【芸術の秋】これを知ればもっと映画が楽しめる!映画に隠されたクラシック音楽の世界

映画と音楽は人生の主成分

みやしゅん

クラシック音楽って何だか堅い印象があって苦手…そんな方が多いと思います。ですが、名作と呼ばれる映画にもクラシック音楽が起用されており、意外と身近なところで映画の世界観を創り上げる重要な要素になっています。

芸術の秋、大好きな映画を通して、ちょっぴり大人なクラシック音楽の世界を覗いてみませんか?いくつかの映画と共に、あなたをクラシックの世界へとご招待致します。

ようこそ!クラシックの世界へ!

クラシック音楽=堅い は間違い

まず始めに、理解しておくべきことは、多くの映画が様々なジャンルの音楽をBGM として起用しているということです。

ローンレンジャー

ジョニー・デップ主演の『ローン・レンジャー』でも、実はクラシック音楽が大々的に起用されていました。誰もが一度は聴いたことのある“あの曲”…そう、運動会でお馴染みの『ウィリアム・テル序曲』です。

意外なことに、終盤の鬼気迫るアクション・シーンで、起用されたこのクラシック音楽がちょっとした笑いを誘います。クラシック音楽が堅いという印象を、まさにぶち壊してくれる作品なのです。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

珠玉の名曲があなたを誘う

続いて紹介するのは『キック・アス』で一躍人気者となったクロエ・グレース・モレッツが、音楽大学を目指す主人公ミアを熱演した『イフ・アイ・ステイ』です。

イフ・アイ・ステイ

インタビュー時に、クロエ自身も「音楽は映画のキャストの一人」と表現しているように、この映画で登場するクラシック音楽はBGMとしての枠を超えています。音楽が物語を紡いでいるのです。

特に気になるのがミアがチェロで弾いていた曲…どこかで聴いたことがあるように感じます。

その正体は幼い時、皆さんが音楽室でよく目にしていたあのバッハが作曲した珠玉の名曲『無伴奏チェロ組曲第 1 番ト長調』です。クラシックを知っている人であれば「あ、あの曲か!」と言いたくなるような名曲ではありますが、知らない人からすると聴き覚えのある曲に過ぎません。

不思議なことに、映画を見終わってから、作品に出てきたポピュラー音楽を調べる人はいるけれど、クラシック音楽を調べる人はあまりいません。

この映画を見終わってから、是非皆さんにして欲しいこと、それはバッハの音楽に耳を傾けることです。そうすれば、きっとミアと最愛の恋人アダムが綴ったあの素敵な物語を思い出して、より味わい深い作品になるはずです。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

映画の世界観を創る音楽

次に紹介するのは、昨年の話題作『アバウト・タイム 愛おしい時間について』で、世界中が恋をしたレイチェル・マクアダムスが悪女を演じた『パッション』です。この作品、途中で劇中劇という手法が取り入れられ、起用されたクラシック音楽が作品全体に大きな影響を与えています。

パッション

起用されている『牧神の午後への前奏曲』は、どこか不安げで、おどろおどろしい音楽ではありますが、観ている者をどこか夢見心地な気分へと誘います。ここで、もう一歩踏み込んだ、大人の映画の味わい方を!

それは、起用されている音楽の作曲経緯を知ることです。『牧神の午後への前奏曲』がどのような意味合いを持つ作品か理解したとき、映画の楽しみ方がさらに広がること間違いありません。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

ここからが上級者向けの楽しみ方~新たな扉を開く鍵~

ここまで、 BGMとしてのクラシック音楽、音楽映画としてのクラシック音楽、作品のテーマとしてのクラシック音楽…様々な視点から、クラシック音楽の世界へと足を踏み入れてきました。なぜ、映画のために作曲された訳でもないクラシック音楽が、ここまで作品にフィットするのでしょうか。

それはきっと監督が音楽の世界観を理解したうえで起用しているからではないでしょうか?そう考えると、映画に起用されている音楽を理解することは、映画の世界観を深く知るための一つの手がかりになるはずです。
これまでのことを踏まえ、最後に、音楽の世界観を知っている人だけが楽しめる映画の世界への扉を開きましょう。

知っている人だけが味わえる“大人の”映画の世界

作品冒頭の美しい映像と、厳かな音楽が印象的なこの『落下の王国』では、かの有名なベートーヴェンが作曲した『交響曲第7番』の第2楽章が起用されています。実は、この『交響曲第 7番』、テレビドラマ「のだめカンタービレ」シリーズのテーマ曲として起用されていました。

