ここまでお客さんを守らなくてはならないのかと思わされたし、頼もしかった。 赤ちゃんの母親が殺させれそうになる直前に祈りを唱えたら宗教を理由に殺されなかったシーンは、宗教が根付いて、日本との違いを強く感じさせられた。 テロを企てた多くの若者の命は首謀者に利用されてるようにも感じ、本当の首謀者に怒りが湧いた。 犯人像が作り込まれていないのもリアルだと感じた。 多くの人を守り切ったホテルマンが、ホテルの外でささやかに称え合い、自転車で自宅に戻るシーンはなんとも言えない。 なによりも家族に会いたくて、いつも通り帰ることで日常を取り戻すような。
  • まるこ太郎
    3.9
    胸が苦しくて一時停止しながら見た、、 もし日本で起きたらどうなるんだろう 仕事とか色々辛かったけど、自分や周りの大事な人達が生きてるだけで幸せだなって思えた 料理長かっこよかった〜
  • achan
    3.5
    実話なんですね。 少しだけハラハラする映画でしたが、一番に思ったのは宗教怖〜でした。 治安の悪ささすがですね、日本に生まれて良かったです。
  • しずく
    4
    終始ハラハラして息が詰まりそうになる臨場感がある作品でした。 被害者の方々や家族のことを想うとほんとに無念で仕方ありませんが、このように映画として映像に残し、受け継いでいくことが大切だと思います。 主役の方や、登場人物一人一人に物語があり、人生がありそれが一瞬にして散っていく様子は見ていてほんとうに悲しかったです。 作品のクオリティは高く2時間飽きずに観ることができました。 二度とこのような残酷なことが起こりませんよう願っています。
  • ぬーの
    4.1
    記録用
ホテル・ムンバイ
のレビュー(41949件)