<東京・大阪>オドレイ・トトゥ主演『アメリ』チケット販売中【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『アメリ』の上映が決定。

アメリ』上映イベント詳細

映画アクティビスト・DIZさん企画のプレチケ特別上映会!

公開時、フランスで「アメリ現象」と呼ばれる大ヒットを記録し今もなお世界の映画ファンに愛されてやまない『アメリ』を東京・大阪の2会場で特別上映します。

空想の中でひとり遊びをしていた少女アメリは、そのまま大人になってモンマルトルのカフェ、“ドゥ・ムーラン”で働いている。ある日、アメリの人生で決定的な事件が起こる。バスルームの壁の中から見つかったのは、40年前その部屋の住人だった少年の宝箱だった。アメリは奇跡が起こったかのような悪戯を仕掛けて、持ち主へと返したのだった。そしてその男の人生を優しく希望に満ちたものへと変えてしまう。それはアメリにとっても人生の目的を発見したかのような事件となった。彼女は、まわりの誰かを今より少しだけ幸せにする喜びを見つけたのだ。それ以来、順調に“幸せの悪戯”を続けてゆく。自分のことはさておき、カフェの同僚や父親への悪戯に夢中になるアメリ。しかし、スピード写真コレクターの不思議な青年ニノとの出会いでアメリの作戦はかき乱れてしまう・・・。

本作で世界的な人気を得るオドレイ・トトゥが主人公アメリをユーモラスに演じる。監督は『デリカテッセン』のジャン=ピエール・ジュネ。

東京上映詳細

■上映作品:『アメリ
■日時:2022年8月15日(月)19:00  開映
■価格:1,600円
■上映時間:120分
■会場:渋谷 TOEI(東京都渋谷区渋谷1丁目24−12

※システム利用料160円がかかります

大阪上映詳細

■上映作品:『アメリ
■日時:2022年8月24日(水)18:30  開映
■価格:1,600円
■上映時間:120分
■会場:なんばパークスシネマ(大阪府大阪市浪速区難波中2丁目10−70

※システム利用料160円がかかります

DIZ

映画アクティビスト。一人でも多くの人に映画の素晴らしさを伝えるため、イベントプロデュース、映画PRのための企画やコピーライティング、評論を寄稿したりと、枠にとらわれずに日々活動中。

Twitter(@DIZfilms)/ Instagram(@diz2049

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)2001 UGC IMAGES-TAPIOCA FILM-FRANCE 3 CINEMA-MMC INDEPENDENT-Tous droits reserves

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ayano
    3.5
    なんかよくわかんなかったけどアメリ可愛かった
  • さしみ
    3
    アメリ、奇行ばかり。画面緑っぽい。独特な世界観でわかりにくい(けどブリュレのシーンとか好き)
  • chansan
    3.8
    世界観が面白いし不思議 アメリのキャラクターがもつ空気感も素敵だし、作品の音楽も世界観があって見入ってしまう 真夜中に観たい映画🎞
  • 雑炊
    -
    私も妄想大好き人間だから共感部分あるかもね
  • SHUNGIKU
    3.8
    これぞアートって感じのオシャレな映画。 一つ一つの演出が凝っていて見ていて飽きない。 説明がつかない演出や無駄な演出を「アート」と捉えて良しとする人に、この映画を見て欲しい。 いや、自分もアートって何?って言われても分からない。 でもこの映画には無駄だと思う演出がひとつもなかった気がする。 かなり狂った演出が多いけど、何一つ無駄だとは思わなかった。 そもそも僕はアートっていう説明のつかない概念があまり好きじゃないんだけど、「アートって例えばどんなの?」って問われたら、とりあえず「アメリみたいな映画」って言うようにしてます。
アメリ
のレビュー(141766件)