しかし、起用されていたのは幸福感に満ちた第1楽章でした。そのイメージとは正反対の第2楽章は、クラシック界では次の異名で呼ばれています。

“不滅のアレグレット”

静かさの中に、何か煮えたぎる情熱のようなものが伝わってくるこの第2楽章は、美しい映像と共にインパクトを与え、観る者を一気に映画の世界へと引き込みます。しかし、この交響曲を全楽章聴いたことがあるならば、作品の解釈も変わることでしょう。

それは聴いた人だけ、知っている人だけが楽しめる世界観なのです…是非、聴いてみてください。

映画とクラシック音楽で感じる秋

時として音楽は BGMとして使用され、時として作品のテーマを象徴するものとして使用される…クラシック音楽に関わらず音楽と映画は密接な関わりを持っていて、互いを支えあっており、どれも素晴らしい作品を創りあげています。

「クラシック音楽だからなんとなく聴く気にならない…」という方も、大好きな映画を彩る美しい音楽に興味を持つことで、新しい映画の楽しみ方を発見できるかもしれません

季節は秋。これをきっかけに、あなたもちょっぴり大人な秋を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

※2021年9月28日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • NAYU
    4.5
    あらすじは忘れ美しかったとだけ覚えてる。
  • murasaki
    4.6
    2020.12.8 地上波TV放送の録画 録画したことをすっかり忘れていた。 長年気になっていた作品だが機会に恵まれず、事前に見かけていたビジュアルが独特すぎて完全に難解で前衛的な作品だと思っていた。実際はとても優しい映画で驚いた。 ストーリーは現実のパートとおはなしの空想世界を行き来しながら進んでいく。どちらの描写も趣は異なるがカラフルで美しい。そして美しいだけではなく、どことなく、何を写していても抽象的な感じがする。 おはなしパートは話の内容に応じて世界がコロコロと変わる。繋がっているような、いないような、不思議な感じだ。そして単純に画がすごい。いちいちすごい。そして迫真のシーンだったり深刻なタイミングなのに同時に滑稽であったり、あるいは極度に抽象的なのに恐ろしかったりするので、ああこれは「こどもの世界」なのかと感じて自然と没入できた。語り手は青年だが、映画は少女の視点なのだと思う。 だから青年の側からするとあまり褒められない動機で始まった交流なのだろうが、少女の視点からお話を純粋に楽しんでいる様子が反映されていていいなと思えたし、さらにそのためになんとなく全体が救われていると思う。画面は美しく洗練されているのだが、それでいて気取らない子供っぽい滑稽さもそのまま描かれていたと思う。子供の空想世界を大人が本気で映像化したという感じがよかった。 青年と少女のシーンは毎回とても好きだった。また少女がとにかくかわいい。あんなに辿々しく話したり指咥えたりと赤ちゃんみたいな幼さがあるのに、同時に意外と現実を鋭く見ているところも個人的にはリアルに感じられてよかった。入れ歯のおじいちゃんとのやりとりもかわいい。 少し風変わりだけどやさしいおとぎ話の豪華版絵本を眺めるような、そんな楽しみ方ができた映画だった。
  • りり
    4.5
    やっと見た!!!映像美でとにかくよく名前を聞く作品で場面写真は色々なところで見ていたけど、実際に映画としてちゃんと見れたのは初めて。劇中劇のシーン全てがとにかく期待通りに美しいし音楽もドラマチック。エキゾチックなロケ地と演者の魅力を高める石岡瑛子さんの大胆かつ美しい衣装デザインが融合して他にない世界観を作り上げてる。 ストーリーはお互い落下してできた怪我で入院中の幼女と青年の交流を描いたピュアで切ない内容で、こちらも印象に残った。女の子の無邪気な感じがとても自然でかわいかった〜。 こういう美しい映画を推していきたい…。 いつの間にか権利関係の問題で視聴しにくい作品になったけど、優れた作品なのでもっと気軽に見れるようになってほしい。
  • ENDO
    5
    すげー綺麗
  • rikapon
    3.5
    随分前に録画しておいたのを鑑賞 む、難しい……あんまりよくわからなかったからもう一回観ないとかも 映像はすごく綺麗。お洒落な映画だった。 映画館で観たら印象変わりそうだからいつか映画館で観たい…
落下の王国
のレビュー(10738件)