<シネクイント復活!オープニング作品>映画『セラヴィ!』あらすじ・キャスト・情報【『最強のふたり』監督最新作!】

Filmarks公式

フィルマーくま

フランス語映画として日本の歴代興収No.1を記録した大ヒット作『最強のふたり』の監督・製作スタッフが贈る待望の最新作『セラヴィ!』が、新シネクイントのオープニング作品として公開されることが決定した。

セラヴィ!

シネクイントとは?

1999年、『バッファロー’66』を皮切りに常設映画館として渋谷PARCOパート3の8階にオープン。数多くのシネフィルに愛されながらも、2016年渋谷PARCOの建替えのため一時休館。2018年7月6日(金)に約2年ぶり、2スクリーンの映画館として復活を果たす。

映画『セラヴィ!』あらすじ

セラヴィ!

舞台は、結婚式。あのルイ13世が所有していたパリ郊外・フォンテーヌブローの近くのクランス城。ウェディングプランナーとして30年間、数えきれない挙式をプロデュースしてきたマックスは、近頃、“引退”という文字が頭をよぎる日々が続いていた。そんななか、ピエールとヘレナというカップルからの依頼で、17世紀の城を舞台にした豪華絢爛な結婚式も控えていた。ウェイターやキッチンスタッフを雇い、カメラマンやオーケストラをブッキング、会場を彩る花や、スタッフの衣裳、出席者の席次など細かな演出をセッティングし、マックスはいつも通り、式を成功させるための準備を整えていた。 しかし、マックスのそんな努力もむなしく全てがことごとく大失敗! ウェイターはシワシワなシャツにおかしなヒゲ、新婦を口説きはじめるスタッフ、オーケストラはワンマンショー気取り、カメラマンはおしゃべりとつまみ食いを繰り返し、彼の立てた完璧なプランとは逆に、感動的になるはずだった式は大惨事と化す――。

映画『セラヴィ!』キャスト

セラヴィ!

ジャン=ピエール・バクリ
旧フランス領アルジェ(現アルジェリア)出身のフランス人俳優・脚本家。妻は女優で脚本家・映画監督のアニエス・ジャウィ。
俳優としてはリュック・ベッソン監督の『サブウェイ』(84)、『C階段』(85)などに出演。妻アニエスと共同脚本を手掛けた『恋するシャンソン』(97)では、フランスのアカデミー賞にあたるセザール賞最優秀助演男優賞を受賞した。

ジル・ルルーシュ
フランス・カーン出身の俳優・映画監督・脚本家。2005年製作の『ラブ・イズ・イン・ジ・エアー』でセザール賞若手有望株賞にノミネートされ注目を浴びる。その後『君のいないサマーデイズ』(10)で同賞助演男優賞にノミネートされた。

ジャン=ポール・ルーヴ
フランス・ダンケルク出身の俳優・映画監督。90年代はテレビや舞台などで活躍。2002年製作の『バティニョールおじさん』でセザール賞若手有望株賞を受賞。その後は『ロング・エンゲージメント』(04)や『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』(07)などの話題作に出演。

ヴァンサン・マケーニュ
フランス出身の俳優・映画監督・舞台演出家。2013年のカンヌ国際映画祭にて、『7月14日の娘』(13)をはじめとする出演作が3作上映された。近年では、2017年に話題となった『夜明けの祈り』にも出演している。

映画『セラヴィ!』監督・スタッフ

セラヴィ!

日本でも2012年に公開され、フランス語映画としては歴代興行収入No.1の大ヒットとなった映画『最強のふたり』を手がけたエリック・トレダノ監督、オリヴィエ・ナカシュ監督をはじめ、当時の製作スタッフが再集結したとして、本作『セラヴィ!』は本国フランスにて大きな話題となった。
公開週には堂々の首位スタートを切ると、わずか1か月で興収25億円を突破。同年にフランスで公開された『ラ・ラ・ランド』『ダンケルク』などの超話題作をおさえ、2017年フランスでの興収ベスト10入りを果たした。

映画『セラヴィ!』作品情報

2018年7月6日(金)渋谷・シネクイントほか全国ロードショー
配給:パルコ
公式サイト:cestlavie-movie.jp
(C)2017 – QUAD + TEN – TEN FILMS – GAUMONT – TF1 FILMS PRODUCTION – PANACHE PRODUCTIONS – LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Etsushi
    4.4
    個性が爆発してたw 色んな人いて面白かった
  • maman
    3.3
    程よく事前情報入れずに見てやった!と思う作品とやってもた!と思う作品がありますが、こちらはやった!の方。ジャケ借りしたのですが、映画の雰囲気そのまま。 最初は少しダルいけど、てんやわんやなウェディングパーティーのラストがいい。
  • たこさん
    3.0
    期待しすぎた感あり ポンコツのオンパレード、それが可愛らしく見える部分もあれば、いやいや仕事なんだからしっかりしなさいよ!とあきれる部分もあり。 終わりよければすべてよしパターンではあるけど、中盤までのドタバタ大失敗を越える感動ではなかったかな 結婚式の舞台、お城や庭、衣装なんかはとても綺麗だったので見て楽しむ部分についてはとても好きだった。
  • 寸pyong
    3.2
    ま、暇つぶしにはなった (日本語吹き替えで観たかった) 結婚式なんか、この先関わることなさそ 今までもあまり無かったけどさ ってことで誰にも感情移入出来なかったから楽しめなかったのかも
  • CINEPHILE
    -
    フランス映画で描かれる人物はリアルで活気があって惹き付けられる何かを持っているように感じます。今回の舞台も現実からは程遠いフィクションではなく、切り取られた日常の一部の中で、リアルに生きているような登場人物たちの交わす会話一つひとつに心を動かされるような映画でした。その人物の持っている魅力が最大限発揮されているのがフランス映画の良いところではないかと思います。原題の『Le sens de la fête』と邦題の『C'est la vie!』では全く意味が異なりますが、どちらのタイトルでも納得できる内容だったように感じました。
「セラヴィ!」
のレビュー(1383件)