【ウディ・アレン最新作日本公開&邦題決定!】映画『女と男の観覧車』あらすじ・キャスト情報

Filmarks公式

フィルマーくま

名匠ウディ・アレンが、オスカー女優ケイト・ウィンスレットを主演に迎えた最新作『女と男の観覧車』が、6月23日(土)全国公開されることが決定した。

女と男の観覧車

映画『女と男の観覧車』あらすじ

時は1950年代、主人公のジニー(ケイト・ウィンスレット)は、元女優で、今はコニーアイランドの遊園地にあるレストランで、ウェイトレスとして働いている。再婚同士で結ばれた、回転木馬の操縦係を務める夫のハンプティ(ジム・ベルーシ)、そして自身の連れ子と観覧車の見える部屋で暮らしている。実は彼女は夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と付き合っていた。平凡な毎日に失望していたジニーは、脚本家を目指すミッキーとの未来に夢を見ていた。だが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘キャロライナ(ジュノー・テンプル)が現れたことから、すべてが狂い始める──。

映画『女と男の観覧車』キャスト

安定を願いながら刺激を求め、真実の愛に憧れながら刹那の恋に溺れ、ここではない、どこかにもっと素敵な人生が待っているはずだという切ない夢にその身を投げ出す主人公ジニーを演じたのは、巨匠ジェームズ・キャメロンの世界的大ヒット作『タイタニック』(97)によってスターの座を獲得し、『愛を読むひと』(08)でアカデミー主演女優賞に輝いたケイト・ウィンスレット

ジニー/ケイト・ウィンスレット

イングランド・バークシャー州出身。ベネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞した『乙女の祈り』(94)で映画デビューを果たす。翌年公開された『いつか晴れた日に』(95)で英国アカデミー賞で助演女優賞を受賞。
『タイタニック』のローズ役で世界的に知られるようになり、同作でアカデミー主演女優賞にノミネート。その後『エターナル・サンシャイン』(04)、『リトル・チルドレン』(06)で再度、同賞にノミネートされ、『愛を読む人』で見事受賞。2012年には大英帝国勲章第三位CBEを叙勲された。

 

ハンプティ/ジム・ベルーシ
シカゴ出身のコメディ俳優。兄は『ブルース・ブラザース』(80)のジェイク・ブルースで知られる故・ジョン・ベルーシ。33歳の若さで急逝した兄ジョンの代わりに、コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演したことがきっかけでコメディ俳優としての地位を確立し、映画やテレビなどコンスタントに活躍している。

 

ミッキー/ジャスティン・ティンバーレイク
子役としてディズニー・チャンネルのテレビシリーズ「ミッキーマウス・クラブ」に出演。1990年代後半にイン・シンクのメンバーに加入し、シンガーとして人気を博した。2005年に映画初出演を果たす。『ソーシャル・ネットワーク』(10)、『ステイ・フレンズ』(11)、『TIMA/タイム』(11)など、さまざまなジャンルの作品に出演し、存在感を表している。

 

キャロライナ/ジュノー・テンプル
ロンドン出身。父は『ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー』(07)などを手掛けた映画/ミュージックビデオ監督のジュリアン・テンプル。

映画『女と男の観覧車』監督・スタッフ

監督は、これまでに20度以上もアカデミー賞にノミネートされ、『アニー・ホール』(77)や『ミッドナイト・イン・パリ』(11)で同賞を受賞している名匠ウディ・アレン
遊園地のシンボル的存在の観覧車“ワンダーホイール”を背景に、詩情豊かな映像を捉えた撮影監督は、『地獄の黙示録』(79)などで3度アカデミー賞を受賞した、映画界の至宝ヴィットリオ・ストラーロ

映画『女と男の観覧車』作品情報

2018年6月23日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:ロングライド
公式サイト:TBA
(C)2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • タケオ
    3.7
    自分の思い描いた通りの人生を送ることなんて到底不可能なわけで、人間は'諦めること'で自分の人生の落としどころを見つけなければいけない。だが、もし理想と現実の違いに踏ん切りをつけることができないまま歳を重ねてしまったら?そんな疑問に対し、本作は残酷極まりない嫌〜な答えを用意している。この映画で繰り広げる恋愛劇は、例えるならまるで題名にもあるような'観覧車'だ。一時的な高揚感こそ提供してくれるが、最終的には結局同じところへと戻ってきてしまうという虚しさに満ちている。それでも尚、観覧車の頂上こそ自分の居場所だと信じてやまない主人公の姿には「恋愛」というジャンルに留まらない普遍的な痛々しさがあり、それが鋭く鑑賞者に突き刺さってくる。本作でウディ•アレンは、'映画を鑑賞する'という行為すらも鋭く批評してみせたのだ。
  • KengoTerazono
    -
    男と女がメロドラマになっちゃったら、ろくなことがない。情念に囚われたら、古代ギリシアやローマの人間も、1950年代の人間も、今の人間も、そして未来の人間も、悲劇の道まっしぐら。 運命は観覧車のようだ。乗ったら最後、底に着くまで降りれない。 ♫It’s a tragedy~ 時効警察風に言うと 浮気と麻薬と火遊びだけは遊びだったじゃ済まされない、絶対タブーの禁止事項と言っても過言ではないのだ! といったところか。
  • KSat
    3.5
    コッポラやベルトルッチが老いぼれていく中、彼らと組んだヴィットリオ・ストラーロは未だバッチバチに健在! 舞台みたいなセットを縦横無尽に行ったり来たりするキャメラも元気そうで何より。 目がチカチカせんばかりの色彩感覚とか、登場人物の台詞の内容に合わせて赤くなったり青くなったりする照明とか、頭おかしい。この人の照明の感性は「暗殺の森」の頃から全く変わってない。 ウディ・アレンが完全にストラーロに食われてる。つくづくウディ・アレンって撮影に関してはキャメラマン任せなのだな、と思う。 内容は、コニーアイランドが舞台とは思えないほど暗すぎ。観覧車も全然出てこないし、ウディ・アレンとは思えない暗さ。 日本でやるならさしづめ「裏・浅草花やしき物語」といったところか。
  • Mii
    3.3
    難がありすぎる(笑) なんかわかるようなわかんないような。 人間の心って。 複雑なようでシンプル。 あー、心がすれ違ってる時って。 会話もすれ違うんだなー、って。 聞いてることに対して 返ってくる言葉が的はずれだったり。 妙に感心してしまった。 ぐちゃぐちゃな家族模様だったけど。 何だかキライにはなれなかった。 誰か息子を助けてあげて! それが切なる願いだった。 感情が理性を越えると。 色々厄介だよね。。。
  • miho
    3.4
    舞台ぽい ケイトウィンスレットの独唱がすごい リアルに周りがこんなんだったら嫌だけど、でもリアルで、なんか見続けたらいいことあるかなって思ったけど別にないというかどんどん悪くなるのもリアルで みんなの軽率さとイライラぶりにイライラさせられながら観た ストーリーも登場人物も好きではないけど、すごい作品なんだろうなという感じ ウディアレン初心者としては他の作品観るのが不安になる 明暗、色彩の使い方にこだわり感じた
「女と男の観覧車」
のレビュー(3810件)