【ウディ・アレン最新作日本公開&邦題決定!】映画『女と男の観覧車』あらすじ・キャスト情報

Filmarks公式

フィルマーくま

名匠ウディ・アレンが、オスカー女優ケイト・ウィンスレットを主演に迎えた最新作『女と男の観覧車』が、6月23日(土)全国公開されることが決定した。

女と男の観覧車

映画『女と男の観覧車』あらすじ

時は1950年代、主人公のジニー(ケイト・ウィンスレット)は、元女優で、今はコニーアイランドの遊園地にあるレストランで、ウェイトレスとして働いている。再婚同士で結ばれた、回転木馬の操縦係を務める夫のハンプティ(ジム・ベルーシ)、そして自身の連れ子と観覧車の見える部屋で暮らしている。実は彼女は夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と付き合っていた。平凡な毎日に失望していたジニーは、脚本家を目指すミッキーとの未来に夢を見ていた。だが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘キャロライナ(ジュノー・テンプル)が現れたことから、すべてが狂い始める──。

映画『女と男の観覧車』キャスト

安定を願いながら刺激を求め、真実の愛に憧れながら刹那の恋に溺れ、ここではない、どこかにもっと素敵な人生が待っているはずだという切ない夢にその身を投げ出す主人公ジニーを演じたのは、巨匠ジェームズ・キャメロンの世界的大ヒット作『タイタニック』(97)によってスターの座を獲得し、『愛を読むひと』(08)でアカデミー主演女優賞に輝いたケイト・ウィンスレット

ジニー/ケイト・ウィンスレット

イングランド・バークシャー州出身。ベネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞した『乙女の祈り』(94)で映画デビューを果たす。翌年公開された『いつか晴れた日に』(95)で英国アカデミー賞で助演女優賞を受賞。
『タイタニック』のローズ役で世界的に知られるようになり、同作でアカデミー主演女優賞にノミネート。その後『エターナル・サンシャイン』(04)、『リトル・チルドレン』(06)で再度、同賞にノミネートされ、『愛を読む人』で見事受賞。2012年には大英帝国勲章第三位CBEを叙勲された。

 

ハンプティ/ジム・ベルーシ
シカゴ出身のコメディ俳優。兄は『ブルース・ブラザース』(80)のジェイク・ブルースで知られる故・ジョン・ベルーシ。33歳の若さで急逝した兄ジョンの代わりに、コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演したことがきっかけでコメディ俳優としての地位を確立し、映画やテレビなどコンスタントに活躍している。

 

ミッキー/ジャスティン・ティンバーレイク
子役としてディズニー・チャンネルのテレビシリーズ「ミッキーマウス・クラブ」に出演。1990年代後半にイン・シンクのメンバーに加入し、シンガーとして人気を博した。2005年に映画初出演を果たす。『ソーシャル・ネットワーク』(10)、『ステイ・フレンズ』(11)、『TIMA/タイム』(11)など、さまざまなジャンルの作品に出演し、存在感を表している。

 

キャロライナ/ジュノー・テンプル
ロンドン出身。父は『ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー』(07)などを手掛けた映画/ミュージックビデオ監督のジュリアン・テンプル。

映画『女と男の観覧車』監督・スタッフ

監督は、これまでに20度以上もアカデミー賞にノミネートされ、『アニー・ホール』(77)や『ミッドナイト・イン・パリ』(11)で同賞を受賞している名匠ウディ・アレン
遊園地のシンボル的存在の観覧車“ワンダーホイール”を背景に、詩情豊かな映像を捉えた撮影監督は、『地獄の黙示録』(79)などで3度アカデミー賞を受賞した、映画界の至宝ヴィットリオ・ストラーロ

映画『女と男の観覧車』作品情報

2018年6月23日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:ロングライド
公式サイト:TBA
(C)2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • papi
    3.5
    やっぱりダメかー、主人公女性にすると😭ウディ・アレンのせいじゃなく、観てる側の意識の問題かもしれないけど、ほんと主人公女性だと面白くないよねー😭二大ケイト様を起用してダメだったんだからもう諦めて女主人公ものやめてほしいな〜…
  • Hiroki
    3.2
    登場人物全員がクソ野郎なのに、コメディでもなく(終盤いやこれはもしかしたらコメディなのかもしれないとおもうくらい酷いとこはあったけど)、ミステリーでもなく、という観てるのがなかなか辛い映画。出演も特に光る演技はないかなぁ。ケイト・ウィンスレットが歳をとったなぁと感じたくらい。 ウディ・アレンお得意の第4の壁を越える登場人物が観客に語りかける演出もなぜジャスティン・ティンバーレイクだったのか?そして本当に必要だったのか?疑問。 ニューズウィークで「この作品はウディ・アレンの自己弁護だ」という記事があったけど、今回の作品を観ると彼のキャリアは本当に終焉を迎えたのかもしれない。自己弁護のためなのか、真相はわからないけど、この程度の映画を撮っているようでは、もう潔く退いた方が良いのではと思ってしまう。それでも彼の過去の名作は残り続けるのだから。 2019-23
  • YutaIto
    3.6
    最後まで見てタイトル見てさすがウディアレン!でもふつーかな、、、
  • mikoyan358
    3.5
    御年83だがウディ・アレン節はまだまだ健在。場末の売れない元女優+うだつの上がらない粗暴な旦那+いいところを全部持って行ってしまう夫の連れ子、という閉塞感たっぷりの環境を用意し、そこからふわっと観覧車が頂点まで行くように高みをチラ見せしつつ、また元の乗り場に戻ってくる...これほどまでに描かれた境遇と物語のテーマ(観覧車)がぴったり合っている作品も珍しい。こんな荒んだ状況に絶対に置かれたくはないと思うものの、いざこれをアレン作品として外野から観戦する立場になったらコーラ片手にそこかしこで吹き出してしまうからなあ。ある意味罪な監督さんだ(笑)。
  • カワゾエカズヒロ
    -
    女の人が主演のウディ・アレン監督作品を見るとこういう気持ちになるの忘れてた…。
「女と男の観覧車」
のレビュー(3015件)