映画『空母いぶき』あらすじ・キャスト・原作情報【かわぐちかいじ原作の大人気コミック実写化】

Filmarks公式

フィルマーくま

「ジパング」や「沈黙の艦隊」で知られるかわぐちかいじの大人気コミック「空母いぶき」が、主演に西島秀俊、共演に佐々木蔵之介をむかえて映画化されることが決定した。

空母いぶき

映画『空母いぶき』あらすじ

世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の漁船二十隻による突然の発砲。日本の領土である波留間群島の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は戦後初の航空機搭載護衛艦「いぶき」を中心とする護衛群艦隊を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない一日を迎えることになる―。“戦闘”なのか、それとも“戦争”なのか。国家間に極限の危機が生じた時、最前線の自衛官たち、総理大臣を中心とする政府、そしてジャーナリストや一般市民は何を選択し、何を判断するのか―。

映画『空母いぶき』キャスト

空母いぶき

主人公である空母いぶきの艦長・秋津竜太には、『劇場版 MOZU』(15)や『クリーピー 偽りの隣人』(16)の西島秀俊、空母いぶきの副長・新波歳也に『超高速!参勤交代』(14)、『嘘八百』(18)の佐々木蔵之介がキャスティング。
秋津は航空自衛隊出身、新波は海上自衛隊出身ということもあり、同期にしてライバル。対立をしながらも、共に未曾有の危機へと立ち向かう、日本の運命を担った二人のドラマは、本作の大きなみどころとなっている。

いまの日本映画界を牽引する二人の俳優は、これが映画初共演。早くもその演技戦が楽しみだ。

西島秀俊コメント

多くの熱狂的なファンが次の展開を心待ちにする、かわぐちかいじ先生の傑作「空母いぶき」の映画化のお話を頂き、興奮で震える思いです。
若松節朗監督をはじめとした撮影スタッフ、本作品に協力して下さっている全ての皆さんと共に、現在、全力で準備が進んでいます。
鋭い洞察で今を見つめ、圧倒的なリアリティーで描かれる近未来、その作品世界に生きる登場人物達に負けないよう、命がけで取り組みたいと思います。

佐々木蔵之介コメント

かわぐちかいじ先生の「空母いぶき」の映画化に参加させて頂くことを心より光栄に思います。
“必ず平和を守る”という信念を持ち、凡ゆる戦況と対峙し悩み葛藤する登場人物たち。この作品に若松節朗監督と西島秀俊さんをはじめ多くの出演者、スタッフと挑めることを嬉しく思います。
原作ファンの方はもちろん、たくさんの方に愛される作品をお届け出来るよう、強い覚悟を持って航海に臨みます。映画「空母いぶき」、楽しみにお待ちください。

映画『空母いぶき』監督・スタッフ

監督は『ホワイトアウト』(00)、『沈まぬ太陽』(09)、『柘榴坂の仇討』(14)の若松節朗。脚本は「機動警察パトレイバー」シリーズの伊藤和典と、『亡国のイージス』(05)、『聯合艦隊司令長官 山本五十六』(11)の長谷川康夫
さらに原作のかわぐちかいじが監修、「亡国のイージス」や「終戦のローレライ」で知られる小説家、福井晴敏が企画として参加する。

若松節朗コメント

「未来の命に平和な世界を残しましょう」それがプロデューサーからのオファーの言葉でした。
原作である「空母いぶき」には、現実の世界の方が後追いしているような先見性があります。そこで投げかけられた問いがまさしく現実となった時、私たちはどんな選択をするのか。
この映画が平和や命の重みを考えるきっかけとなるよう、頑張りたいと思います。そして何よりも、胸躍るエンターテイメントとして、未知の物語に立ち向かう俳優たちの姿に一喜一憂して頂けるよう、スタッフ一同、撮影を前に気持ちを高めています。

映画『空母いぶき』原作

「ジパング」や「沈黙の艦隊」で知られるかわぐちかいじの大人気コミック「空母いぶき」。2014年から小学館「ビッグコミック」誌にて連載中。
国家間に巻き起こる危機を圧倒的なスリリングさとリアリティーで描写し、多くのファンからの熱い支持を獲得。第63回小学館漫画賞一般向け部門を受賞、単行本は現在8巻まで刊行され、発売される度に重版となり累計300万部を超えるベストセラーとなっている。

劇場版『空母いぶき』は、描かれる局面とテーマを“24時間の物語”として構築。映画の醍醐味とも言える、先の読めない手に汗握るドラマ、そしてスクリーンサイズで体験すべき迫力のアクションをタイム・サスペンスとして描くことで、もう一つの「空母いぶき」を誕生させる。

映画『空母いぶき』作品情報

2019年全国ロードショー
配給:キノフィルムズ
公式サイト:TBA
(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ハヤシダイスケ
    2.6
    なんとなく覚悟はして観たので、脚本の説教臭さは置いといて、致命的にこの監督さんの演出がダサい。観ていて恥ずかしくなるような、中学生の頃だったら喜ぶかも…な場面が多過ぎるのと、若い役者さんの必死なザ・芝居と、力入り過ぎベテランのザ・芝居がリアリティを削ぎ、冷めてしまう。「邦画の割にCG部はなんとか観るに耐えるものだった」なんて事を評価の一部にしなきゃならないなんて寂しいじゃない。。でも本当、同じ感じを繰り返す海戦をなんとか頑張って観せてくれたのと、その辺だけでした。
  • MNRLAY
    4.5
    状況は異なるけど日本の危機における対応を官僚中心に描いた『シン・ゴジラ』に対して、こちらは前線にいる自衛隊中心に描かれてて、前線だからこその緊迫感に満ちていた。こんな状況、いつ来てもおかしくないと思える。 今作、いぶきの艦長は攻撃することで守れるものがある、という専守防衛とも政府の思惑とも異なるスタンスで判断していくわけだけど、それが吉と出るか凶と出るかは状況とか相手の出方次第だろうし、現場にいる人の冷静な判断というのは本当に大切だと感じた。外野が断片的な情報だけで好き勝手言うのとは責任や覚悟の重さが違うね。
  • けいた
    4.0
    世論的には意外にも評価低めなのかな? フィクションではあるけど、今の日本の立ち位置とか考えると 今だからしか伝わらない、今だからこそ発信できる映画のようにも思えました。 個人的には内容だけでなく、ハラハラ感もあり楽しめる部分もありました。 原作みていないので、その評価は抜きです。 点数での評価は難しいですな。
  • おーつぼじゅうじん
    3.1
    原作漫画と映画が違ってしまうのは理解出来るがここまでヒヨッたら何の為にこの映画を作ったのだろうかとさえ思ってしまう。中国と戦うからこそ現実感があって、本当に起こるかも…と思わせる物語なのに。見知らぬ架空の国の人と戦っても絵空事に思えて実感もない。 それ以外にもチープでプロ意識の低い人達だらけで呆れる。 最終的には映画で言いたかった事を伝わらないと思ったのか、全部ヒロインに朗読させる始末。(^_^;)しかし、あの店のバックヤードの広さは羨ましい。
「空母いぶき」
のレビュー(3542件)